黒猫 弐

  




 朝、道雅が昨夜のことを思い出しながら庭を歩いていると、

「にゃあ」

と声がした。


 見ると、愛らしい黒猫が自分を見上げている。


 思わず微笑んだ道雅はその場にしゃがみ、猫に問いかけた。


「猫ですか?

 お師匠様ですか?」


 にゃあ、と猫は答える。


「……師匠に教えを乞いたいのですけどね。

 あまり師匠に近づくと、成子さまのお側には行けなくなるらしいのです」


 そう神がおっしゃっておられました。


 そう言い、猫に笑いかけると、

「通雅、それは猫だ……」

と後ろから声がする。


「わかっています」

と言い、道雅は立ち上がった。


「しかし、それはおかしな話だな」

と声がした。


 おかしな音声だ。


 さっきまで猫だったものに、悪霊が入ったようだ。


 いや、中で眠っていたものが起き出してきたのか。

 あの黒猫が喋っていた。


「私自身が成子に近づけると言うのに。

 私と話したくらいでお前が穢れて、成子に近づけなくなるなどあるわけないではないか。


 神の嫉妬だろう」

と恐れ多いことを悪霊は言い出す。


「自分の器たるお前が私を師と崇めるのが悔しくて妬いておるのよ」

と機嫌がいい。


「見てろ」

と言った黒猫は、にゃー、と可愛らしく鳴きながら、成子たちの居る方へ行く。


 途中、女官たちが、

「まあ、可愛い」

と悪霊に向かい、微笑みかけていた。


「行ったな……」


 真鍋が呟く。


 悪霊は、とととっと可愛らしく御簾の中に入っていったが、すぐに、にゃー、と声がした。


 外に出て来た命婦が、ぽい、と真鍋にそれを渡す。


 あ、つまみ出された……。


 真鍋が腕の中の黒猫を見下ろすと、猫は、おのれ~とまさしく怨霊のような声で言ったが、顔は可愛らしいままだった。


 いまいち表情筋が思ったように動かせていないらしい。


「あれは、私を圧死させようとした命婦だなっ」


 いや、殺そうと思ったわけではないと思いますが。


 はは……と道雅は苦笑いした。




  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!