霊たち

  



 さわさわと葉ずれのような音がすると思ったら、人の囁き声だった。


 道雅が引き上げたあと、ひとり眠っていた成子は薄目を開ける。


 部屋の隅に数人の女たちが集まって、ひそひそと話していた。


 ……増えてる。


 さっきまで一人が控えているだけだったのだが、なんだかその頭数が増えている。


「斎王様は、何故、神を受け入れられないのでしょうか」

「私の斎王様もそうでしたよ」


「私の仕えていた斎王様も……」


 ひそひそと話は続く。

 どうも斎王に仕えていたものの霊のようだった。


 何故受け入れないのかなんて。

 斎王には女としての心はないとでも思っているのだろうか。


 まあ、当然の義務だと思っているからなのだろうな、と思う。


 っていうか、実は、何代にも渡って、邪険にされてきたとか? あの神は。

 そこでふと気がついた。


 斎王は代替わりをするが、神は代替わりをしないのだろうか、と。


 もし、例えば、此処へ来る神がその斎王に合わせて代替わりをしているとしたら。


 その斎王のために現れた神だろうに、その任期中、受け入れられずに終わるのは可哀想かな、とも思ってしまう。


 まあ、他人事として考えた場合だが。


 しかし、あの神と話した感じでは、そういう風な話でもなかったが。

 そんなことを考えながら、成子はひょいと起き上がる。


 すうっと音もなく近づき、その女たちの真後ろに腰を下ろした。


 しばらく女たちは身を屈め、ひそひそと話していたが、そのうち、気配に気づいた女がひとり振り向く。


 わっ、と身を引いた。


 霊が驚くな……。


「斎王様だわ」

「斎王様よ」


「あら、いけないわ」


 自分の斎王でなくとも、斎王ということはわかるんだな、と思っていると、彼女らは頭を下げ、すすすすっと居なくなる。


 ひとり、奥に居た女が広げた扇のその上から自分を見ていた。


 切れ長の目の、命婦より年配の女。

 監視するように自分を『見ている』。


「いつも命婦を見ているのは貴女?」


 女は扇を閉じて、そこに置き、手をついて頭を下げた。


 そして、消える――。





  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

Androidでは正しく
設定できないことがあります。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

新規ユーザー登録無料