「真鍋など最悪だぞ。

 悪霊を身の内に入れるし、お前に向かっての邪念が凄い」


 あいつは真っ黒だ、と神は言う。


「お前は真鍋が一番のお気に入りだったな」


 黒い男が好きか、と問われる。


「じゃあ、私も祟り神になろう」

 成子の手を取り、神が言ってくる。


「くだらないことをおっしゃらないでください」


 そう言ったとき、控えていた女が、くすりと笑った。

 聞いてたのか……と横目に見ると、女は消える。


 後にはただ虫の音が響いているだけだ。


 女の居た場所をその気配を読むように見つめていると、

「成子。

 さあ、いつまでもこんなところに居ないで」

と神は成子を御簾の奥へと連れていこうとする。


「何処へ消えたのでしょう」

「知らん」


 笑顔で手を握ったまま、神は言う。


「追ってってくださいよ」


「この私に命令か、成子。 

 そうだな。

 今宵、私の相手をしてくれたら、追って行ってやってもいいぞ」


「……貴方、段々俗っぽくなってませんか?

 大丈夫ですか?」


 神の座、追われません?

と成子は言った。







 ぱたん


  ぱたん……


 板に何かを打ち付けるような音がして、道雅は目を覚ました。


 いつの間に寝ていたのだろう。

 というか、此処は何処だ、と思って辺りを見回し、はっとする。


 そこは成子の居室だった。

 自分は脇息に寄りかかり、眠っていたようだ。


 起き上がると、肩にかけられていた衣が絹の擦れる音ともに滑り落ちる。


 なにかに打ち付けるような音は、強い風に御簾が斜めに揺れて、すぐ側の柱に当たっている音だった。


 御簾の外に出ると、成子が夜風に吹かれ、ひとり月を見ていた。


 こちらに気づき、成子は微笑む。


「起きたの? 道雅」


 はい、と言いながら、道雅は畏る。


 普段はかなりどうかと思う言動の多い成子だが、こうして、月を背に微笑む成子は、彼女こそが神ではないかと思うくらいの威厳があった。


 強い月の光が成子の後ろから彼女を照らし、その顔の周りを彩る長い黒髪をぼんやりと輝かせていた。


「神なら、怒って帰ってしまわれたわ。

 貴方を此処に脱ぎ捨てて」


 仕方のない人、という口調で、笑っていた。


「はあ、そのようですね」

という自分の心には、まだ自分を乗っ取っていたときの神の感情が沈殿していた。


 成子が強情だと文句を言っている。

 だが、それと同時に、成子を愛おしむ気持ちも強く残っていた。


 だからだろう、きっと。


 こんなにも、この人に惹きつけられてしまうのは。


 そう思いながら、階を降りる。


「外になど出られて、誰か来たらどうされるのです」

と言う道雅を振り向き、成子は言う。


「大丈夫よ。

 なにやら、命婦より気の利く霊が近くに居るみたいなの」


 は? と振り返ったが、なにも居ない。


 まあ、霊だからな。

 私になど見えないか、と思っていると、

「道雅」

と成子が呼ぶ。


「目覚めてくれてよかったわ。

 貴方に見せたかったの、この月」


 どきりとするようなことを、なんの考えもなく、成子は口にする。


 確かにこんな機会は二度とないかもしれない。


 御簾越しでなく、成子と共に月を見られる機会など。


 いや……

 あるかもしれない。


 このまま神に身体を貸し続ければ。


 だが、それをすることに、複雑な思いもある。


 月はそんな自分の思いなど、関係なしに冴え冴えとした光を放っている。


 それを見上げて道雅は言った。


「では、斎王様。

 この月を歌に詠んでください」


「ええっ? 今っ?」

と成子が振り向く。


「なんのための月ですか。

 今です」


「情緒ないんだから、もう~」


「今です」


 無情な響きを持たせ、道雅は繰り返す。


 だが、頭をひねっている成子の顔を見ながら、いつの間にか笑っていた。







  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!