「また来られたんですか」

「なんだ、その言い方は、成子」


 私が来るのが気に入らないのか、と御簾の向こう、階に座る神が道雅の口で言う。


「いえ、最近、頻繁においでになるなと思っただけです」


「道雅が最近、協力的なのでな。

 成子、誰も居ないぞ、こちらに来い」


 いい月夜だ、と神は夜空を見上げる。


 なるほど、塀の上に満月が浮かんでいた。

 位置が低いので、不気味なくらい大きく美しい。


「……綺麗ですね」


 神は御簾を上げ、成子を外へ連れ出す。


 誰も居ないって。


 警備の者は居ると思うけど。

 真鍋とか。


 まあ、この人にとって、そんな下々の者は居ないのと同じことかな、と思いながら、風に吹かれていた。


 月を見上げる道雅の横顔は、道雅であって、道雅でない。

 彼にはない神々しさがあった。


「ずっと考えていることがあるんです」

と太陽とはまた違う、静かな熱を顔に受けながら成子は言った。


「道雅に問われました。

 誰かを好きだと思ったことがあるのかと。


 ……そういえば、そんなこともあった気もするんですが」


 思い出せません、と成子は言った。


「思い出せないものなら、思い出す必要はないだろう。

 この私が居るのに」

と神は成子の手を取った。


 月を背に神は問う。


「無理やり押し付けられた夫をお前は愛せぬか」

「……そうではありません」


 極自然にその言葉が出ていた。


 そして、気になっていた、今の言葉が。


『無理やり押し付けられた夫をお前は愛せぬか』


「成子……」


 そう呼びかけ、神は唇を重ねてくる。


 いや……、だから、その身体、道雅なんですけどね、と思ったとき、気がついた。


 自分の斜め後ろに誰かが控えているのを。


 ちらと視線だけをそちらに向かい走らせると、白髪交じりの女がそこに座している。


 こちらを見ぬよう、平伏して。


「……誰か居ます」


 小声で成子は言った。


「お前は私と口づけを交わしながら、どうしてそんなことに気づくのだ」

と神は文句をたれてきた。


 いいから、と成子は神の手を、普通の男にするように、ぺしりと叩き、

「このまま、ちらと私の後ろを見てください」

と言った。


 私に指示を出すな、と言いながらも、神はそのようにしてくれたようだった。


「……女が居るな」


 生きてはいない、と神は言う。


「それは私にもわかります。


 もうちょっと見えるんじゃないんですか?

 神様なんですから」


「道雅の身体に入っていると、魂が濁ってよく見えぬのだ」

と神は言ってきた。


「……道雅で濁るのなら、他の者だとどうなのでしょうね」

と成子は溜息まじりに言った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

Androidでは正しく
設定できないことがあります。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

新規ユーザー登録無料