忘れ物

  



「扇に目ですか」


 圧死したかと思われた道雅だが、成子の前では元気を取り戻していた。


 自分とともに、几帳越しに成子と対峙し、扇を裏に表に返してみている。


 命婦を抱えて移動させるのは無理だったので、付き添いだけして、自力で歩いてもらい、別室で休んでもらっていた。


「特になにも見えませんが」

 目を細めて扇を見ながら道雅は言う。


「命婦にだけ見えるのかしらね」


 なんでだろ? という顔を成子はする。

 一応、几帳はあるのだが、風が強く、ほとんど成子の姿は見えていた。


 いやもう、この女は本当に不用心が過ぎる、と思いながら、その姿にずっと視線は奪われていた。


 都に居ると美しい女の噂はいろいろと飛び交っているが、こんなに美しい女は他に居ないだろうと思ってしまうのは、単に自分の好みのせいだろう。


「その扇、何処から出てきたの?」


「前の斎王様の荷物が少し残っておりまして。

 それを整理していたときだそうですよ」

と道雅が答える。


「私の前の斎王?」


「いえ、いつのものかわからないそうです。

 此処を引き上げるときに、忘れて行かれたものが、少しずつ、残っておりますからね」


 斎王が代替わりするたびに、残っていく取りこぼしの荷物。

 なにかその代ごとのみなの想いが沈殿していっているようだな、と思った。


「忘れていったもの、か」


 同じようなことを考えていたらしい成子がぼそりと呟く。


「生涯のほとんどを此処で暮らすものも居るでしょうしね」


 自分はどうなるのだろうと思っているようだった。

 まあ、成子の場合は、特に都に帰りたいわけでもないようだったが。


「誰かが見てる、か。

 もしかして、命婦が誰かに見張られてる気がすると言い出したのは、これを見つけてからじゃないの?


 これは誰の持ち物だったのかしらね」


「かなり古いもののようですが」

と道雅が眉をひそめる。


「……訊いてみようかしら」

と成子がぼそりと呟く。


 道雅と二人、誰に? と思った。


 そんな昔の話を誰に訊くと言うのか。


 斎宮寮の人間も、斎王が代わるたびに、ほとんど入れ替わっている。


 なにかこう、嫌な予感しかしてこないのだが――。







 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!