神 参

「いえ、あの……」


「でも、私を愛せたら、なんの問題もないのにな、と思っているのも伝わっているぞ。


 義務でそう思うのもどうかと思うが。

 だが、あの眞鍋のことも、お前はそう好きでもないようだ」


 成子、と神は呼びかけてくる。


「今宵は共に過ごして欲しい」

「いいですよ」


「あれに入ってもいいか」

と性懲りもなく、道雅を指差してくる。


「そのままでいいではありませんか」


 そう言ってみたが、不満げだ。


 この人(?)、結構子供っぽいよなー、と思う。


 ひとつ溜息をついて、成子は言った。


「じゃあ、いいですよ。

 なにもしないのなら。


 ……いや、わかりました。

 では、手をつないで寝ましょう」


 神の視線に押されて言ったが、神様と手をつないで寝るとかどうなんだ、と思っていた。


 ある意味、無礼ではないのだろうか。

 だが、これ以上は譲れない。






「手をつないで眠る。

 こんなことは初めてだよ」


 共に横になった神はそんなことを言ってくる。


「いつもなにしてたんですか……」


 成子、と目を閉じ、神は呼びかけてきた。


「私はお前の魂を知っている。

 お前は私を知らないか」


「え……」


「なにも覚えてはいないのか」


 そう言いながら、約束通り、そっと手を握ってきた。


 物体としての感覚はないが、その魂の重さのようなものは手に伝わってきた。


 こちらを向いた神が自分を見つめる。


 少し、どきりとしていた。


「人は生まれ変わる。

 だが、神はその記憶を抱いたまま、生き続けるしかない。


 成子。

 もう一度、私を愛して欲しい」


 もう一度、と神は言った。


 かつて私がこの人を愛していたことがあるというのだろうか。


 わからない。


 神はそっと成子の上になるように、その魂を移動させ、頬に触れてきた。


「手を繋ぐだけ、と申しましたのに」


 そう彼の目を見返し、言うと、

「大丈夫だ」

と囁くように神は言う。


 なにが大丈夫だ? と思っている間に、唇を重ねてきた。


「人の身体をまとわぬ私が触れても、お前には、羽根が載ったほどにも感じられまいよ」


 少し寂しげなその口調に、なにも言い返せなくなる。


 成子、と呼びかけ、孤独な神は自分を抱きしめてきた。





  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

Androidでは正しく
設定できないことがあります。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

新規ユーザー登録無料