神 壱

 

 



 成子の少し先を歩いていた真鍋は、いきなり口を塞がれ、渡殿の下まで引きずり込まれた。


 すごい力だ。


 自分が逆らえないとは。


 一体、何処のどいつが、とこの斎宮を護る猛者たちを思い浮かべたが、自分の口を塞ぐ手は細く白く。


 とても良い香りがした。


 この匂い……。


「道雅……」


 すると、後ろで道雅の声がした。


「手を離しますが、決して声を出してはなりません」

 逆らいがたい口調だった。


 自分を信じているかのように、道雅は手を離した。


 成子はまだ、井戸の近くをウロウロしている。

 そちらを目で窺いながら、小声で訊いた。


「お前は誰だ。

 道雅ではない」


 意外な弓の使い手だとは聞くが、道雅がこんな剛力なはずはない。

 腕を見ればわかる。


「私は神です」


 予想はしていたが、あっさりそう言われると、本当か? と問いたくなる。


「神様が何故、幽霊退治の邪魔をする」


「邪魔はしておりません。

 まあ、手に入らないものを前に、彷徨う女官の姿が美しくも切なくて、眺めるのにはちょうど良かったのですが」


 どんな人でなしだ。

 いや、人ではないのか。


「あんなものが成子の側をウロウロしていては、私は成子に近づけないのです」


 難しいところです、と神は言った。


 こうして、神が入っていると、道雅は実に整った美しい顔をしていた。

 だが、普段は、道雅の魂のせいでか、弱々しい印象しかない。


「成子に近づけないって。

 あの居室に入れないという意味か?」


「それもですが、基本、成子自身にですよ」


「俺には触れられるようだが、成子にだけ近づけないのは何故なんだ」


「成子の周りには強い邪気があります。

 それが私を寄せつけないのです。


 私は、此処最近の斎王の許には通っておりませんでした。

 斎宮が乱れているからです。


 そして、斎王の寝所辺りは、様々な怨念が降り積もり、私にはとても息苦しい場所となっています。


 それでも、まあ、いいかと思っていたのですが。

 成子が斎王となり、気が変わりました。


 神というのは淋しいものです。

 人は私に要求ばかり、時折、神で居ることに疲れます」


 そう言われると、人間として申し訳ない気分になる。


 自分も神に参ったときには、つい、感謝よりも先に、願い事を言ってしまう。


 まあ、些細なことばかりだが。





  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!