誘惑

  




 昼過ぎ、真鍋が渡殿を歩いていると、道雅がやってきた。


 爽やかに挨拶する道雅に頭を下げたあとで、手にしていた入った包みを渡す。

 道雅は、え、という顔をした。


「昼の残りだそうだ。

 今、そこでもらった」


「……何故、それを私に?」


「いや、腹が減っているのではないかと思って」

「私、どちらかと言えば、食が細いのですが」


 知っている。

 だが、あのとき、白い衣は釜の側に落ちており、釜を漁った跡があった。


「霊がとり憑くと、腹が減るのではないか?」


 自分が憑かれたときにも、急激に体力を消耗した感じがあった。


 自分にとり憑いたのは怨霊で、道雅にとり憑いたのは、神に似たもの。


 どちらも、生命力を吸い取られそうな強さがある。


「本当なのでしょうか」

と道雅は憂い顔で呟く。


「何故、私などに神が憑いたりするのでしょう」


 ……顔じゃないかな、と真鍋は思っていた。


 本人が気弱な表情でしゃきっとしないから、あまりそうは見えないが、道雅はとても奇麗な顔をしている。


 そして、魂にもそう穢れがないように見える。


 だからこそ、神が憑いたのではないか。


「そうかな」

 ふいにそんな声がした。


 道雅と別れ、斎王の居室の前に差し掛かったときだった。


「執着と欲望が深いからこそ、神に憑かれたのかもしれないぞ」

 声は床下から聞こえているようだった。


「あれは一途で思い込みが強い。

 あんな風に見えて、こうと決めたら、迷わないからな。

 お前とは違った意味で使える男だ」


「人の頭の中を読むな」

と足許に向かい、文句を言うと、

「真鍋?」

と御簾の中から声がした。


 張りのある甘い声だ。

 どきりとする。


「……はい」

と真鍋は短く答えた。


「成子の側に行きたいか」

 霊は笑いを含んだ声で、そう訊いてくる。


「いいだろう。

 私が協力してやるよ」


「逆だろう。

 お前が私に身体を貸して欲しいのだろう?」


 どちらでも同じことだよ、と霊は言う。


「斎王である成子は、本来の好みはともかくとして、怨霊よりは、神に気を許す」


 お前、今のままでは道雅に負けるぞ、と言われた。


「真鍋。

 成子を手に入れたいのなら、私と手を組むのが賢いぞ」


「……此処での話、成子に筒抜けているのだろう?」


 いいや、お前にだけ、話しかけているのだよ、と霊は言う。

 それが本当なのかは知らないが。


 そのとき、御簾の下を潜り、愛らしい黒猫がやってきた。

 くるぶしの辺りに顔を何度もこすりつけてくる。


 撫でてやりたいが、霊体のなので、触れられない。


「猫」

と成子が呼ぶのが聞こえた。


 名前、つけてやれ、と思いながら、


「此処に居ますよ」

と声を張り上げ、成子に言った。


 怨霊からの誘惑を振り払おうとするように。







  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!