白い男 弐


 



 深夜、成子が目を閉じていると、それは現れた。

 すっ、すっと音をさせずにすり足のように移動してくる音。


 成子は目を開け、ゆっくりと身を起こす。

 几帳越しにそれを見た。


 御簾の向こうに立つ影。

 成子は立ち上がり、几帳を通り越して、そこに行く。


 その影に向かい、呼びかけた。


「こちらに入ってきてはくださらないのですか?」


 影は黙って立っている。

 だが、昨日より長く、此処に居る気がした。


 やはり、そうなのか。


 影はそっと御簾に右手を触れてくる。

 なんとなくその手に成子は己れの手を重ねた。


 清廉な波動が手を通じて伝わってくる気がした。

 だが、手はすぐに離れ、男は向きを変えた。


「待てっ」

と外で真鍋の声がした。


「お前は何者だ」


 そのとき、風に御簾が大きく揺れた。

 白い衣を肩から羽織った男の顔が露になる。


 予想していたはずなのに、息を呑んだのは、その男の美しさにだった。


 なんで? あの顔なのに。

 魂の放つ光のせいか。


 命婦が腰を抜かすわけだ、と思った。


 太刀に手をかけた真鍋が庭先に居る。


 御簾の外に駆け出た成子は、

「待って」

と真鍋と男に向かって言い、男の手を掴んだ。


 その瞬間、男から神々しい空気は消えていた。

 まるで、成子と一瞬足りとも触れ合えぬように。


 男は、一瞬、おや? という顔をし、己れの手を見下ろした。


「斎王様。

どうかされましたか?」


 いや、あんたがどうかしたのかだよ、といつものようにぼんやり顔に戻った道雅に思う。


「あれっ? この衣は」

と肩にかけている白い衣を見て言う。


「それは神に捧げる衣よ。

 近くの神社で織っている」


 ひいっ、と道雅は、畏れ多さから、それを投げ捨てる。

 かえって罰当たりな感じがするのだが。


 成子は腰を屈めてそれを拾い、

「昨日、命婦が白い衣の美しい男を見たらしいのよ。

 そして、釜の近くにこれが落ちていた」


 はい、と成子は道雅の鼻近くに衣を持っていく。


「これは……っ」


「そう。

 貴方が好んで使う香の匂い。


 今、羽織ってたからじゃないわよ。

 今朝、これが見つかったときにもついてたの」


「ということは――」


「私の寝所の現れ、鱗を落としていく白い男の正体は貴方だってことね。

 鱗は?」


「そっ、そんなもの知りませんっ」

と慌てて両手を上げ、道雅は首を振るが、その手から白い鱗がこぼれ落ちた。


「それっ」

と大きな声で言うと、ひいいいいっと絵に描いたような悲鳴を上げる。


「じゃあ、私は怨霊になっていたというのですか」


「怨霊でも悪霊でもないわ。

 あの這いずる霊は此処に入れた。


 だけど、貴方に憑いている白い霊は入れなかった。

 あれはやはり、神に近いものなのよ。


 この場所が人の怨念によって、穢れているから、神は入れないのよ」


 先程まで居た悪霊。

 床下に居る怨霊。


 そして、殺された黒猫。


 この斎宮の中で、此処が一番問題あるような、と思った。


「神ねえ」

 そう胡散臭げに真鍋は言う。


「神だろうが、怨霊だろうが、お前に……斎王様にしようとしていることは同じでしょう」


 そんなことを言い出す。

 不満そうだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!