第四章

4-00『プロローグ/そして少女の思うコト』

 ――は、たぶん、ワガママなのだ。


 あれも欲しくて、これも欲しい。そりゃあ順位はあるけれど、一番があればほかはいいとか、二番以下さえ揃っていれば、一番に欲しいものを諦められるとか。

 そういう妥協ができるほど、どうも大人になりきれない。


 でも、仕方がないと思う。

 知ってしまった以上はもう、知らなかった頃には戻れない。ひとたびプラスになったのなら、そのあとゼロに戻したところで、もう計算はマイナスだから。


 手を伸ばすと決めている。

 足を踏み出すと決意した。

 だったらもう、わたしは欲しいものを妥協しない。

 何かを諦めて最低保証をつけるより、欲深に振る舞って全てを失うほうが、まだしもマシだと思っている。


 ……なんて。本当は、そこまで達観できてはいない。

 手に入らなかったくらいで諦められるなら、とっくに見切りをつけているはず。


 結局、これはわたしが子どもなだけ。

 現実が理想の妥協なら、どこまでも理想ばかりを追い求めているわたしは、ほら、夢見がちなオトメとか……そういうアレ。


 だけど、もう、わたしは知ってしまったから。

 諦めないと決めてしまった。そうして足掻いている自分は、これまで立ち止まっていた自分よりも、少しだけましなように思う。だったら、それで充分だ。

 そう。たぶんこれは、それが手に入るかどうかという問題ではないのだと思う。


 もちろん欲しいものは欲しい。それを諦めてやったりしない。

 だけど、たとえ手に入らないと知っていても、求めることだけはわたしはやめない。


 だってほら、自分の人生の主役は、ほかでもない自分なのだと言うわけだし。

 それならわたしの物語は、なるべくなら面白いほうがいいと思う。うん、当たり前だ。


 ひとりでは進めなかった道でも、見ていてくれる、いっしょにいてくれる人がいるなら歩き出せる。

 遠く、ただ輝きだけしか見えない星にだって、手を伸ばし続けていられる。

 ハッピーエンドを信じているわけじゃない。

 誰かが涙を見せることだってあるんだろう。

 だとしても、ここで全部を閉じてしまうことだけは、きっと違うと思うから。

 だから、わたしは傷つくことが怖いし、誰かを傷つけてしまうことなんてもっと嫌だけど――。

 仮にそうなるとわかっていても、求め続けると決めている。




 ――それだけは、決して誰にも譲れない、きっと、わたしだけの誓いなのだから。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます