【緩募】なんかそれっぽい言い訳

作者 @kuronekoya

47

18人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

バレンタインデーの、バイトのシフトの風景を描いた短編小説。すごく共感できます! バレンタインがテーマなのに、で、恋人の「こ」の字も登場しないのに、このキュンキュンする感じは一体、何なのでしょうかっ? 上手い設定と、リアルな人間関係で描かれた、恋愛短編です!

★★ Very Good!!

働く女のバレンタイン。今更乙女チックなことを言ったりしたりするのなんて恥ずかしいって気持ちに共感を抱いたり、着々と外堀を埋められていく周りの人の暖かさにほっこりとしたり、なんだかんだでバレンタインとしっかり向き合う主人公を応援したくなったり……。短い中でいろんな気持ちになれるお話でした!

★★★ Excellent!!!

この短い作品を読んでわかるのは、この作者が「何も伝えずして全てを伝える」天才であるということだ。
相手の男性の描写がまったく出てこないのに女性の甘い思いが伝わってくる。それはまるで片恋の相手が不在のまま進むドーデの小説「アルルの女」のように。
そして作者の別の作品のスピンオフらしきこの短編を読んだだけで、本編を知らないのにキャラクターの魅力が伝わってくる。上手い、実に上手い。これでは本編も読んでみざるを得なくなるではないか。

★★★ Excellent!!!

このお話が読めて幸せなのは私だけじゃないはず。
作者様の連作の「幸せなその後」的なお話。

彼女が職場の皆さんに愛されている感じも伝わってきてニマニマしてしまいます。きっと本人はヒヤヒヤだと思いますが。

うらやましいな、こういう職場。当事者じゃなければ(笑)

★★★ Excellent!!!

自分の周囲にもおそらくたくさんあるだろう、そんなサイズの幸せ。その喜びに直に触れているような、温かみのある作品です。
遅まきながら自分にも始まった恋。それを周囲でさりげなく応援してくれる親、同僚、上司。そんな暖かな空気が、恋の幸福感をリアルに描いています。
幸せに、サイズの大小なんかない。幸せとは、そこにあるだけで心を満たすもの。そんなことに気づかされます。

「本屋さんのクリスマスイブ」「おいしくないコーヒーの飲み方」を読んだ後に本作を読むと、その幸福感を一層深く味わうことができます。

★★★ Excellent!!!

クリスマスやバレンタインに休み希望を…家族がいるなら堂々と、もっと若ければキャピキャピと申請出来るかもしれません。

が、この彼女は…


心の叫びに思わず笑ってしまいます。

周囲の目線で読めばニヤニヤしちゃうけれど、私が彼女だったら色んな汗をかくでしょう。

★★★ Excellent!!!

『本屋さんのクリスマスイブ』『おいしくないコーヒーの飲み方』に続く連作短編になりますが、このお話だけでもシチュエーションを察することができて十分楽しめます。

シフト制で働くサービス業の方々は特別なイベントの日にお休みを取るのはなかなか大変そうです。
主人公のアラフォーの彼女は、人一倍真面目に仕事を頑張ってきたこともあり、バレンタインデーにシフトの都合をつけてもらうなんてことはなかなか言い出せず…。

でも、彼女の真面目な人柄や働きぶりは、周囲の反応から見てもよくわかります。
加えてやはり薹の立った(失礼)彼女に幸せを掴んで欲しいと願う周りの優しさが伝わってきて、彼女の狼狽ぶりをこちらまで口元緩めて楽しんでしまいました。

*♥*。.。・*♥*・。Have a Happy Valentine's Day!! ♥*。.。・*♥*・。