私を愛して王になれ

作者 淡島かりす

18

6人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

『私(天使)を愛すること』
それが王の絶対条件。
告げられたのは、建国以来初めての女王でもあった。しかし、姿を現した天使は少女の姿をしている。

『愛』を要求する天使と、『愛し方』のわからない男勝りの女王。
さらに、女王即位に反対し、暗躍する不穏な影たち。
我儘で奔放な愛され上手。しかし決して嘘は言わない黄金の天使と、生真面目で頑固者、けれど本当は優しい白銀の女王。
煌びやかな彼女らを中心に、この物語の魅力的な登場人物は数え切れない。
堅物執事に、老いた伝説の一番槍、一筋縄ではいかないメイド。
そうして、忘れてはいけないのが白馬を愛娘と言い張ってやまない隣国の王子。
心に残る場面は多々あれど、彼の愛娘が告白されるところは必見です(笑)。
というのはさすがに冗談ですが、この物語には随所に、様々な形の『愛』が散りばめられていると思います。

私は同じシリーズの『人魚を殺して王になれ』から読んだのですが、この話も同じく、タイトル回収のタイミングがお見事としか言いようがありません。

忘れがちな、身近にある『愛』というものを見つめなおせる作品ではないでしょうか。

★★★ Excellent!!!

えっと
かりすさん作製の紙本を読んでのレビューなので、PV増えてないけど、レビューだけあげていいもんでしょうか運営さん

その国史上初の女王即位に伴う陰謀と、伝統である「天使を愛する義務」
選び抜かれた最小限のキャラによって繰り広げられる物語は、小気味好く、だけど深いテーマを隠して展開されます
のほほんとしていながら曲者のユスラン君がおススメです

ま、ユスラン君の国のことが心配ですが
それもまた、どこかで語られることを期待しておきましょう(*´꒳`*)

★★★ Excellent!!!

「王」になった者には、「天使」を愛すことが求められる。
それは偽物の愛であってはならない……。
初めはうまくいかない二人ですが、ちゃんと心の底では国のことを大事に考えていて、相手を愛そうとイヤでもまず近づいたり、ごまかさず誠実に向き合ったりするところに好感を持ちます。
凛々しい女王と軽いノリの天使というキャラクターも絶妙です。
選び抜かれた言葉のおかげですらすらと読みやすく、流れるようにして情景が目に浮かびます。
かなりオススメ度の高い作品です!

第1章を読んで一気に惹かれ、最新話まで読ませていただきました。
ストーリーも面白いですし、読めば読むほど細部のこだわりに気付かされました。
メインキャラクターのシャルハとウナのビジュアルも銀と金、短髪と長髪で対になっているようで美学を感じたり、
愛への考察も様々な角度から深まります。
更新を楽しみに待っています。

★★★ Excellent!!!

新女王からの愛を要求する天使のウナちゃんと、「愛する」意味を未だに掴みきれずにいる新女王シャルハさんの、軽快な掛け合いがメイン。
生真面目な性格ゆえに、奔放なウナちゃんに振り回されるシャルハですが、それがまた楽しそう。そしてなにより、シャルハさんが周囲から愛されているのが伝わってきて、なかなかに微笑ましいです。もう、愛されるのはシャルハさんの方でいいんじゃないでしょうか?(笑)
ところで、愛が足りないからと、食べ物で補うウナちゃんが可愛いすぎます。