作者のメリット

 ここまでレビューをする「あなた」のメリットについて話してきましたが、レビューした相手(作者)には何もメリットがないのでしょうか?


 いいえ。もちろん、そんなことはありません。


 作品を読んでもらい、レビューまでもらえれば、誰しも嬉しいものです。

 あなたや他の人の評価が積み重なれば、作品や作者の知名度となります。


 しかも、あなたと信頼関係を築くことで、互いにいい読み手になってくれる可能性もあります。

 これはあなたにとってのメリットでもあります。



 自分の利益のために行動することは、恥ずべきことではありません。

 一人一人が自分の目的のために行動し、結果的に周囲や全体がよりよくなっていくのは、健全なコミュニティのあるべき姿です。



 少し余談ですが、レビュアーの中には自分の作品を公開しないで、読むのを専門とする「読み専」と呼ばれる人たちがいます。

 作品を読むのが純粋に好きな人、レビューをした相手が喜ぶのが好きな人、いい作品を見つけ出してみんなに紹介するのが好きな人――動機は様々ですが、これらも「自分のため」と言えます。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る