邪導機ガイオークス ~MPMAXの俺はロボのバッテリー~

作者 甘味亭太丸

25

9人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

異世界召喚された主人公の相棒はオーク! という一見してネタっぽい展開ですが素直に骨太なバディ物です。やや主人公である玄馬はテンプレファンタジー感に感化されており、少々デリカシーは有りませんが相棒のブレイデルがナイスガイなので問題ない感じ。

ただ玄馬もただのバッテリーに終始しているだけでなく、道化を演じて空気を和まそうとして見たり、戦闘時に出来る事を探したりと、やれる事をやる感じなのも良いなぁと。

そしてファンタジーロボット物として非常に良い! キャラとロボの書き分けがしっかりしていてああこうファンタジーで巨人が殴り合っているなぁというのがしっかりと伝わって来ます。

早く続きが読みたいです!

★★★ Excellent!!!

レビューを書くという事は、読んだという事であり、読んだという事は読む原動力がこの作品にはあるという事だ。言い表す言葉はガ〇パンはいいぞでもいいし尊いでもいいし萌えでもいいが、とにかく要約すると「よかった」となる。以下は後付の理屈となる。
読みやすい。描写が大変よろしい。過不足がなく、異世界の情景を伝えきれているのではなかろうか。そう。過不足がないのである。洗練された文章はそれだけでは面白さを担保しないが、逆に、面白くて洗練された文章ならばベネである。

長くなった。

良質なファンタジーロボットものである。そういうのが好きな人は読もう。

★★★ Excellent!!!

主人公たちの魅力が冒頭数話できっちり伝わってくるのに好印象です。

平凡で健康な男子学生だけど何故か無尽蔵の魔力を持つ玄馬、まさに土属性といった熱さがシブいオーク・ブレイデル、搭乗者の魔力はおろか敵の瘴気すら喰らうロボット・ガイオークス。
舞台となる世界を蝕む問題を解決するには、彼らの力が遺憾なく発揮される必要がある。

これ書いてる時点では第8話までの公開ですが、少年向けの熱血バディもの王道ストーリーが期待できそうです。

★★★ Excellent!!!

阿賀崎玄馬という少年が異世界に飛ばされ、化け物に追われる所から始まる。
そこに助けたのはロボットと美少女……ではなく、何とイノシシを思わせるオークの騎士!

美少女と違って華はないかもしれないが、どこか頼りになるオーク『ブレイデル』。そんな彼と共に狂獣なる化け物退治をするのだが、華はないにしてもボディーガードにはうってつけかも(笑)

それで彼と共に『ガイオークス』を駆る事になる玄馬。このガイオークスはブレイデルらしい荒々しいロボットで、その機体が繰り出す一撃が何とも重い。

一人の少年とオークの異世界ファンタジー。とくとご覧あれ!