ぼっちのおれが幼馴染の美少女とラブコメしている件。

作者 あすか

180

73人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

可愛い幼馴染と1つ屋根で暮らす。そんなシナリオが私をストーリーに引き込みました。
どこを切り取ってもザ・ラブコメ!という感じでラブコメ好きにはたまらない作品でした!

あと、世の中には相互評価というものがあるらしいのですが、私は単純にこの作品を評価したくなっただけですので、社交辞令とかではありません!

★★★ Excellent!!!

面白い。一言それにつきます。
背景描写など少し足りない部分もあるかと思いますが、それを抜きにしてもいい。
ヒロインのまたツンデレ加減というか、主人公のこと好きだよね?って匂わせる部分がグッときました笑笑
久々に楽しい、面白いラブコメを見た気がします。一話辺りが短いのも良し。サクサク読めました。これからも頑張って下さい。

★★★ Excellent!!!

下手なきをてらう行動がないので安心して読める。
ザ・ラブコメを読みたい人向け。空き時間にサクサク読めるし、暇なときに一気読みもできる。
今おすすめの小説。個人的にスピード感のある構成の仕方が好印象。
気づいたら読み進めてる作品になるんじゃないかと思った。

Good!

家庭の都合で美少女の家で暮らす……という、王道かつ健康な男子なら誰でも憧れそうなシチュエーション。
ですが主人公は、手放しに喜ぶよりも、戸惑いややりづらさ、よその家でなんとなーく居心地の悪い感じからスタートしており、「まあ、もし実際そうなったら、こういう反応になるよね」というところで、リアルでした。

★★★ Excellent!!!

父親の海外赴任を機に、門川家に居候することになった高校一年生の京介。
しかし、そこには才色兼備の同級生である遥香が暮らしている。
クラスではぼっちで陰キャラである京介の突如始まった美女との同居生活。
「こんなおれがラブコメなんてありえない」と言いながらも、ツンツン美女とのラブコメな日常は転がり始める。

と、私は普段まったくラブコメなるものを読みません。
好きな作家は白石一文、重松清などです。
儚い「生」と避けることの叶わぬ「死」を『運命』という言葉に載せて描く物語に心が揺れる読者です。

本作に登場する女の子たちはみな個性的で、高校生らしい身の丈の浮き沈みが心地よい。
そんな素敵な女の子たちとの交流を通じて、人生をなかば諦めたような京介の魅力が訥々と明かされていきます。

文章は軽快で、ストーリー展開も読み手に苦労を強いるものではありません。
「この子は主人公のこと好きじゃないの?」「今の態度はヤキモチじゃないか?」
京介の目を通して垣間見る女の子たちの一挙手一投足にドギマギしながら、甘く苦い高校時代を思い返してしまいます。

私は、これがラブコメの王道かどうかを論じられる読み手ではありません。
しかし、「あぁー、この子と結ばれてほしいなぁー」と随所で読者に思わせることが創作の意図であるなら、本作は成功を収めています。

結末を迎える際、「こういう結論がよかったのに」と読者みんなで言い争いをしましょう。
ぜひお読みください。