親も春日井

作者 にぽっくめいきんぐ

33

11人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

この作者さんの作品は、ドミノ倒しというか、ピタゴラスイッチ的な仕掛けの面白さが特徴だと思っていたんですが、この作品は情感たっぷりで、思わず心が温かくなりました。ラストシーンは「上手い!座布団一枚!」と思わず言いたくなります。こういうのは私は書けないと思うので、すごいなあ、の一言。タイトルセンスも面白いですね。お題の「世界の裏側」を使って裏側→ひっくり返る→将棋みたいな発想にさらに宇宙人の暗躍で「裏側」を消化した感じなんでしょうか。でもまだまだ裏がありそうな気も。もしかして二通りの意味が取れるストーリーだったり?とかありそうですね(残念ながら私は読み取れませんでしたが)にごたな作品のなかでも屈指の面白さだと思います!

★★★ Excellent!!!

タイトル時点からではあるのだが、とにかく概念「くねくね」している。とても作者らしい感性で、最初から最後まで目新しくくねくねしていくため、テンポがよく、飽きが来ずに最後まで読み進め……気づけばハッピーエンドじゃないかこんちくしょう、となるわけである。

にぽさんさすがやでぇ。

★★★ Excellent!!!

春は曙、子は鎹。
素敵な物語にはハッピーエンドがよく似合う。

SF要素はそこか!となり、はじめの人工知能さんはいったい……と、そわそわする。
途中でなんか、見覚えのある☆戦争的なものを見た気がするが、たぶん気のせいだろう。
最後は笑顔になれる、そんな作品でした。

★★★ Excellent!!!

表題の通りです。文字の遊びが随所に効いており、とてもテンポ良く、小気味良く読み進めることが出来ました。

そしてそれら文字遊びの集約が最後の一文であることを考えると、とても清々しく、春の陽気を感じさせるような暖かなお話であることがわかります。

感想は人それぞれあると思いますが、私はとても本作が好きです。