ロウジンゲーム

作者 良月一成

54

20人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

ネタバレあります。










世界が丁寧に作り込まれていて、最後までSFもミステリーも完璧でした。
最初のとき、『え、歯まで!?』って怖かったです。
最後、ロウジン途中で消せて出し直しができたりしたらどうするの、ってはらはらしました。

ミステリーは最初の人が死ぬまであまり絡んでないため、コミュニケーションが薄めに感じ、『まあ、ありがちなオチなんだろう』って思いました。あんまり重要そうな人いないな、というか、最初の人が死んだとき私が死んでほしくないのあんまりいないなって思ったからかもしれません。また、続編はなくこの話で完結だからというのもあります。でも、進むにつれて逆に分からなくなってきます。あの人でもないあの人でもない。ん?誰も違う?

マナ可愛いです。みんなもっとキャラ濃くてもいいかもしれません。

★★★ Excellent!!!

大筋としてはよくある生き残りを掛けたサバイバルゲームのお話なのですが、ロウジンという謎の現象と主人公の老化の病が、物語に奇妙な味わいを与えています。
不老不死は人類の課題。
この物語は不老不死に関連した一つの回答であり、私達が抱えている老化への葛藤を表現しているように思いました。

★★★ Excellent!!!

主人公がコールドスリープされるところから物語が始まった時、まさかこんなにもミステリー色の強い作品になるとは思いませんでした。
ミステリーは大好物なので、続きが非常に楽しみです。
ヒロインとの恋愛事情も気になりますし、今後に期待の一作です。