迷宮学園アジテーション『WEB版』

作者 白星 敦士

1,757

627人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

ハーレムものってヒロインの差別化が難しいので、どうしても記号的になってしまいがちだと思います。

でもこの作品のヒロイン達は主人公に対するスタンスがそれぞれ違い、しっかりした考えを持っている。

主人公の立場や力も、「もうこれハーレムで囲い込むしかないな」と思えてきて納得できます。

現代ダンジョンですっきり読めるハーレム作品を読みたいならおすすめ。

★★★ Excellent!!!

あまり面白い作品が見つからず、読むことに飽きて来た自分に、刺激を与えてくれた作品です。

元気で馬鹿でアホなことをする主人公ですが、少しミステリアスな部分にものすごく魅力を感じました。

ヒロインは、一人一人しっかりと能力や行動、性格が考えられていました。すべてを悟っている主人公ではなく、ヒロインと本気で喧嘩する場面に面白みを感じました。

他にも、登場人物に対してしっかりと過去や思いが込められていて読んでいて胸が踊りました。

少しずつ変わって行く、主人公やその周りの関係、、、前進したり少し後退したりしながら変わる関係がものすごく好きです。

3日ほどで止まることが出来ず、全て読んでしまいました(笑)
続き楽しみにしてます。初めてレビューを書いたので見苦しくてすみません。
続きとても楽しみにしています。

★★★ Excellent!!!

 読み始めたら止まらない作品です!設定も面白いしキャラも皆んな魅力的です!

 主人公は最初はただ異常にしか見えなかったので、違和感を覚える人もいると思うのですが、読み進めればその行動理念に至った理由が分かるのでそこまで読み進めて欲しいですね。

 ちなみに僕は薺推しです。めちゃくちゃ可愛い。分かってくれる人がいると嬉しいですね〜。

★★★ Excellent!!!

たくさん小説読んできましたが、初めてレビューしました。それほど惹き付けられました。見せ場の作り方が最高です。それぞれのキャラも立っていてとても魅力的です。
先の読めない展開も既存の作品とは違った味があります。
ワクワクが止められないですほんと。
これからも応援しています。

★★★ Excellent!!!

泣ける! 笑える! そこに青春がある!

熱い物語を探しているなら、ここにあります。

一気に読みきりました。

ラーメン屋と、店主の名前にはクスリと笑ってしまいました。

星ほどある、カクヨムの小説の中で、三本の指に入る面白さです!

さあ、若者たちよ! 駆け抜けろ! セイシュンを!!


★★★ Excellent!!!

何処にでも居る優柔不断な普通の男の子。
ただ一点普通ではない部分がある。
心にも身体にも。
優柔不断ながらとても頑固であり、芯が一本通っている心。
吹けば飛ぶような身体。だが、誰にでもあるアレがない。

そんな普通?な男の子が、トンデモない信念?怨念?を持って過ごす学生生活をご堪能あれ!

★★★ Excellent!!!

少年まんがっぽいってレビューがありましたがまさにだと思います❗
なんとなーく某ゴース○スイーパーを思い出す感じでめちゃ面白かったです。
まだまだ続いていくであろう、願望も込めて今周りにオススメしまくりの布教しまくりです(笑)

暗い話はキライ、ちゃんと成長していく物語が好きならとにかく読んでみてください❗
きっとあなたも夢の中で北学区に通ってしまうことでしょう。

★★★ Excellent!!!

はじめに言っておくと、この物語にも他のネット小説と同じく、テンプレという名のお約束が少しだけ存在します、
が!しかし!!
そんなの気にならないくらいにキャラが魅力的で、かつバトルが熱い!ストーリーも面白いですし、普通に少年漫画に出せそうなクオリティで素晴らしいと思います
まさに文句なしです!

★★★ Excellent!!!

みなさんは、青春をしていますか?
彼らは今日という日を全力になりながら、血まみれになりながら、青春をしています。

[感想]
うまい具合にファンタジーと現代世界を融合をさせました。
そして、ラブコメとアクションのバランスもいい感じで読みやすいです!
これから先の展開がたのしみです!

★★★ Excellent!!!

現実世界と異世界ファンタジーが巧みに組み合った設定、個性豊かなキャラクター達が織り成すほろ苦くて甘酸っぱい青春劇、その全てが上手い具合に合致し、そして読む人の心を躍らせてくれます。
他の人達よりも優れているどころか最弱と認定されてもおかしくない主人公ですが、その独特なスキルに秘められた能力が判明した時、物語の歯車は回り始める。
傍から見たら甘酸っぱい青春要素もあるのですが、皆が皆、肝心な所でスルースキルを発動してしまいフラグがあと一歩という所で成り立たない!! だけども、このもどかしさが良い(ぉ)
そして愉快犯の校長(人外)も良い味を出していて、彼の思い付きや提案によって主人公が波乱に巻き込まれるのも日常茶飯事に!?
今後の展開が全く読めない上に、何よりも重要なのが主人公が自力で解決している場面が殆どないと言っても過言ではありません! それでも面白い!!
非日常的な学園生活ファンタジーを御望みの方は是非この一冊をお取り下さいませ!!