暗殺拳はチートに含まれますか?

作者 渡葉たびびと

すべてのエピソードへの応援コメント

  • N1-2へのコメント

    時間の流れが分からない(;´Д`)
    初対面になってる…?

  • A1-4へのコメント

    賛否があるかもしれないけど、こっちのアカリの方が可愛くみえるね

  • N2-5へのコメント

    忍者ではなくなったのですな

  • 8-2へのコメント

    強い…!
    なんだか主人公らしさが下がった気もしますが、考え抜かれた隙のない戦法が格好良いです!

  • 5-3へのコメント

    安田めっちゃいいキャラですね

  • A4-3へのコメント

    ボーリングは土木の掘削工事に使われる名称で、ボウリングが文科省が推奨してる名称です。

  • プロゲーマーは遊び人に含まれますか?へのコメント

    すばらしい‥‥‥‥‥‥!
    とても面白いです‥‥‥‥‥‥‥!

  • A8-1へのコメント

    キャー❗カッコいいー‼️

    ファンになりました‼️

  • A2-4へのコメント

    あのバトルジャンキーなアカリちゃんはどこ?‥‥‥‥‥‥‥‥ここ‥‥‥‥‥‥‥‥?

  • A1-4へのコメント

    A1さんの眼球に次いで、関節があぶない

  • プロローグ「あなたを見ていた」へのコメント

    ( ☆∀☆)ギャー
    アカリちゃーん

  • N6-4へのコメント

    俺ごと打て‼️

  • N4-3へのコメント

    ヒュー‼️
    ゴキゲンなプロモーションになったなイェア‼️

  • N3-4へのコメント

    A1さんが王道主人公ムーヴしてる‥‥‥

  • N2-3へのコメント

    野良猫ちゃん(´・ω・`)
    クーデレは良いですねぇ‼️

  • N1-3へのコメント

    ああ、書籍版の内容か。
    てっきりループしてるのかと、

    書籍もお買い求めます!

  • プロローグ「今日も二人は」へのコメント

    舞ってた。
    だけど、告白シーンは欲しかったな。

    後に時系列遡ってやるのかな?

  • 11-5へのコメント

    ブラボー‼️
    8888

  • 11-4へのコメント

    ええ‥‥‥‥‥‥

    ただ、面白いですな。

  • 11-3へのコメント

    やっぱりバトルジャンキーじゃないですかー

  • 10-3へのコメント

    内のライバルがプリンセスで
    外のライバルがアカリちゃんか

    しかし、主人公がやるとうぉ!ってなるけど、ライバルがこのムーヴすると下のコメで言ってる見たいな事になりそうでインフレが激しくなりそうッスね

  • 9-3へのコメント

    A1とアオイの対比がすばらしいですね!

    アオイはなろうみたいなムーヴで、

    A1はポップや初期ウソップ、ケンイチみたいなムーヴですね!

    主人公とヒロインと言うより、毛色の違うダブル主人公って感じで凄く面白いです!
    応援してます‼️頑張ってください‼️

  • 8-2へのコメント

    本当にアカリちゃんは良い性格してるなぁ(´・ω・`)

  • 6-2へのコメント

    ドジっ子wwwww
    プラネットはゲテモノが過ぎやしませんかねぇ?
    だが、それが面白いです‼️

  • 6-1へのコメント

    お久しぶりです‥‥‥師匠‥‥‥‥‥‥

  • 5-3へのコメント

    安田ァ‼️
    なんか「ときど」さんみたいな感じですかね?

  • 4-2へのコメント

    バイオスモトリwwwww

  • 3-3へのコメント

    目的を見つけた少年少女は良いですねぇ‼️

  • 2-2へのコメント

    プレイヤーにダイレクトアタック‼️www

  • 1-2へのコメント

    こう‥‥‥‥‥ワクワクが止まらないな‼️

  • 1-1へのコメント

    アイエェェ‼️

  • プロゲーマーは遊び人に含まれますか?へのコメント

    ゲーマーは遊び人、スゴくなっとくした!
    でも覚醒者の皆さん素で格闘家適正ありそうなのに……と思ったけどこう考えられる、格闘家である上で遊び人だったと!
    山本さんはそう考えると格闘家of格闘家、かっこいいな!

  • プロゲーマーは遊び人に含まれますか?へのコメント

    山本さんなら仕方ないねー(結構好きです)
    安田はそろそろ賢者に転職できそう…。

  • プロゲーマーは遊び人に含まれますか?へのコメント

    こんな小説大っ嫌いだ!!






    エイプリルフールだからって調子に乗ってすいません。番外編も面白かったです!!

  • A7-6へのコメント

    やっぱり面白い。
    色々と面白いのですが、
    鋭一に一言
    爆発しろ!(笑)

    今後の展開も楽しみにしてます。

  • 11-4へのコメント

    面白え……面白えなあ……!

  • 10-3へのコメント

    理想と理想の激突、良い試合でした。

  • 7-2へのコメント

    『川』完成とエピソード終端の感動で画面が滲んできました。

  • 7-1へのコメント

    墨式『正』が、破られたぁーッ!? なんてアツい戦いなんだ。

  • 4-2へのコメント

    笑い転げてしばらく次のエピソードに行けませんでした。
    良いキャラですねぇ!

  • 10-3へのコメント

    アカリみたいな理不尽に成長するキャラはストーリーを狭めるからあんまり好きになれない

  • A2-5へのコメント

    今日、書籍版が密林から届きました。
    微妙にWeb版の方が密度が濃くて楽しいです。書籍版と一緒に読み合わせます。

  • A2-5へのコメント

    はっ…、アカリの出番が増えたと思ったら社長の出番がっ!
    アカリ恐ろしい子。
    さらに受付のお姉さんの追撃…社長のHPが1に。

  • A1-4へのコメント

    初心なアカリ可愛い(ほっこり)

  • A1-4へのコメント

    アカリルートは結構きになる
    頑張ってください

  • プロローグ「あなたを見ていた」へのコメント

    ちょっと前に某人気俳優が結婚して『○○ロス』とか言われてたけど、そのロスの当事者みたいな心境やね。

    続きを楽しみにしてます♪

    ファンは恐いねんで。
    『○○様がそんなことするわけない!』
    とか、
    『○○様は××を望んでいる!』
    とか言う『思い込み』で、トンでもない事やらかすのもおるんやで。

  • N4-3へのコメント

    ふと思ったのですが百道の名前の由来は百地祐輔選手だったりするんですか👀👀

  • N3-4へのコメント

    小説版は今のところ買う機会がないので内容の変更点は知りませんが、カクヨム版と展開が異なるのですね。これからどうなるのか(°Д°)ドキドキ

  • N1-2へのコメント

    主人公から身長低い設定無くなってます?

  • N1-1へのコメント

    最初から読みました。最高です。これからもよろしくお願いします。

  • プロローグ「今日も二人は」へのコメント

    待ってた

  • 4-2へのコメント

    百道、キャラが立っている敵役ですね!

  • 1-2へのコメント

    熱いですね。
    実に、空気出来てますよ

  • 1-1へのコメント

    ちぇりーの頃は、どきどきが溢れます(*´ω`*)

  • 一色葵の好きなもの(3)へのコメント

    葵、可愛い。煎餅は今だによく分らんけど。

  • 10-1へのコメント

    これもアニメで観たいですね〜。出版されるしアニメ化頑張ってください。

  • 11-2へのコメント

     一つ言うとしたら、チャレンジトーナメントが始まってからのS・P・Tのパワーバランスが可笑しいと思う。
     アカリが勝ち進むのは物語的に良いのかもしれないけど、思考速度だけでテクニックやパワーを上回った力を出して、反射神経だけで一般人がゲーム内のMaxスピードを超えるのは、ちょっと行き過ぎかな。

  • 4-1へのコメント

    書籍化おめでとうございます。
    最近読み始めましたが面白かったです。

    書籍化の際直されると思いますが、念のため誤字報告

    >プラネットにおける最高峰、さらにその頂点の戦い
    最高峰は「トップクラス」ではなく「トップ」を表す言葉なので、さらに~が不要ではないかと思います。

  • 8-4へのコメント

    首もげろ(最大級の応援)

  • 8-1へのコメント

    えろてすく?(腕が伸びるのは大抵ぐろてすくでは・・・

  • 7-2へのコメント

    被られたい・・・!(カツラ並の感想)

  • 7-1へのコメント

    禿!禿!禿!

  • 6-1へのコメント

    「◯きぶりー」

  • 5-3へのコメント

    これも完全主義者《パーフェクショニスト》だ
    (目を逸らさない勇気)(虚ろな目)

  • 4-3へのコメント

    A1の決め台詞がフレイザード様過ぎる。
    フレイザード様大好きだけど

  • 4-2へのコメント

    スモトリニンジャクランかな?
    こんな感じのネタ構成生主見たことあるような,,,

  • 1-2へのコメント

    墨式のモデルの拳法って何になります?
    何となく似た技みたいなのは見たことあるんですが
    陸奥圓明流とかすごく似てる気がする

    最新話までよんできました。
    ぱぱっと確認した感じ、《雷、青龍、白虎》っぽい動きがありましたね。
    特に《雷》はまんま《正》な形体な感じ。
    やっぱとてもよくおとし込まれた作品だ、と思いましたね。

    作者からの返信

    コメント色々ありがとうございます。
    明確にこれ! というモデルは無いのですが、修羅の門はかなり好きなので、陸奥圓明流の影響は無意識に受けてるだろうな〜と思います。鋭い!

    2017年6月6日 01:50

  • 1-1へのコメント

    ここ最近読んだなかで一番臨場感の出てる戦闘シーンだと思います
    駒送りやスローモーの様に流れてく思考のシーンて珍しい

  • 10-1へのコメント

    戦闘時の描写が毎度脳内で組み立てられるくらいに丁寧で読みやすいです。頑張ってください!!

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。煎餅(チーズ)を進呈します。
    戦闘を褒められるのは嬉しいですね!頼むから脳内で組み立ててくれ〜、組み立ってくれ〜!と思っています。実際かなり難しい部分でもあるので。

    2017年4月14日 01:54

  • 4-3へのコメント

    omosiroi kenoyama

    作者からの返信

    arigatou gozaimasu.
    osenbei ageru!!

    2017年4月11日 00:45

  • 9-3へのコメント

    一気に読んだ

    アクション素晴らしいです

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。煎餅(黒こしょう)を進呈します。
    この分量を一気とは凄いですね……。アクションは書いていて楽しいです。戦いの細かい内容は決めずに書き始めるので、その場の勢いで色んな事が起きます。最新話のフィニッシュは予期せぬ形でした。

    2017年4月6日 00:50

  • 8-2へのコメント

    アカリちゃん!ますます好きになりました!
    たびびとさんが登場人物を魅力的に描写するのが上手いことは数年前から知ってましたが、本作では尺の割き方が完璧ですごいと感じてます。
    前節のドラゴンマンは、非常にインパクトがあり魅力的ですが、主人公と直接関わらないのでバックボーンには深く踏み込まず短く纏めている。
    一方、アカリちゃんは!鋭一と対戦する訳だからがっつりと掘り下げてそりゃもう人気キャラになりますよこれは!
    この子ならサドンデス王者から初撃を奪うかもしれないと期待させられたし、鋭一有利のヒキでも、このまま終わるわけがないと強く確信させてくれてるので次回が楽しみです!

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。煎餅(かにせん)を進呈します。
    尺や全体の流れなどは、一般の少年漫画なら大体こうなるだろうな、という感覚のもとに作られています。
    Yamatoやドラゴンマンは役割的には名無しのモブでも良いといえば良いのですが、こういうキャラでも何かひとつ面白いとこがあるといいなあと思います。
    アカリは、この立ち位置のキャラで人気出なかったらとても悲しいので、この回は好評で心底ほっとしました。こわいね。

    2017年4月6日 00:42

  • 8-2へのコメント

    ホント最高に面白いです。Aちゃんもアカリさんもかっこよすぎる……。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。煎餅(カレー味)を進呈します。
    冒頭のアカリの内面は「頼むから人気出てくれ」と思いながら書きました。気に入って貰えたなら超幸いです。2人の戦いの結末を見守ってください。

    2017年2月26日 22:03

  • 8-1へのコメント

    「キミの初撃(はじめて)、頂いちゃうぞ?」すごくキャラが立ってて良い台詞だと思いました。鋭一がサドンデス王者だからこそ出てきた、この二人でなければ成立しない素敵な台詞回しです。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。煎餅(えびせん)を進呈します。
    キャラクター的にも、作者的にも「口をついて出た」という感じのセリフです。ひとつの奇跡ですね。アカリは頭の良い子なので、このくらいはやるでしょう。

    2017年2月26日 21:59

  • 5-3へのコメント

    安田ー
    いや、言っておかないとと思いまして……。
    いいキャラすぎる感じがこの話だけでわかるのが凄いです。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。煎餅(青のり)を進呈します。
    この回は読んだ皆さん口を揃えて「安田ァ!」って叫んでいるので、マジで上手くいってよかったなあと思います。果たして次に戦う時、彼はちゃんと格を保っていられるんでしょうか。保ってるといいですねえ。

    2017年2月26日 21:57 編集済

  • 6-2へのコメント

    ここまで拝読しました。
    プラネットですごす時間を通じてすこしずつ変わりはじめた鋭一さんと葵さんが、今後どうなっていくのか、続きもたのしみにしています。

    作者からの返信

    コメントにレビューまで、ありがとうございます。
    レビューにも書かれた通りまだ先は長くなりそうです。
    10万字で完結しないしコンテスト期間内の完結も無理そう。
    ゆっくり見守っていただければと思います。煎餅(たまり醤油)を進呈します。

    2017年1月25日 21:24

  • 4-1へのコメント

    くっそ最高に面白いです。次もメッチャ期待してます。

    作者からの返信

    ホントいつもありがとうございます。なるべく次回以降もくっそ最高になるようにします。

    2017年1月6日 22:11

  • 1-1へのコメント

    素晴らしい。
    ボーイミーツガールの本領を見た思いです。
    男子たるものなら誰もが鮮烈な体験になるだろう描写が冴え渡って、運動の躍動感とクールな描写が胸元を揺さぶるようです。

    ドキドキしました。
    同じ体験をした気がしました。最初の最初にしてこれなら、最後まで読み終えた時全力疾走フルマラソンで済むのかという危惧さえ覚えてしまいます。
    少しずつ、読ませていただきますね。

    作者からの返信

    そんなにまで言われるほどのボーイミーツガールを自分が書いたと思うとなんだか不思議ですね。ホント不思議。やればできるものです。どうぞ順を追ってお楽しみください

    2017年1月5日 21:51

  • 4-1へのコメント

    ああ面白い。早く次が読みたい。

    作者からの返信

    ありがとうございます! シンプルに絶賛される! こんな嬉しいこともない。少しでも早く更新できるようになんとかしたいです。

    2017年1月5日 21:49