弐 討妖

 何度経験しても、力場の風景は薄気味悪い。


 長さの尺度が歪んで、奥行きが消える。そこにあったはずの建物は、地面に染め抜かれた絵に成り代わる。狭いはずの路地が道場よりも広く押し延べられる。夜でもなく昼でもない薄明るさは、まるでおうが時だ。


 娘が目をしばたたかせた。


「あんたはんたち、動けはりますの?」

「動けるよ。助太刀するって言ったでしょ?」


 おれの言葉に、斎藤さんもうなずく。


「環を成そうとする者と環を断つ者だ」

「ちなみに、おれが前者で、斎藤さんはあんたと同じく生まれつきの環の持ち主だよ」


 志士たちの姿が変化する。体が膨れ上がって毛むくじゃらの野獣と化して、着物が破れて弾けた。爛々らんらんと光る両目から理性が欠け落ちる。全部で九体。


「こんなん、大したことあらへんわ」

「公平に三匹ずつ倒すってことでどう?」


 おれが提案すると、娘は悪態をついた。


「あんたはん、先に一匹倒さはったでしょう。公平と違います」

「細かいこと気にしないでよ」

「助言しますえ。大雑把な男の人なんて、京都の女は鼻にも引っ掛けまへん」

「それは困るな。京都には、あんたみたいにかわいい子がたくさんいるのに」


 軽口を叩きながら、妖の志士の様子を見やる。かしらはどいつだ? 完全に理性が飛んだ阿呆は問題ないけれど、知恵の回るやつがいると面倒だ。かろうじて言葉のわかるやつに指示を出して群れで襲おうとする。


 赤く燃える目と、ばちりと視線が絡み合った。ああ、こいつか。


「邪魔、するナッちゃ。池田屋、行カンとナラン」

「池田屋? そこであんたたちの仲間が密談をしてるんだね?」

「邪魔スルナッチャ。邪魔スル者、殺スコロスコロスコロスコロス!」


 斎藤さんと、一瞬の目配せで会話する。おれがあいつをやるよ。向かって左の、かしららしきあいつとその周辺。斎藤さんは反対側からよろしく。


 承知、と鋭い斎藤さんの声が視線の中に聞こえた。斎藤さんの剣が鞘走る。


 おれは地面を蹴って飛び出した。


 一歩、沈み込むように低く構える。二歩、牙をくように刀を身に引き付ける。そして三歩目、すでに標的はおれの間合いにある。


 刀を繰り出す。


 一突き。肥大した妖の心臓が、びくりと打ち震えて沈黙する。


 刀を引き抜く。振り向きざまに、けの斬撃。背後を取ろうとした妖の志士が、血を撒き散らして引っ繰り返る。まだ死んでいない。腹に飛び乗って心臓を仕留める。


 生臭い返り血。右手に伝わる短い断末魔。ぞくぞくと背筋を這い上がる興奮。思わず顔を上げて微笑む。さあ、次は誰が死にたい?


 突然、太い水柱が地面から噴き上がった。


「水之イマシメ、簡単には抜け出されへんえ?」


 胸の前で両手を合わせた娘が四方をにらむ。無傷だった妖の志士が五体、すべて水柱の内側に閉じ込められて、ごぽごぽと気泡を口から吐きながら、もがいている。


 娘の右手の甲の環が鮮やかに輝いている。全身から立ち上る気が風のように、結い髪からこぼれた毛を舞わせる。淡く光る白い肌がひどくなまめかしくて、一瞬、見惚れそうになった。


 いや、何を考えてるんだか。自分自身を軽く笑い飛ばして、手近な標的に刀を一閃する。水柱ごと、野獣と化した首が飛んだ。降りかかるしぶきは血じゃなくて、涼しい香りのする水だ。


 視界の隅で、斎藤さんがもう一体、倒すのが見えた。おれも負けていられない。一、二歩、短く駆けて次の標的をほふる。


「約束と違いますやろ!」


 怒った声が飛んでくると同時に、斬り掛かろうと狙いを定めていた水柱が、鋭い音を立てて凍った。きらきらと氷片が飛ぶ。


「約束って?」


 振り返ると、娘は荒っぽい仕草で印を結んで、ぱんっと両手を合わせた。


「三匹ずついう割り当てやったのに!」


 二本だけ残る氷の柱が砕け散った。中にとらわれていた妖の志士も同時にだ。鮮やかな術だった。


「あんた、けっこう怖いね」


 娘に笑いかけてやった瞬間、妖の志士たちが創っていた力場が崩壊して、京都の夏の夜が戻ってきた。


 蒸し暑い。そこここに死体が転がって、地に落ちた提灯が、張られた皮ごと燃えている。


 斎藤さんが刀を鞘に収めた。眉間のしわが深い。


「あいつら、池田屋と言った。場所は木屋町三条の北西だ」

「ということは、近藤さんが受け持ってる範囲? まずいね。あっちは人数が少ない」


「沖田さん、まっすぐ近藤さんの加勢に行け。オレが土方さんに知らせる」

「わかった。できるだけ急いでよ。そうじゃなきゃ、応援が到着するより前に、おれたちだけで尊攘派を片付けちまうから」

「承知」


 おれは刀をしまった。おれのそばに戻ってきたヤミが、するすると身軽に、おれの肩によじ登る。そして駆け出そうとした、その途端。


「待って!」


 おれは袖をつかまれて振り返った。羽織のすそをつかまれた斎藤さんは、おもしろいほど跳びのきながら身構えた。おれと斎藤さんを呼び止めた娘が、膨れっ面で宣言した。


「うちも行きます」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る