第13話 崩壊したバスハウスの中で


響詩郎きょうしろう! 弥生やよい! どこにいるの?」


 雷奈らいなは用心しながらもあせる気持ちを抑えきれず、敵が潜んでいるかもしれないバスハウスの中に躊躇ちゅうちょなく踏み込んでいった。

 カラスの妖魔がまだ姿を見せていないことが気になっていたが、バスハウス内の惨憺さんたんたる状況を目の当たりにすると雷奈らいなはやはり胸騒ぎを禁じ得なかった。


 散乱した家財道具を踏み越えながら、雷奈らいなと白雪は2階部分に進入していく。

 1階部分と同様に荒れ果てた自分の部屋の中を雷奈らいなはザッと見回した。

 すると倒れたベッドと壁の隙間すきまにかけられた毛布がモゾモゾと動き、中から何者かが現れた。

 思わず身構えた雷奈らいなは、現れた人物の顔を見て安堵あんどの声をらした。


「や、弥生やよい!」


 姿を現したのは響智ぜんち内供ないぐの孫娘、弥生やよいだった。 


雷奈らいなさん……」


 弥生やよいはまだ意識がハッキリとしていない様子で、ヨロヨロとおぼつかない足取りのまま歩み出てくるところを雷奈らいなは慌てて支えてやった。

 弥生やよいの細い肩に手を置くと、雷奈らいなは彼女を気遣きづかいながら声をかけた。


「大丈夫? ケガはない?」

「……はい。少し体を打っただけです」


 そう言って弱々しい微笑みを雷奈らいなに向けると、弥生やよいはめちゃくちゃに荒れ果てた部屋の中を見回して思わず口に手を当てた。


「ひどい……一体、何が?」

「何も覚えていないのね。敵に襲われたのよ。響詩郎きょうしろうの姿を見なかった?」


 雷奈らいなの問いに弥生やよいは首を横に振った。


「そう……響詩郎きょうしろう! いるなら返事をしなさい」


 駄目もとで声を張り上げながら雷奈らいなは部屋の中を一通り探し回ったが、返事は無く響詩郎きょうしろうの姿も見当たらなかった。

 雷奈らいな弥生やよいが姿を現したベッドの隙間すきまに近づき、毛布を手に取った。


「……多分、響詩郎きょうしろうはあなたを守ったんだわ。弥生やよい

「えっ?」


 驚きの表情を浮かべる弥生やよい雷奈らいなは落ち着いた口調で尋ねた。


弥生やよい。この部屋にあるべきではないニオイが残ってない?」

「あるべきではないニオイ、ですね」


 雷奈らいなの言葉を繰り返すと、弥生やよいは注意深く嗅覚を研ぎ澄ませてうなづいた。


「残っています。この前のカラスの妖魔と人間の女の子。女の子のほうは密航船に残っていたニオイと同じです。最初にカラスの妖魔に襲われたときもそうだったんですけど、たぶんこの女の子が結界士で、妖魔の気配をニオイごと隠してるんだと思います」

「やっぱり」


 雷奈らいなは確信を得た表情を見せた。

 彼女はここで起きたであろう出来事を瞬時に悟った。

 外にいた2人組、サバドとフリッガーに雷奈らいなを襲わせている隙に、結界士の少女によって身を隠したカラス男が響詩郎きょうしろうを襲ったのだ。

 弥生やよいだけが無事だったところを見ると、おそらく響詩郎きょうしろうはとっさに彼女をこの隙間すきまに隠したのだろう。

 そしてここに死体がないということは、響詩郎きょうしろうは何らかの理由によってカラス男に連れ去られたのだ。

 そう思い至った雷奈らいなくちびるを噛んだ。


響詩郎きょうしろうはさらわれたんだわ」


 雷奈らいなの言葉に弥生やよいは動揺して上ずった声を上げた。


「そ、そんな」


 動揺する弥生やよいの両肩を雷奈らいなは優しく、だが確かな力を込めて両手でつかんだ。


弥生やよい。この部屋に残っているニオイの痕跡こんせきをしっかり記憶しておいて。あなたの鼻が頼りよ」


 落ち着かせるようにそう言う雷奈らいなの言葉に弥生やよいは神妙な顔でうなづき、残されたニオイを捉えようと部屋の中をくまなく見て回った。

 敵に結界士がいる以上、弥生やよいの鼻がどんなに優れていても敵のしっぽを捉える事は出来ないかもしれない。

 だが悠長には構えていられない。

 誘拐ゆうかいされたということは、敵は今すぐ響詩郎きょうしろうを殺す意思は無いということではあったが、いつまでもそうであるという保証はない。

 ましてや響詩郎きょうしろうの命は【死の刻限】によってわずかな猶予しか残されていないのだ。

 響詩郎きょうしろうを救い出すならば一分一秒でも早くしなければならない。

 胃の奥からせり上がってくるようなあせりを飲み込んで、雷奈らいな響詩郎きょうしろう救出の決意を固めた。


「私の響詩郎きょうしろうさまがさらわれた?」


 そんな雷奈らいなの気持ちを逆撫さかなでするように背後から声がかけられる。

 雷奈らいな苛立いらだって振り向きざまに声を荒げた。


「いつ響詩郎きょうしろうがあなたのものになったのかしら?」


 だが雷奈らいなの剣幕も暖簾のれんに腕押しといった風に白雪は自分の考えを述べる。


「いないのであれば探しましょう。もちろん私も響詩郎きょうしろうさまの奪還に参加します。あくまでもおしたいする響詩郎きょうしろうさまのための自発的な参加ですので、御代についてはご心配なく」


 弥生やよいは初めて見る白雪の姿を不思議そうに見つめたが、話の内容からして響詩郎きょうしろう雷奈らいなの知り合いであることは理解できた。

 雷奈らいなはじっと白雪の目を見据える。

 世間知らずのお姫様が感情のままに口走った言葉かと思ったが、白雪の目には強い光が浮かんでおり、その腹が据わっていることをうかがわせる。

 先ほど見た白雪の腕前を考えれば加勢はありがたい。

 そう思いながらも雷奈らいなは釘を刺すことを忘れなかった。


「ふん。いいわ。ただし一つだけ約束しなさい。自分勝手な行動は控えてもらうわよ。響詩郎きょうしろうを救出するという結果を何よりも重視して私に協力してもらうわ」


 初対面の相手と共闘するとなれば、互いが我を通そうとすれば返って戦況を悪くしかねない。

 自滅することだけは避けなければならないのだ。

 自分が倒れれば響詩郎きょうしろうは助からない。

 雷奈らいなは固くきもめいじた。


「約束を守る義務はありませんが、響詩郎きょうしろうさまを救出することは何よりも重要です。共闘に異存はありません。紫水しすいにも協力させましょう。ただし、先ほど私があなたの命を救ったという点はお忘れなきよう」


 そう言う白雪の目は、穏やかながら譲らない強さを秘めた光を帯びていた。


「いいわ。借り一つね。それは後で聞いてあげる」


 憮然ぶぜんとした表情で雷奈らいなは白雪の条件を認めた。

 その時、部屋の隅で弥生やよいが声を上げた。


「結界士の護符のカケラを見つけました」


 雷奈らいなが振り返ると弥生やよいは床に顔をピタリとつけて、家具の隙間すきまに入れていた手を引き抜いた。

 彼女の小さな手の平には、小指ほどの小さな紙片が乗せられていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます