第12話 初対面! 雷奈と白雪

 バスハウスの外での戦いが決した後、雷奈らいなは即座にケータイを取り出して警察に連絡を取り、容疑者の連行を依頼した。

 そして振り返ると雷奈らいなは自分の後方にいる一人の人物に視線を送る。

 そこには先ほどサバドと黒い亡者どもを討ち果たした魔界の姫君が立っていた。

 彼女は雷奈らいなと目を合わせると腰を折って優雅な仕草でお辞儀をしてみせる。


「お初にお目にかかります。鬼ヶ崎おにがさき雷奈らいなさん。私は風弓かざゆみ白雪しらゆき響詩郎きょうしろうさまをお助けするためにせ参じました」


 雷奈らいなはじっとその姿を見据えると、固い表情のまま低い声で言った。


「そう。助けてくれたことには礼を言うわ。けど今は悠長に挨拶あいさつしてる場合じゃないわね」


 雷奈らいなの言葉に白雪も神妙な表情でうなづいた。


「そのようですね」


 いつしか白雪の背後には腹心の部下たる紫水しすいが控えていた。

 白雪は前を向いたまま紫水しすいに命じる。


紫水しすい。この者たちは響詩郎きょうしろうさまに乱暴を働こうとした不届き者です。警察が来るまでこの場にてしっかり見張っているように」


 そう言って白雪は倒れている2体の妖魔を指差した。

 穏やかだがりんとしたその声に紫水しすい背筋せすじをピシッと伸ばしてうやうやしく応じる。


おおせのままに」


 その言葉に満足げな表情を浮かべると白雪は雷奈らいなとともにバスハウスに向かって駆け出した。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます