父と行く最後のお祭り

作者 ペーンネームはまだ無い

6

3人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

本作を読んで感じたのは、「人情」という言葉でした。

人は必ず変わっていくものですが、変わらずに伝えていきたいものが神社、屋台、祭りといったものにこめられているのではないないかと。

そして、そうしたものを純粋に受け取れるのは子供なのだなと思います。

気持ちが温かくなる物語でした!