四十路のキャロルを迎える頃には(クリスマスキャロルの頃には改)

替え歌作りました。


四十路のキャロルを迎える頃には

僕が望む答えと出会えているのかな


四十路のキャロルを迎える頃には

何が大切なのか今は見えなくても


この手を少し伸ばせば届いていたのに

努力か何か足りない夢とすれ違い


自分を決めつけ過ぎていて

心がよそ見できないのさ


四十路のキャロルを迎えた後でも

心の声を聴いてもっと素直でいよう


四十路のキャロルを迎えた後でも

何が大切なのかいつも考えたい


四十路のキャロルが聞こえる頃には

どういう春が僕にやって来るのだろうか

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

ぴろろーぐ ぴろる @piloru

★で称える ヘルプ

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ