3)「ジェンキンス家の災難」②

 あの時、ウィンディは、席を立った父親が通路を歩いていくのを見送った後、しばらく外の景色を見つめていた。

 それが、父の姿を見る最後になるとはその時は考えもしなかった。

 やがて景色を眺めるのにも飽きたウィンディは、車内の乗客たちに目を移した。

 居眠りする者。何かを熱心に話し合う者たち。本を読む者と乗客は様々だった。

 その中の同い年くらいの少女と目があった。

 少女は、ウィンディの視線に気が付くとにこりと微笑んでみせた。

 その笑顔は見とれてしまうほど美しくチャーミングだった。

 ウィンディは、照れ臭くなって思わず視線を外してしまったが、少し間をおいてからもう一度、少女を見てみた。少女はまだウィンディの方を見て微笑んでくれている。

 髪の色が白に近いブロンドで肌も驚く程、白い。上等そうな黒いドレスがとても似合っている。

 あなたも退屈?

 話しかけられるほど近くにはいないが、ウィンディは、彼女にそう言われたような気がした。

 それは気のせいではなかったようだ。見ると彼女は、通路の奥を指差している。

 ねえ、行きましょうよ。

 今度は少女に、そう言われた気がした。

 黒いドレスの少女は、席から降りると車両の奥に歩いていった。

 ウィンディが席から身を乗り出し様子を見ると、少女は、ウィンディに向かって手招きしていた。ウィンディは、うたた寝している母親に気づかれぬようにそっと席から立つと、少女の後についていった。

 いくつかの車掌を通り抜けると奇妙な客車に辿り着いた。

 貸し切りのようで入り口には制服を着た男たちが番をしていたが、黒いドレスの少女が近づくと、まるで女王が通るかのように男たちが恭しく道を空けてくれ、扉まで開けてくれた。


 さあ、おいでなさいな。


 ウィンディは、制服の男たちの横を恐る恐る抜け、車両へ入ると、中は列車の中とは思えないほど豪華だった。テーブルも椅子も普通の客車のものとはまるで違う。

 黒いドレスの少女は、テーブル席に座ってウィンディを手招きしていた。

 ウィンディは、テーブルまで歩いていくと少女の前の席に座った。

「私は、レイミア」

 少女は、この時、初めて口を開いた。

「あなた、お名前は?」

「わ、わたしはウィンディ。これからワシントンに行くの」

「ワシントン? 行ったことはないけど、たしか都会よね」

「うん、ママもそう言ってた」

「私も一度、行ってみたい」

「レイミアは、どこへ行くの?」

「私? 私はね……よくわからない」

「行き先……知らないの?」

 レイミアは頷いた。

「待ってる人たちがいるの。私は送り届けられるだけ」

 レイミアは、そう言って微笑んだ。

「それじゃ、なんだか、荷物みたい」

「あはは、笑えるわ。そうね。私は荷物と同じよ」

「あ……ごめん」

「いいえ、楽しいわ。普段、私にそんな口をきく者などいないんだもの」

 レイミアは、そう言うとじっとウィンディの目を見つめた。

 その魅力的な目を見ていると、なぜか身体の力が抜けてくるようだ。

「私、ウィンディのことが好きになったわ」

「本当に? じゃあ、友達にならない?」

「友達……」

「嫌?」

「そんな事ない。ただ、新しいお友達は、随分久しぶりだから」

「わたしもひさしぶり」

「私たち良いお友達になれそうね」

「じゃあ、握手しましょう。友達になったあかしとして」

 ウィンディがにこりとして→手を差し出した。

「握手……」

「握手嫌い?」

「いえ、違うの」

 レイミアは戸惑いながらその手を握る。

「レイミアの手、冷たいわ」

「ごめんなさい」

「謝らなくていいよ。それに冷たくて気持いい。列車の中って少し暑いしね」

 そう言ってウィンディはにこりと笑った。

「あなた、いい子ね」

 レイミアもつられて微笑む。

「そうだ、ウィンディ。いい事を教えてあげるわ」

 レイミアは思い出したように言った。

「あなたは、どこかに隠れた方がいい」

「隠れる? なんで?」

「この列車に、とても悪いことが起きるからよ」


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます