1)ガンマン探偵、酒場で騒動を起こす

 

 その酒場に入ってきたガンマンは少し変わっていた。

 背は小柄。

 黒いスーツに幅の広いネクタイを締めていてどちらかといえば、都会的な服装だ。

 それでいて被っているのはカウボーイが好むテンガロンハットという出で立ちだった。

 二つのガンベルトを腰に巻き、それぞれ双方のホルスターには手の行き届いた36口径のネイビーリボルバーがグリップを正面に向けて収められている。

 バーテンは、グラスを拭きながら入ってきたガンマンの方を見た。

 よそ者は珍しくない。

 鉄道が引かれてからは、そういった客も多くなっていた。

 ガンマンは、入り口で立ち止まっていた。

 店内を見定めているようだった。

 バーテンと視線が合うと黒いスーツのガンマンは軽く会釈した。


 テーブル席では、三人の男がポーカーを楽しんでいる。

 テーブルの様子からすると、どうやらもうひとりのプレイヤーがいたらしい。

 カウンターには、別の男がひとりで酒を飲んでいた。

 恐らくこの男が四人目のプレイヤーだ。大方、負けが続いたので小休止しているといったところだろう。

 案の定、カウンターで一人の男が飲んでいた。

 テーブルの男たちと何やら言い合っているところをみるとやはり仲間なのだろう。

 ガンマンは、カウンターに向かうとその男から少し離れた場所に場所を取った。

 

「ウィスキー」

 バーテンにそう注文した後、かぶっていたテンガロンハットを取った。

 窮屈だったのか後ろに縛っていた髪の束をほどくと短いながら美しいブロンドの髪が広がった。首を振るとショートカットの髪は乱れたが、それほど悪い形にはならず、むしろ程良い感じに広がっていた。

 バーテンもカウンター席の男もそこで、そのガンマンが女であることに気がついた。


「こりゃ、たまげた。気取った男が入ってきたかと思ったら綺麗なご婦人レディだぜ」

 ブロンドの女ガンマンは、そう言ってきた男の方を見るとニッコリと愛想笑いをしてみせた。

「なあ、あんた。ちょっと興味本位で聞きたいんだが、なんでそんな格好をしてるんだ? それはどう見ても男物の服装だよな」

 男はそう訪ねた。

「ドレスを着てるより、この格好の方が目を惹くでしょ? 特にのね」

 男の質問に女ガンマンは顔も向けずにそう答えると出されたグラスの酒を一気に飲み干した。

「たしかにそのとおりだ」

 男は笑った。

「それに飲みっぷりも気に入ったぜ」

 男はバーテンを呼んだ。

「このご婦人の分は俺にツケておいてくれ」

 空になったグラスにウィスキーが注がれた。女ガンマンは、男にウィスキーで満たされたグラスを掲げてみせた。

 男は、ニヤリと笑ってみせると飲みかけのグラスを持ちながら男装のガンマンの横に近づいていった。

「お酒、ありがとう」

 女ガンマンは言った。

「いいさ」

 男はそう答えると女ガンマンの銃を指差した。

「その銃は本物かい?」

「質問が多いのね」

「ああ、悪い癖でね」

 男はそう言って汚れた歯をむき出しにして笑う。

「この銃は本物よ」

 女ガンマンは、ポンとコルトのグリップを叩いて見せた。

「だけど弾は入っていないわ。見せかけの銃なのよ」

「なんだ? そりゃ 銃に弾が入ってなければ何の役にも立たないだろう」

「銃を持っていますって、見せておくだけで変にちょっかいだしてくる奴もいないから、これはこれで護身用になってるわ」

「二丁もかい?」

「少ないより多い方がいいでしょ」

 女ガンマンは、そう言ってグラスのウィスキーを一気に飲み干した。 

「いい飲みっぷりだな。ますます気に入ったぜ。もう一杯飲むかい?」

「ええ、それもおごり?」

「もちろんだ」

 空のグラスに追加のウィスキーが注がれた。男装の女ガンマンは、それもまた一気に飲み干すと男の肩にわざとらしくしなだれた。

「ねえ、あなたの銃を見せてくれる? 私、が使っているを見てみたいの」

 その言葉に男は機嫌が良くなったのか、にやりと笑う。

「ああ、かまわねえ」

 男はホルスターから銃を抜くと目の前にかざした。

「ねえ、持たせてくれる?」

 男は少し迷ったが、相手は女だ。何かすることもないと思い、自分の銃を渡した。

 女は銃を受け取ると嬉しそうにしてみせた。

「やっぱり、弾が入っていると重いのね」

「まあ、そうだろうさ」

 女ガンマンは、銃を受け取った銃を物珍しそうに見た。

「よく使い込まれた銃だわ。素敵ね」

「わかるのか?」

「まあね」

「そうだろ。まさに真の男が持つ銃さ」

「ねえ、聞きたいんだけど、これで人を撃ったことある?」

「あるよ」

 男はあっさり答えた。

「本当? この銃で?」

「本当さ。何人も撃った」

「殺したの?」

 男は、誰かに聞こえないようにと周囲を見渡した後、手招きした。ブロンドの女ガンマンは耳を近づけた。

「最近も、二人殺ったばかりだ」

「本当に?」

 女ガンマンは大げさに驚いてみせた。

「実は、列車を襲ったんだ。その時に護衛を二人殺ったんだ」

「まさか、冗談でしょ?」

「本当さ。だから今は金持ちなんだぜ? だからどうだ? この俺と上で……」

 男は女ガンマンの肩を抱いいて引き寄せようとした。

「ちょ、ちょっと……」

「いいじゃねえか」

 女ガンマンは、肩から男の手をどけた。

「そうね……あなたの話が本当なら考えてもいいわよ」

「だから本当だって言ってるだろ。盗った金も二階の部屋に隠してある」

 男は自慢げにそう言った。

「わかった、信じるわ」

「決まりだな。ならすぐに……」

「ちょっと待って。先に言っておきたいんだけど、あなたは勘違いしていることがいくつかあるわよ」

「へえ、なんだい?」

「あなたが列車を襲ったのは本当の事ね。でも、二人殺ったというのは間抜けな勘違いだわ」

「ん?」

 男は女ガンマンの言葉に眉をしかめた。

「一人は瀕死の重傷だっだけど一命をとりとめた」

 その言葉に男の顔つきが変わった。さっきまでのニヤケ顔は、すでにない。

「それと、この件で何人かの人間を怒らせた。一人は鉄道会社の偉いさん。もう一人は、銀行の偉いさん。そしてもう一人は、この私」

 女ガンマンの持っていた銃がゆっくりと男の額に向けられる。

「あんたが、ジョン・ファーゴ?」

「てめえ、誰だ!」

 男は、動揺しながら女に言った。

「私は、ピンカートン探偵社のミッシェル・ナイト」

「探偵社?」

「そう。そして撃たれたのは私の同僚。おわかり? この間抜け」

 

 ポーカーをしていた仲間たちがカウンターで銃を突きつけられているファーゴの様子に気づいた。

「てめえ、なにしてやがる!」

 ファーゴの仲間たちが銃を抜こうとグリップに手をかけたその時だった。

 酒場のドアが勢いよく開かれる。

「よーし、ゴロツキども! おかしな真似をしたらこの俺が喜んでお前らのド頭を吹き飛ばしてやるそ!」

 入ってきたのは、ウィンチェスターライフルを構えた黒いスーツの男だった。銃口をファーゴの仲間たちに向けて怒鳴った。

 ライフルの銃口を向けられた仲間たちは、ゆっくりと銃のグリップからゆっくりと手を放す。

 ライフルを構えた黒いスーツ姿の男は続けた。

「おい! ジョン・ファーゴ! カンザスでの列車強盗及び殺人、殺人未遂、その他もろもろの容疑で鉄道会社と銀行から賞金がかけられてる。観念して俺たちに捕まるんだな」

「くたばれ!」

 ファーゴは、額に銃を当てられながらヤケクソになって叫んだ。

「ああ、そのとおりにしてやるさ」

 ミッシェルはそう言うとコルトの銃口をファーゴの額に押し付けた。

「よせ、ミシェル。そいつは、生きたまま逮捕だ」

 ライフルを構えた男が男装のガンマンがそう言って止めに入る。

「何故? こいつはどうせ、縛り首にするんでしょ? だったら今、殺っても同じじゃない?」

「俺達の雇い主である鉄道会社は見せしめにしたいんだ。顧客の要望にはそわないとならないからな」

「ちっ! 仕方がないわね」

 ミッシェルは舌打ちすると撃鉄をゆっくりと元に戻した。

 命拾いしたファーゴは生唾を飲み込んだ。

 その時だ。

 タイミング悪く酒場に他の客たちが入ってきた。

 入ってきた客たちにミッシェルの視線が向けられたが、ファーゴはそれを見逃さなかった。自分に向けられた銃を叩き落とした。

 落とされた銃は床に転がっていく。

 ファーゴが落ちた銃に手を伸ばそうとした時、ライフルの弾が手の先の床に穴を開けた。床の破片がファーゴの手に平に突き刺さる。

「おかしな真似はするなと言ってるだろう! このクソヤロー」

 ライフルを構えた男の狙いが今度はフォーゴの方に向けられた。ファーゴの仲間たちはその隙を見逃さなかった。この時とばかりに一斉に銃を抜く。

 その銃口のひとつは、ミッシェルに向けられた。一番最初に響いたのはライフルの銃声だった。ミッシェルを狙った男は、ライフルで撃たれ、隣のテーブルまで吹き飛んでいた。

 次に響いた銃声はカウンターの方だ。

 ミッシェルは左手で銃を引き抜くとが相棒を狙っていた男を撃った。

銃弾が男の右肩を撃ち抜くと、男は銃を落としてうずくまった。

「動くな!」

 その一喝で、二人の仲間を失った一味は動きを止めた。

 だがファーゴだけが最後の抵抗を示す。床に落ちた銃を拾い上げるとミッシェルに向けていた。

「おいおい、聞こえなかったか?」

 ミッシェルは呆れたといった素振りをしてみせた。

「うるせえ! 舐めやがって。だいたい、ガンベルトの銃には弾が入ってねえって言ってたろうか!」

「んなわけあるか、バカ!」

 ミッシェルは、ファーゴにそう言った。

 ファーゴはミッシェルに向けた銃の撃鉄ハンマーに指をかけた。

「おっと、これ以上は余計なことしない方がいいよ。あんた馬鹿なんだからさ」

 ミッシェルは二丁の銃を持っていたが、左手の銃はファーゴの仲間たちに。右手の銃はグリップに手をかけているだけだ。

「バカはおめえだ! その状態で俺より早く撃てるわけがねえ!」

「私は早いよ」

 そう言ってミッシェルはニヤリと笑う。

「それでもやってみる?」

 ファーゴは、ミッシェルの自信のある態度に戸惑ったが、グリップに手はかけているものの撃鉄も引かれていない相手の状態に、先に撃てるのは自分だと確信した。

 ミッシェルは、ファーゴの眼が仕掛ける気でいるのを察知する。

 ファーゴの指が引き金トリガーを引こうとする瞬間、それよりもずっと早く、ミッシェルの右手はコルトを引き抜き、引き金トリガーを引いていた! 放たれた銃弾はファーゴの右肩を撃ち抜いた! 

 持っていた銃は床に落とされ、ファーゴはその場にうずくまった。

「ああ、もう!」

 ミッシェルは首を横に振る。

「馬鹿だから、やるとは思ってたけど……アンタ、本当に頭悪いよね」

 ミッシェルは床に転がった銃を後ろに蹴り飛ばした。

 次に拳銃をテーブルの一味に向ける。

「さあ、アンタ達はどっちがいい? ここで死ぬか、裁判で情状酌量のチャンスを期待するか」

 ミッシェルは、そう言ってファーゴの仲間たちにウインクしてみせた。

 一味は顔を見合わせた後、銃を落とし、両手を上げだした。

 前面降伏だ。


 ミッシェルは、バーテンを呼んだ。

「なんでしょう、ダンナ……いえ、お嬢さん」

 バーテンは、両手を手を上げながら言った。

「あんたは撃たないよ」

「ありがとうございます!」

「お礼を言われてもね……ああ、ところでごめんね。ちょっと店の中、壊しちゃったみたい」

「いえ、そんな……」

「ウィスキーをもう一杯もらえる?」

「は、はい、喜んで」

 恐る恐るグラスに酒を注ぐバーテン。

「今日の飲み代と店の修理代はシカゴのピンカートン探偵社宛てに請求しておいて」

 ミッシェルはそう言うとグラスのウィスキーを一気に飲み干した。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます