2)探偵たちは新しい依頼を受ける

 ピンカートン探偵社のミッシェル・ナイトとコール・ソントンの二人に捕らえられたファーゴ一味は、護送列車へ押し込められた。

 扉が閉められると頑丈そうな鍵が取り付けられた。

 捕らえられたヒューゴは、恨めしそうな顔で鉄格子を握っていた。

 

「引き渡し書にサインをくれ。保安官」

 コールは、懐から書類を一通出すと連絡を受け、ファーゴ一味を引き取りに来た連邦保安官に渡した。

「いい仕事だったな。州をまたがって強盗を繰り返していたヒューゴ一味もこれでお終いだ」

 連邦保安官は書類にサインしながらコールに言った。

「一度見失った時に銀行を襲われた。俺たちが目を話さなければよかったんだが」

「でも、こうして捕まえる事ができたんだ。十分さ。なにも自分でケチをつけなくてもいいと思うがね」

「まあ、俺の悪いクセなんだ」

「ところで、アンタの相棒だが……」

 連邦保安官は、貨物列車のそばで吐いてるミッシェルを見た。

「身体の具合が悪いのか?」

「ああ……いや、あれはその……」


 ミッシェルがようやく胃の中にあったものを出し切ったころ相棒のコールが声をかけた。

「大丈夫か?」

 ミッシェルの顔を覗き込んでコールが言った。

「ああ、たぶん……」

「ほら、こいつを飲むといい」

 連邦保安官がソーダ水の入った瓶をくれた。ミッシェルは受け取ったソーダ水を一気に飲んだ。

「うへ……二日酔いはもうこりごりだ」

「まったく……酒なんて呑めないくせして、無理してウィスキーなんて飲むからだ」

「あそこで呑んだから相手が油断したんでしょ?」

「そうだが、お前の三文芝居にはハラハラさせられたぜ。何が、本物の男の銃が見てみたいだ。聞いてるこっちが恥ずかしくなるぜ」

「な、なにを……!」

 確かに今、思い出すと流れでとはいえ、恥ずかしいセリフだ。

「あ、あいつ、私の魅力にすっかり騙されてたじゃない!」

 ミッシェルは顔を赤くして言った。

「あいつは酔っ払ってたんだよ」

「そんなことない」

 ミッシェルが食い下がる。

「おいおい、あんたら何、揉めているんだ?」

 言い合いをしている二人のところライフルを担いだ男が声をかけた。。

「コール・ソントンにミッシェル・ナイトかい?」

 男はそう尋ねてきた。

「ああ、そうだ」

 コールが言った。

「今回は、お手柄だったな。俺たちは、取り戻した金とヒューゴ一味を護送するためにピンカートン探偵社からやってきたんだ」

 男が指差す方には、盗まれた金を貨物室に積み込む銀行の人間たちがいた。周囲では、ミッシェルたちの同僚である同じピンカートン探偵社の人間がライフルを持って周囲を警戒している。

「金が戻って一安心って感じだろ。あの金は真面目に働いて銀行に預金していた人達の手元に戻るわけだ。アンタたちのお陰でな」

 積み込まれている特別貨物車両のそばでは、銀行関係者がにこやかに握手を交わしている。 

 ミッシェルは、口を拭うと立ち上がった。

「ところで、あんたら二人宛に本社から手紙を預かったんだが」

 そう言って男は封筒を取り出して渡した。

「手紙?」

「次の仕事の事らしいが、詳しいことは聞かされてないんでね。じゃあ、手紙は、確かに渡したぜ」

 男は、コールに手紙を手渡すとウィンチェスターM1873ライフルを担いで列車の方へ戻って行った。

 コールは受け取った手紙の封を開ける。

「なんて書いてあるの?」

 ミッシェルが手紙を覗き込む。

「ロスアラモスの田舎町で事件だと」

「ちょっと遠いわね」

 ミッシェルが手紙を覗き込んだ。

「ウチの調査員が何人か行方不明になった場所らしい」

「行方不明? そりゃ、穏やかな話じゃないよね」

「依頼主は鉄道会社で、会社の路線に勝手に乗り入れてる列車のことでピンカートンに調査を依頼してきた。調査を進めて行き着いた先がこの手紙の場所。で、もっと詳しく調べようと調査員を送り込んだが皆、帰ってこなかったわけだ」

「誰を送ったのかな?」

「ジェームズ・ライリーとヘンリー・アダムズ」

「ライリーとアダムズ? ドジるような連中じゃないよね」

「ああ……なにか、ひっかかるな」

「それで、私達がするのは、行方不明になった調査者の捜索? それとも勝手に路線に入り込んでる厚かましい列車の調査?」

「両方だ」

 ミッシェルは、ため息をついた。

「私、護衛とか、護送とかの仕事の方がいい」

「わがまま言うな。ほんとに、いつも、いつもオマエは……」

「だって、地味な仕事苦手だし。それに……」

 ミッシェルは、何かを言いかけた。

「なんだよ?」

 気になったコールが尋ねる。

「今回は、何か嫌な予感がするんだ……」

 ミッシェルはそうつぶやいた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます