花の名は、特大スターマイン

作者 紺藤 香純

19

9人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

祖父母の暮らしていた懐かしい住まい。
そこのお祭りにて、主人公は、郷愁を覚えます。
あの時もこの時も私には輝かしかった想い出と旅をします。

しかし、ここを仕事の都合で離れなければならない。
そんな折、耳を汚す言葉も聞こえてきます。

最後に、どう思うのでしょうか。

それは、まるで……。

おたのしみください。

★★★ Excellent!!!

群馬県藤岡市の夏物語です。

中々に心情を見せてくれる話でした。

会社で辛いことがあり、花火に逃げる。

その姿を見て、心を強く持つ。

こういう話、大好きです。何があっても、負けない、心の中では。

自然と応援したくなる短編でした!

次の話に期待して、星3つ送らせて頂きます。