34.最北の聖山

 音もなく降り続いていた雪が、あるときに、ぴたりとやんだ。つかのまに吹いた風は、白い嵐を連れ去ってゆく。曇天の下に積もった雪の白が光り、いつもは考えられないくらいにあたりは明るい。わずかずつ隆起しながらえんえんと続いていく雪原の向こうに、黒々とした山がそびえたっている。ふもとと頂上は白くかすんでいてしまっているが、山の威容を知るにはじゅうぶんだった。本来ならば、そこに生き物は寄りつかない。だからこそ、山は今も、あるべき姿を保っている。

 それゆえに、自然を重んじる人々は、この山を『最北の聖山』と呼んだ。


「おおっ! ひょっとして、あれか!」

 雪の深い場所からは抜け出した。それでも白い地面をためらいなく踏みつけて、アントンが歓喜の声をあげる。急ぎ足で彼の隣にやってきたディランは、目陰をさして遠くを見た。あきれるほどまぶしい白銀の大地の果てに、黒くもりあがった山がぽつんとたたずんでいる。頂上付近は靄がかかってよく見えないが、少しとんがっているような気がした。奇妙な光景には違いないが、ディランは不思議と違和感をおぼえなかった。

「うん。あれで間違いないな。……やっと着いた」

 こらえきれずについついこぼした呟きは、白い息とともに吐き出されて、雪の中に溶けこむ。アントンが愉快そうに肩を揺らした。彼のおかげで、二十人越えの集団は、弱音を吐くことなくここまで来られた。なんのかのと言いながら、結局ここまでついてきた盗賊狩り集団は、《魂還しの儀式》の終わりまでを、見届けるつもりなのだろう。口もとに笑みを刻んだディランは、ほかの五人を振り返った。

「もうひと踏ん張りだ。行けるか?」

 言葉はない。けれど誰もが、当然、とばかりにうなずいた。

 目的地が見えたらあとは、ひたすらそれを目指してすすむ。誰かが雪にはまって動けなくなるのを防ぐために、体格のいい男たちが先頭を歩いて雪を踏み固めていった。アントンもまた、陽気に新雪を踏んでいる。大剣さえなければ、雪遊びをしている少年にしか見えないところだろう。

 そうしてしばらく歩いたあと、ゼフィアーが呟いた。

「……不思議だな」

 彼女が何をさして「不思議」と言っているのか、ディランはなんとなくわかった。

 山に近づくにつれ、あたりの雪が少なくなっていっているのだ。今まではあるものすべてが白かったのに、山麓さんろくに近づくと、ごつごつした灰色の岩や木の根などがちらちらのぞくようになっている。

「よく考えたら、あの山も、靄がかかってるだけで雪は積もってないよね」

 チトセが頂上の方を見上げながら呟いた。ゼノン山脈を形成する山々よりはるかに低い『聖山』は、ふもとの近くから頂上を確かめるのも容易だ。

「ひょっとしたら、儀式に使われているのは、そのあたりにも理由があったりするのかしら」

「楽しそうですね……目が輝いてますよ、マリエットさん」

「あら、そう?」

 女性が、風になびく髪を手で押さえながらほほえみを浮かべると、まわりの人々もつられて笑う。そんななかで、トランスがひょいっと肩をすくめた。

「けどまあ、思ったよりきつくなさそうで助かった」

 レビたちの体が小刻みに震えているのに対し、彼は平然としていた。寒さに強いというのは本当らしい。こくこくとうなずく少年少女に向かって、得意気に目を細める。

「でもなあ、油断はいけないぜ」

「ど、どういうことですか?」

「俺たちが過ごしやすいってことは、敵さんにとっても過ごしやすい場所だからだよ」

――そのやりとりに、合わせたわけではなかろうが。一行の右側で雪から顔を出している岩のむこうで、しゅっと何かがこすれる音がした。たまたま岩のそばに立っていたレビが、息をのんで棒を振る。彼の見込みが当たったのか、ややあってカン、と棒が小さく鳴って、光るものが雪の上に落ちた。盗賊狩りの男たちが率先して歩きだし、それを拾い上げる。

「短剣だな」

 拾った本人はそう言って、拾ったものを見せつける。短い刃は、チカリと白くきらめいた。

 人々は、いっせいに身構える。岩陰から、厚手の衣をまとった人が、ぬうっと姿を現した。それだけでなく、今まで身をひそめていた人々が、ここぞとばかりに踏みだしてきて、集団を取り囲む。彼らを見回し、チトセが眉根を寄せた。

「しつこいね、あんたら。殺されても文句いえないよ」

 不埒者と盗賊狩りの人たちを見比べながら、彼女は言う。盗賊たちを倒し――時には殺してその首や財宝を示し、報酬を得る。そんな、彼らの性質を暗に示したうえで元同僚に忠告したつもりだったようだ。が、竜狩人たちは小娘の物言いだからか危機感はそれほど抱かず、むしろ挑発ととったようだ。一気に気色ばんで、武器をにぎりこみ飛びこんでくる。ため息とともにかぶりを振るチトセを、トランスが背中を叩いてなぐさめた。

 今回は、集団と集団のぶつかりあいだ。あっという間に乱戦がはじまり、あたりは怒号と剣撃の音に包まれる。ディランもまた考えるより先に、我先にと走ってくる竜狩人に剣を向ける。あちらこちらで《魂喰らい》の気配がして、酔いそうだった。一人の剣を弾きあげ、振り下ろされた棒を転がってよけながら、あとからあとからやってくる敵をにらみつける。

 なんとかして突破するか、逃げ切るかしなくてはならない。

「ここまで来て殺されるとか、絶対嫌だからな……!」

 やけ気味に呟いて、彼はすぐそばの竜狩人に斬りかかる。獣皮の衣を切り裂いて、かろうじてその奥まで刃が届いたらしい。びりびりと耳障りな音に乗せて、赤い雫が飛び散った。ひるんだ竜狩人に、背後から棒が叩きつけられる。彼は声もあげずに気を失って倒れ伏した。棒をにぎりしめたレビもまた、自暴自棄になっているようで、肩を上下させながらなんとか息をついで、立ち回っているようだった。

 遠くから絶叫があがる。襲撃者のものだとすぐにわかった。アントンたちがいてくれるからこれまでと比べればずいぶん楽だと思う。ただ、この状況がいつまでもつかは、わからなかった。ディランは脅すように剣を構えながら、めまぐるしく思考する。けれどそのとき、ふっ――とおぼえのある風が吹き抜けた気がして、目をみはった。

 次の瞬間、あたりは、風とともにあらわれた白い霧に包まれていた。「なんだ!?」「見えない!」と、あちらこちらから戸惑いの声があがる。

――本当は霧ではない。突風に巻きあげられた雪が、あたりを覆っているのだ。風の中になじみ深い気配を感じ、ディランは我知らず微笑んだ。

『今のうちだ! 山の方に走れ!』

 竜語ドラーゼで鋭く叫ぶ。その意味を悟った味方たちが、武器を収めて駆けだすのがわかった。竜語を理解できない人の方が多いのだが、そういう人々は近くの仲間がうながしてくれている。ディランもまた、迷いなく山の方角へ足を向けた。


 雪煙が薄らぐ中を懸命に走り抜けると、人の怒号が遠ざかる。そして、白が晴れた頃、旅の一行と盗賊狩り集団は、山のふもとへたどり着いていた。子どもたちが肩で息をする。

「に、逃げ切れたか……よかった……」

「戦わずに済んだのはよかったけど、変に体力使った気がする」

 心からほっとしている様子のゼフィアーに対し、チトセは不満そうだ。その後もぶつくさと文句を言う彼女をたしなめたレビが、息を吐く。

「それにしても、運がよかったですね。お天気が味方してくれたんでしょうか」

 ディランは、首をひねる少年に笑いかけた。

「あれは天気じゃない」

「え?」

「上、見てみろ」

 ディランはまっすぐに上空を指さす。彼に誘われ、全員が空をあおいだ。そして、驚きの声をもらす。

「ね、ねえゼフィー。あれって」

「うむ。……竜だ」

 少女の声が、染みいるように響いた。


 空を、竜の影が覆い尽くしていた。自然のありとあらゆる部分をつかさどる竜たちが集まっているのだと、翼の色を見ただけでわかる。群をなして飛ぶ彼らは、何かの行進のように粛々と飛びながらも、時折地上の不届き者たちに攻撃を加えているようだった。――先程、風が雪を巻きあげたように。


「これだけの竜が、集まってくれたのね。……少し水竜が多いかしら?」

 マリエットの呟きは、真実を言いあてているだろう。ディランはほほえみを浮かべたままうなずいた。視線を下ろすと同時に、腕を組んだアントンの姿が目に入る。

「まー、でも、こんだけ集まってくれたなら安心だろ。あとは、ディランたちが行ってやることやれば万事解決! ってか」

「万事解決かどうかはわからないけどもな。確かに、ひとつ決着はつく」

 ゼフィアーがしかつめらしくうなずいた。盗賊狩りの男たちが、力強い声を上げる。

「なら、お頭! ここはひとつ、雑魚どもの相手しませんか!」

「乗りかかった船ってやつっすね」

「どうせなら特等席で見たいしな」

 体格のいい男たちは、大声で騒ぎたてる。ぽかんとする六人をよそに、アントンは楽しげに笑い声を上げていた。こうなることを予想していたのかもしれない。

「そうだな。暴れるだけでいいから簡単だし、いっちょやってやるか!」

 かしらが不敵にそう告げれば、男たちは歓喜の叫びとともに武器を抜く。血気盛んな部下たちを見回したあと、アントンは六人を振り返った。

「――ってわけだから、気にせず山登りしてくれや」

「ありがとう。助かる」

 内心ひどく戸惑いながらも、ディランは笑顔で応じた。アントンも無邪気に笑い、彼の頭を叩いた。

「戻ってこいよ。んで、落ち着いたらいろいろ話そーぜ。ジュメルを肴に酒でも飲むか?」

「酒は苦手だ。あと、ジュメルのこと、根に持ってるのか?」

 一応聞いてみたが、アントンは「そんなんじゃねえって」と明るく言って、手を払う。とっとと行け、とばかりに。ディランはしかたなく肩をすくめると、仲間たちを振りかえる。全員が強くうなずいて、ゼフィアーがかぶり布をつまんでにっと笑った。

「恩に着る。――それでは、行こうか、みんな」

 彼女の号令に背中を押された六人は、こうして黒い山道へと踏みこんだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます