29.狩り

 茶色い大地と灰色の空にまき散らされた血の赤は、やけにさえざえとして映る。

 誰もが突然の事態に我を忘れて立ちすくんだ。それは、後から追いついてきた五人の人間もまた、同じだった。どさり――と竜の体がゆっくり倒れ、そこではじめて、金縛りが解けたようにルルリエが震え、飛びたった。

『ちょっと!』

 金切り声をあげ、刺された竜のそばに寄る。彼女の声に目をさました竜たちがざわめいた。一頭の雌竜が、ルルリエたちのそばに駆けつけた。

『な、なんなのよこれ』

『落ちついてルルリエ。傷は浅いわ』

 雌竜は、刺された竜の傷口に鼻を近づけてそう言った。彼女は続けて指示を出すつもりだったのだろう、その鼻先を群の方向へ持ち上げた。

 だが、ディランは見た。茂みの中で、また何かがきらめいた。刃はまだ竜たちを狙っている。思考する前に走り出す。

「危ない!」

 叫びながら雌竜に飛びついた。予期せぬ突撃に、小柄な竜の体がぐらりと傾く。そのまま、水竜と風竜は折り重なるようにして倒れた。刹那、鋭い刃が突き出される。背中に熱をともなった衝撃が走り、ディランはうめいた。刃先から流れこんだ奔流が、魂をむさぼり食おうと襲ってくる。変化へんげをするときのように、自分の力で全身を覆ったのは無意識のことだった。

 ぐんっ、と背中をひっぱられる感覚に意識を叩き起こされて、ディランは息をのんだ。見れば、かばった風竜がディランの服の背をくわえて飛びあがっている。そのすぐ下を剣の先が通りすぎた。

『申し訳ありません、ディルネオ様』

 雌竜が悔しそうに言う。

『お助けいただいた上に、このような乱暴なまねをしてしまって』

『いや、むしろ助かった。ありがとう』

 微笑んで言いつつも、ディランは竜に目で合図する。風竜は喉をならすと、服をくわえていた口を開いた。ディランは体勢を整えて着地し、肩の上にルルリエをとまらせると、すばやく飛びのいた。茂みから影が飛び出してきて、振るった剣が鼻先をかすめる。振り抜かれた刃に、別の刃が叩きつけられた。ゼフィアー・ウェンデルがサーベルを手に踏みこんでいた。

「ゼフィー!」

「ディラン、平気か!」

 剣を弾いたゼフィアーは、顔だけ彼に向けて叫ぶ。

「俺は大丈夫だ。それより、少しの間、そいつの注意を引いておいてくれ」

 彼女にしか聞こえない小声でささやいたディランは、冷たい笑みを浮かべて前を見る。

 羽飾りのついた帽子をかぶった男が、それ以上の冷徹な目で、二人をにらんで立っていた。

「――久しぶりだな」

 男は、ゼフィアーとディランを順に見た後、口の端を持ち上げてそう言った。『伝の一族』の末裔である少女は、サーベルを構えなおして半歩前に出る。余裕を装って刻まれた笑みは、緊張のせいかひきつっていた。

「うむ、久しぶりだ。けども、もうこんなところまで来ているとは、思わなんだ。行動が早いな」

「なに。北大陸で確実に竜がいる場所、といえば《大森林》だろう?」

 水竜狩りのつもりが思わぬ収穫だ、と彼は言う。喉の奥から低い声がもれた。ゼフィアーが繕った笑みを打ち消して、ディランは剣に手をかける。だが、そのとき、頭の奥をゆっくり揺さぶられる感覚があった。地面の感触があいまいになって、ふらつく。すると横から、誰かの手がのびてきた。

「今回ばかりは下がってろ。本当、お願いだから」

 ささやきが聞こえてディランが顔を上げると、苦い顔をしたトランスがいる。彼は肩をすくめ、男の助言に従った。下がった拍子におろおろしている風竜を見つける。彼らは、ディランと同胞を交互に見ていた。

『私は後でいい。今は、おまえたちの仲間を助けてやってくれ』

 ディランが竜語ドラーゼでささやくと、風竜たちはようやく方向転換し、仲間が倒れている方へ飛んでいった。白い背中を見届けたディランは、何かしなければ、とわき上がる思いに反してずるずるとへたりこむ。レビたちが駆けよってきた。少年少女は呼吸が荒いのだが、マリエットに関しては平然としている。ゼフィアーのそばへ走っていくトランスをちらりと見た。

「まさかここで彼と遭遇するとは思わなかったわ」

「トランスさんが、まっさきに飛び出していくとも思いませんでした」

 棒を構えたレビが、険しい表情で呟く。彼の隣でチトセがため息をついた。

「腹立ってんでしょうよ。前に『育ての親』を侮辱されたから」

 彼女は言いながらディランを一瞥した。どういう顔をしていいかわからなかったディランは、曖昧に目を細める。チトセは何も反応せず、かわりに緊張しているレビに声をかけた。

「あんた、出ていくつもり?……わかってると思うけど、オボロさんは強いよ」

「だったらなおさら、二人だけに任せておけないじゃないですか」

 レビは棒をにぎる手に力をこめた。ハシバミ色の瞳は、前を見据えて揺らがない。チトセがまたため息をついて、けれど今度は、彼女も手槍を持って踏み出した。「しかたないわね」と呟いて、少年に目で合図をする。二人は同時に駆けていった。言いえぬ気持ちで小さな背中を見送ったディランは、ルルリエの羽の音で我に返る。

『じゃあ、私、あの竜のところに行ってくるわ』

「ああ。――いや待て。俺も行く」

 ルルリエはつかのま無言になったが、『しょうがないわね』と先程の少女のようなことを言って顔をそらした。ディランは鳥の頭を軽くなでてからマリエットを見上げる。

「一緒にいいか、マリエット」

「ええ。無理はしないでね」

 槍を抱え直した女性に短く礼を言い、ディランははずみをつけて立ちあがった。


 オボロは無言のままゼフィアーに飛びかかってきた。叩きつけられた剣の腹を、ぎりぎりサーベルで受けると、刃をねじりかろうじて力を流す。短く息を吐いた彼女は、飛びのいて彼との距離をはかると、体を低くして走り出した。オボロは小さないらだちをのぞかせて、おもむろに剣を振りかぶった。少女の頭をとらえたときを狙って力いっぱい振り下ろされた剣に、ゼフィアーはぎょっとする。とっさに転がって一撃を避けた。勢いまかせに立ちあがり、そのまま両足をぐっと地面に押しつける。足にたまった力を地面へ流して跳躍した。目をみはった男を狙い、サーベルを薙ぐ。紙一重のところで、避けられてしまった。かわりにとばかりに相手の肩を蹴って着地してやったが、体格のいい彼は全力でない少女の蹴りにびくともしなかった。

 苦り切った表情で得物を構えなおすゼフィアーを見て、オボロがくつくつと喉を鳴らした。

「頭を狙うか。ずいぶん凶暴な戦い方だな」

「お主に挑むときは、殺すつもりでいくぐらいがちょうどいい、と学んだのでな」

「そうか」

 オボロは怒りはしなかった。それどころか、楽しそうですらある。だが、彼はすぐに笑みを打ち消すと、冷たい表情のまま襲いかかってきた。ぶつかる刃。けたたましい金属音が響いて、火花が散る。今度は受けとめ切れずにゼフィアーがよろめいた。オボロはそのまま流れるような動作で剣を返し、少女の腕に叩きつけた。

 焼けるような痛みが走り、血が飛ぶ。ゼフィアーは顔をしかめこそしたものの、声はあげなかった。幸い斬りつけられたのは利き手ではない。――だが、続く男の動きが早すぎて対応できなかった。オボロの剣がゼフィアーの顔を狙ってひらめく。

 そのとき、風を切って飛んだ投てき短剣が男の頬を浅く裂いた。オボロは不快そうな目で、地面に落ちた短剣をにらむ。そして振り返ると舌打ちした。

「貴様か」

「――トランス!」

 オボロの声とゼフィアーの叫びが重なった。トランスはすでに次なる短剣を構えている。いまいましそうにしているオボロを、静かに見た。

「やらせないぜ。ついでに言うと、向こうにも行かせねえ」

 男の声は恐ろしいほど冷えている。だが、息をのむゼフィアーをよそに、オボロはまったく動じていなかった。

「なるほど。あくまでも、足止めをするつもりか。いい覚悟だ」

 空気がはりつめる。金属がかすかに鳴って、誰かの足が土をこすった。オボロは二人を順繰りに見た後、少女へ向き直る。ゼフィアーは、ぴくりと震えた。肌がちりちりと痺れ、背筋を悪寒がかけぬける。今まで受けたことのない、冷たい殺気にひるんだ。

――けれどそのとき、別の敵意を感じた。ゼフィアーは身をひねって、打ちおろされた長剣を弾く。奇襲に目をみはった。

 いつのまにか、右側から体格のいい男がひとり、飛びかかってきたのだ。よく見ると、胸のあたりで銀色の紋章が光っている。竜を貫く槍の意匠は、ひどく恐ろしいもののように、つたえの少女の目に映る。

「『破邪の神槍』……オボロだけではなかったのか」

 ゼフィアーは長剣の二撃をさばきながら、小さく呟く。どうしようか、と彼女が苦々しく考えたとき、どこからか厳しい声が飛んだ。

「ゼフィー! 前だ、避けろっ!」

 腹の底に響く低い怒声。すくみあがったゼフィアーは同時にその意味を理解する。そのときにはもう、《魂喰らい》の剣はうなっていた。振り抜かれた剣を、ぎりぎり体をそらして避ける。――次の瞬間、腹に衝撃があった。鈍痛がして息が詰まる。うめき声さえ上げられない。小さな体は宙を舞い、かたい地面に叩きつけられた。少しの間、腹を押さえて震えていた彼女は、足音を聞いてよろよろと起きあがる。オボロが眉ひとつ動かさず踏みこんできていた。せめて逃げないと、と思うものの、容赦なく蹴りつけられたばかりの体は思うように動いてくれない。

 焦燥にかられ、雫のような絶望が胸の中に落ちた時。オボロとゼフィアーの間に人が割って入った。わずかになびいた亜麻色の長髪に、少女は我知らず胸をなでおろしていた。男二人が何かやり取りしているようだが、彼女からは聞きとれない。

 それより今のうちに体勢を立て直そう、と、ゼフィアーは自分の手足に力をこめる。サーベルを強引に地面へ突き刺した。そのとき自分のまわりに不自然な影がさしていることに気づいてはっと顔を上げ――愕然として固まった。いつのまにか、五、六人の屈強な男たちに取り囲まれていたのだ。《魂喰らい》の武具と銀の紋章が、いつになくまがまがしく光っている。

「……これは、なんの冗談だ」

 ひきつった笑みを浮かべて呟いた少女は、まさかと思い仲間の周囲に目を配る。そのまさか、で、あちこちに竜狩人と思しき男女が散らばっていた。いったいどこに隠れていたのか、数えきれないほどの人が出てきている。全員、同じ紋章をつけていた。

 あまりにもひどい状況に天をあおぎたい気分になったが、彼女にはそんなひまさえ、与えられなかった。ゼフィアーはふらつきながら立ちあがると、かたい土から思いっきりサーベルを引き抜いた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます