21.見極め

 その頃、彼はまだ、小竜こどもだった。そしてまた、主竜の眷族でもなかった。

 ただ、自分を拾ってくれたとある水竜のことは慕っていた。眷族にはならないにしろ、彼女の群で暮らしていたのである。人にも竜にも、情熱と愛をかたむける竜たちにはぐくまれ、彼は群の中で穏やかに暮らしていた。

 その幸福な日々が突然終わりを告げたのは――もう、七百年以上も、前のことである。


「失念していたわけじゃ、ないだろ?」

 ディランは冷たい声で言う。そばにいたチトセのみならず、仲間たちさえもがたじろいだ気配を感じた。だが、彼は、構わず言葉をつむぐ。

「ディルネオは千五百年以上生きている。今の俺にとって、そのころの記憶はまだ曖昧だけどな。……嫌なことほど、すぐ思い出すみたいだ」

 珍しく唖然としていたらしいセンが、そこで我に返った。へえ、とこぼして肩をすくめる。

「いたのか、その場に」

「いや。着いたころには何もかもが終わってた」

「――そうか」

 やりとりされる言葉の中に、感情はない。事実と、それを受けた者の相槌だけが、むなしく響く。

 ディルネオが、己の無力感をはじめて噛みしめたのが、あの日だった。

 北の水竜たちが多大な犠牲をしいられ、あれほど強い痛みを受けたのも、あの日が最初だっただろう。

『彼女』たちの死は、人間たちに武器を与え、竜たちに絶望をもたらした。そして武器は、《魂喰らい》と呼ばれて恐れられることとなった。

「同胞の魂を喰らうとは、ずいぶん皮肉な話だと思うよ」そう言って、ディランは目を細める。いっそ安らかとさえいえる水竜の表情に何を思ったか、センは軽く息をのんだ。

「……それでも。それだけのことがあっても、まだ人間とわかりあおうって言えるのか」

 彼らしからぬ、凍りついた声が問いかける。ディランは相手をまっすぐに見すえた。

「だからこそ、だよ。あの方が志半ばで裏切られて、亡くなられたからこそ、あの方が思い描いた世界を、代わりに実現したかった。それに何より、竜たちがそうであったように、人間のすべてが《魂喰らい》におぼれて狂ってしまっていたわけではなかった。だから、彼らがいつかまた振り向いてくれると、信じたかったんだ」

 結局、今も昔も、変わってないんだよ。ディランは穏やかにしめくくった。まわりの人々は声さえ上げない。ディランの前に立つセンは「そうか」と感情のわからない声で呟いた。老成して見える青年の顔から、表情が抜け落ちる。その瞬間ディランは、手になじんだつるぎを一瞥した。ちかりと光った刃の先に、うながされるようにして前をにらみ、突きこまれた衝撃を受けとめて、弾きあげた。次の瞬間、身を沈めて走り、鋭い突きを横に跳んでかわすと、体をねじって蹴りを繰り出した。

 わずかな手ごたえ。けれど、センにひるんだ様子は見られない。彼もまた踏みしめた左足を軸に上体を反転させて武器を突き出してくる。二、三合短く打ちあった。何度目になるかもわからない刃のぶつかりあいのあと、センが距離を詰めてくる。ディランは刃を流そうとしたがうまくいかず、そのまま剣の押しあいになる。

 ぞっとするほど静かなつばぜり合いの中。無表情のセンが、口に形だけの笑みを乗せた。

「ああ、ちくしょう。うらやましいね。心がぶれないってのは、何度おとしめられても折れないってのは、この上なくうらやましい」

「……セン?」

 ディランは眉を寄せる。交差する刃の向こうに見える彼の顔は、うつろだ。そのはずなのに、なぜか怒り泣いているかのように見えたのだ。かすかな揺らぎに気をとられていたその瞬間、《魂喰らい》の剣に力がこもる。

「けどよ、忘れるな。誰もが竜みたいに強く――高潔にあれるわけじゃない」

 きりり、と耳が痛くなるほどの高音が響く。次の瞬間、センがディランの剣を押し下げ、からめとる。対応しきれず大きく体勢を崩した彼は、左手で地面を勢いよく叩いて強引に体の向きを変え、迫る刃を逃れる。だが直後、強く振られた相手の足が腹を蹴る。鈍痛のせいでつかのま動けなくなった。視界の端に閃くものと、おぞましい力の気配をとらえて凍りつく。


 風が、強く鳴いた。


 二人の間を矢が通り抜け、センが一瞬動きを止める。ディランはその隙に跳ね起きて、その勢いで突き出したてのひらで、相手の右ひじをを強く打った。センの顔が苦痛に歪み、ぴくんと震えた右手から、剣が滑り落ちそうになった。傾いた《魂喰らい》の剣に、己の剣をぶつけてすくいあげる。剣は澄んだ音を立て、あらぬ方向に飛んだ。目を細めたセンはお返しとばかりに少年の胸を強く殴る。ディランはうめき声をあげてよろめいたが、そのとき、得意気な笑みをのぞかせた。

 目をみはったセンが、剣の飛んでいった方向を振り返る。ちょうどそのとき、跳ね飛ばされた剣の柄を、華奢な手がつかんだ。むりやり戦場に滑りこんできた彼女は、うつぶせで《魂喰らい》の武具をつかみとるなり、その切っ先をセンの方に向けて威嚇する。若者の目が少女の無防備な顔をとらえたとき――横合から、別の切っ先が彼の首をとらえ、突きつけられた。ディランの剣だった。

 無音の時間。その果てに、センの《魂喰らい》の武具を奪い取ったゼフィアーは、剣を下ろしてひょいっと飛び起きた。しゃがんで剣を手にとった彼女が不敵に微笑むと、センは肩をすくめる。

「おっと。一本取られたな」

 冷たさを押し隠し、軽薄な態度で両手をあげる彼を見て、ディランはゆっくり剣をおろした。若者からはもう、殺意どころか戦意も感じない。だが、凍てついた闇は、おどけた態度の端々からにじみ出てしまっていた。ディランが剣を鞘におさめたとき、センがゆっくり振り向いた。

「……本当に、ぶれないんだな、君は」

 いくつものけがれを焼きつけてきた両目が、竜の澄んだ瞳をとらえる。ディランは彼が何をのぞこうとしているのかわからず、たじろいだ。

 ただ無垢なのではなく、好意も悪意もすべて受け入れてきた、深い輝きを宿す目。そこに青年が希望とも期待ともつかぬものを見いだしたことなど、知るよしもなかった。真意を問う前に、彼は視線をそらしてしまったから。

「いやあ、チトセがほだされるのもわかるわ」

「なっ……! べ、別にほだされたわけじゃ……!」

 ふだんの軽々しい表情でそんなことを言いだしたセンに、チトセが食ってかかる。だが若者は「おまえみたいな奴は、みんな、そう言うんだよ」と、少女の反論を受け流した。言葉につまったチトセは、「うるさい」と言ってそっぽを向いた。

「それで何? 気は済んだの?」

「ああ、済んだ済んだ」

 ひらひら手を振ったセンは、もう片方の手で、六人に向けて金属の鞘を放り投げた。そのまま自分が持っていた《魂喰らい》の剣を指さす。

「そいつは、戦利品だと思って持って行けよ。詳しくは知らないけど、それも初期に作られた武器らしい。ひょっとしたら、七百年くらい前に殺されたっていう、水竜の誰かの魂かもしれないな」

「そうなのか!?」

 ゼフィアーが目を丸くして、まじまじと剣を見やる。ディランもまた両目を瞬いた。彼女の方をのぞきこもうとして、センと目が合う。

「――だから、君らの手で還してやれ」

 近くで響いた声に驚いて、ディランはしばし固まったものの、強くうなずいて「ああ」と答えた。十八にも満たない少年のようにも、千年を越えた時を生きる人ならざる者にも見える彼に、青年は優しい視線を注いだ。けれどそれも刹那のことで、彼はすぐ薄っぺらい笑顔の仮面を貼りつけると、六人に背を向けた。歩き出そうとして、やめる。

「ひとつ、いいこと教えてやるよ」

 唐突なセンの言葉に、六人は首をかしげた。青年はわずかに彼らへ目を向けた。

「カロクほか一部の幹部は、イスズがレッタから戻ったあとに、北大陸へ向けて出航した。俺もこれから後を追う」

「北大陸に? なんでですか?」

 問うたレビに、センは「さあな」とそっけない答えを投げ返す。つかみどころのない青年に、竜狩人の少女が訝しげな視線を向けた。

「なんでそんなこと、教えるの。何か企んでる?」

「いや、なんにも? ただ、今の俺はどっちつかずの流れ者だからな。言っとくけど、君たちのこともカロクたちに報告させてもらう」

 断言したセンは、顔を少しだけ後ろに向け、ディランを見た。

 繕っているわけでもない。戦意に輝いているわけでもない。どちらかというとあどけないほほえみが浮かぶ。今まで知らなかったセンの一面に、ディランはかける言葉をなくして困った。

「誰もが、竜みたいに強くあれるわけじゃない。けど、君の強さに感化されて変わった奴は、たくさんいると思う。……君みたいなのに、少しずつ影響されて、世界は、時代は変わっていくんだろうな」

 温かくそう言ったセンは、ディランが何かを返す前に「じゃあな」と言って身をひるがえした。靴音とともに遠ざかってゆく、後ろ姿。人知れず、様々なものを背負ってきたであろう彼の背を、六人は黙って見送った。


 センの影が見えなくなった頃、ゼフィアーがしゃがみこんで鞘を拾い上げ、《魂喰らい》の剣を収める。それを見た誰かが息を吐くと、あたりの空気がほっとゆるんだ。棒を立てて、ずるずるとレビがその場に座りこむ。

「よ、よかったあ。どうなるかと思いました……」

 はあっ、と深く息を吐きだした彼に、チトセが冷やかな言葉をかけた。

「あんた、何もしてないじゃん」

「心配してたんだよ。そのくらい、いいじゃないか」

 ちくちく厳しい少女の言葉に、レビが唇をとがらせた。まわりで見ていた人たちは、温かな笑い声をこぼす。けれど、すぐ後、ゼフィアーが眉を曇らせた。

「セン……彼は本当に、『雇われただけ』の者だろうか。どうも彼については、こう、胡散臭さが抜けなくてな」

 珍しく、ためらいながらもセンへの辛辣な評価を口にするゼフィアーを、チトセが横目で見やる。

「あんたの評価には同意だけどね。本当の話だと思うよ。あいつ、竜狩りに参加する機会も、幹部って言われてる割に少なかったし。首領に対してぽんぽんもの言ってたしね。根っからの『破邪の神槍』幹部じゃ、ああはいかないわ」

「金で雇われただけの流れ者、ね。それが、どういう気持ちで竜を殺してたんだろうな」

 トランスの苦い呟きに、チトセは「さあ」と返す。だが、そのとき、何かを閃いたように目を開いて固まった。たまたま彼女の変化に気づいたディランは歩み寄って、声をかける。

「どうかしたか、チトセ」

「――なんでもない。それより、もう用事は済んだからカルトノーアに戻ろう」

 チトセは相変わらず無愛想だった。ひとりでさっさと歩きだす彼女の、あからさまな冷めきった態度に首をひねりつつ、ディランは少女の後を追う。仲間たちも、そこへ続いた。すぐに追いついてきたゼフィアーが、ディランを見上げてにっと口角を上げた。

「戻ったら、また陣の解読だな!」

「ああ。あと少しだから、頑張ろう」

「うむ!」

 花がほころぶような笑顔でうなずいたゼフィアーの頭を、ディランは優しくなでる。そして、小走りで土の道を駆けた。


 追いついてくる五人を、チトセは嫌がることも歓迎することもせずに受け入れる。彼女は一瞬、空をあおいで目を細めたあと、歩調をゆるめ、他の五人と並んで歩きだした。

「そういえば、センが竜にとどめをさしたところ、見たことがなかったかもな……」

 チトセの染みいるような呟きは、ディランたちの耳に届くことなく、空に吸いこまれた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます