16.弔い

『本当によいのか?』

 彼がそう訊くと、目の前で翼を畳んだ若竜は、穏やかに微笑んだ。

『ええ。私はもう、決めました。眷族としてあなたに従うと』

『……そうか』

 揺らぎのない、言葉。

 彼はため息をついた。彼の意思を聞いたのはこれがはじめてだ。けれどきっと、この竜の中ではずいぶん前から決まっていたことなのだろう。であれば、今さらその決意に何か意見をする意味はない。もはや何を言ったところで、心がひるがえることなどありはしないのだから。

『それなら、何か誓いを立ててもらわねばな。堅苦しくてすまないが、契約のための儀式だから、受け入れてくれ』

 あえて厳かにそう言うと、若竜は低く喉を鳴らした。『難しく考えなくていい』と言ったが、相手は予想とは違う答えを返してくれる。

『ご心配には及びません。誓うべきことは、もう、私の胸の中にあります』

 どこまでも静かな声でそう言うなり――若竜は、彼の前でこうべを垂れた。洗練された眷族の礼に息をのみつつ、彼も今までそうしてきたように彼を見おろした。これが返礼なのだ。

 深い響きを伴った竜語が、詩歌しいかのように響く。


『我が身のすべてをあなた様に捧げましょう。人と竜が平穏に暮らせる社会を作る――その、気高き志のために』


 これが、私の誓いです。

 清らかな若き竜はそう言って、彼をまっすぐに見つめた。



     ※

     

     

 どこまでも続いていそうな灰色の道を歩いている。六人分の足音に混じって響くのは、不規則な水の音。天井から染みだした水は雫となって降り、ときどき彼らの頭を濡らした。

「ここ、すごく懐かしいです」

 金の髪をふわふわ揺らす少年はそう言って、岩の天井を見上げた。隣にいた長槍をたずさえた女性が、興味深そうに彼を見る。

「来たことがあるの、レビ?」

「はい……たぶん。前に旅をしていたとき、商人のみなさんにまじって通り抜けたんだと思います」

 レビは微笑んで、慈しむように語る。横でそれを聞いていたディランは、目を細めた。そういえば、レビが昔の旅の話をするのはいつぶりかな、と、そんなことを思う。一方、彼の右斜め後ろを歩いていたチトセが、つまらなそうな顔をした。

「旅の経験があるわりに、結構どんくさいわよね、あんた」

「……チトセ。いちいち人が怒るようなこと言わないと、気が済まないの?」

「事実を言っただけよ」

「それでも、言っていいことと悪いことがあるでしょ!」

 幼さの残る少年と、年の割にとげとげしい少女がにらみあう。かたわらで見守っている四人は苦笑した。このところ角の取れてきたチトセだが、なぜかレビには、未だにつっかかる。幸いレビは怒りっぽい子ではないためけんかにはならないが、激しい言いあいが繰り広げられることはままある。日常茶飯事、ゆえに仲間たちも対応になれてきた。「はいはいはい、そこまでだ」と、ゼフィアーが二人の間に割り込んで、なだめる。

「もうすぐ越えるぞ。平原がどうなっているかわからんから、気をひきしめるのだ」

 現実的な言葉でさとされた二人は、それぞれに引き下がった。レビはもう気にしていない様子だが、チトセは鋭い視線を『つたえの一族』の少女に向けている。

「あれでへこたれないゼフィーも、大物だよなあ」

 一部始終を見守っていたトランスが、のんきに呟いた。


 彼ら六人がいるのは、西の山岳地帯の抜け道である。かつて、竜狩りの影響で発生した大雨に潰されたため、一時期使えなくなった道だ。あれから少しずつ、道を使う人々によって手が入れられ、また通行できるようになったらしい。崩れ落ちてこないか、というレビの不安に同意しつつも、一行はこの道を使うことを選んだ。


 二人の口論がおさまると、また静かな道のりが続いた。山岳地帯をぶち抜くように作られた道のため、当然山登りと同じくらい険しい。しだいに六人の口数は減り、最後には全員が押し黙ってしまった。

 疲労と緊張が限界までふくれあがった頃、視線の先に白い光がさしこんでくる。

「お、もう少しだな」

 ディランは目陰まかげをさして言った。

 一歩進むごとに空気の流れが感じられるようになる。風に乗って、優しい土の香りが漂ってきた。トランスが先頭に立ち、一行を手招く。彼らは続いて進み――やがて、起伏の激しい抜け道を通り抜けた。

 ゼフィアーが大きく息を吐きだし、額をぬぐった。レビやチトセも「ちょっと休憩」と言って立ち止まっている。

「若いのに情けないねえ、君たち」

 そう言ったトランスは、チトセの無言の蹴りを食らった。

 子どもたちが体を休めている間、ディランは平原の様子を観察する。前に、あれだけの豪雨にさらされたにもかかわらず、平原は以前と変わらず、どこまでも静かに広がっているようだった。道をそれ、川の方に行けば氾濫の跡が見られそうではあるが、ただっぴろい大地から、災禍の影は感じられなかった。

 ただし。

「やっぱり、重苦しい感じはあるな……」

「何か、わかるの?」

 ディランがひとりごちたとき、マリエットが隣に歩み寄ってくる。彼は軽くうなずいた。

「砕けた魂の気配が、まだ残ってるんだ」

「なるほどね。竜ならそれを感じてもおかしくはないわね」

 そういうこと、とディランは肩をすくめる。

 二人とも、すぐ後ろでへたりこんでいたゼフィアーが顔を歪めたのは、知らなかった。


 子どもたちの休憩が終わるのを待って、六人は再び歩き出した。平原に人の気配はない。たまに、野うさぎか何かの小動物とおぼしき影を見かける程度だった。もともと、それなりに人が通る場所だったと思うけど、とトランスが首をかしげている。

「やっぱり、大雨の影響はあるんじゃない? 一時いっときぐちゃぐちゃになっちゃったってのは大きいでしょう」

「うむ。それに、墜落する竜の姿が目撃されてもいるわけだしな。不吉な場所、という噂が立ったかもしれん」

 チトセの意見にゼフィアーがうなずいた。落ちついているように見えるが、笑んだ口もとや目の奥に、隠しきれない自嘲と後悔がにじんでいる。当時を知る三人は、顔を見合わせて黙りこんだ。

 そのとき、後ろの空から羽ばたきの音がした。ディランは振り返り、見えたものに驚く。

 一頭の竜が飛んできたのだ。遠目からでもわかる青い鱗をきらめかせる竜は、彼らに気づいたのか速度を上げた。

「ん? どこの竜さんですか?」

 不思議そうにするレビをよそに、ディランは微笑んだ。覚えのある気配の持ち主に向かって、声をはりあげる。

『リヴィエロ、こっちだ』

 竜語ドラーゼで叫ぶと、水竜すいりゅうは、一行めがけて降下した。最後尾にいたマリエットの前に降り立つと翼をたたむ。ディラン以外の五人も彼を間近で見て、あのときの竜だ、と騒ぎはじめた。ディランは軽く手をあげて、親友のもとへ歩いていくと、鱗に覆われた前足をぺしりと叩いた。

『こんなところで、何をしているんだ』

『ここの話をおまえの眷族から聞いてさ。今、どうなってるかなって、様子を見に来たんだ』

 水竜はいつもの調子で答えた。しかし、言葉の意味を悟ったディランは息をのむ。身をかたくしたのは彼だけではなかった。

『ここの話って……竜狩りの、ことか?』

 ゼフィアーが苦しげに尋ねた。水竜は驚いた顔をしたあと、気遣わしげに少女を見やって『ああ』とうなずく。

――思い出すときこみあげるのは、ひどいやりきれなさと無力感だ。

 人として生きていたディランが、はじめて竜を知ることとなった出来事。豪雨の先で、血だまりに沈む青い竜の姿は、今でも鮮明に思い出せる。

 そして現在は、また違う感情を抱いてもいた。

 目にかげりが生まれた水竜を、しばし見ていたディランは、「なあ」と言って仲間たちを振り返る。

「少し、寄り道してもいいか?」

 唐突な申し出に、異を唱える者はいなかった。

 

 平原をまっすぐ西へ突き進めばマーテラ旅道りょどうに出る。だが、一行と水竜は、あえて道なき道をそれた。平原の終わり、川の見える場所を目指して歩く。さほど経たないうちに、ずっと先の大地がとぎれて、せせらぎの音が聞こえてくる。黙って進むと、水のにおいが鼻をついた。

「あ、あの木」

 先を見て、レビが言う。ハシバミ色の瞳は、川向こうに佇む低木を見ていた。

「あのあたりで、トランスさんが襲ってきたんでしたっけ」

「おいこらレビ坊。人聞きの悪いことを言うんじゃない。あのときの俺は、竜を守ってあげようって考えてただけの善良な一般人よ」

 ころころ笑いながら言うレビを、トランスが止める。だが、さらにそのトランスをチトセがにらみつけた。「善良な一般人が人に向かって矢を射るの?」という鋭い指摘に、男は沈黙する。彼らのやり取りを笑いながら見ていたディランは、しかし、視線を落とすと呟いた。

「……そうだな。ちょうど、このあたりだった」

 懐古というには暗い呟きが、土に落ちて跳ねる。

 ちょうど、青い竜の死骸はここにあった。だが今は、何もない。『同胞たちが回収したらしい』と、そばにいた水竜が親切に教えてくれた。竜狩人に鱗をはぎとられたなどという、凄惨な結末ではなかったことに、安堵する。

 ディランはほかの五人を振り返り、「待っててくれ」と言い残すと、踏み出した。

 かつて竜がいた場所で膝をつくと、目を閉じる。


 彼のことは――不確かな記憶の中にある。自分とかつての記憶をつなぐしるべのような存在だ。

『彼』はディルネオよりもずっと、年若い竜だった。まじめで、堅くて、心配性で。だから、仲間には優しさをあまり理解してもらえなかったようだった。それでも彼はあなたに仕えられればそれでいいと言い、何かとそばをついて回ってくれた。


『……待たせたな』

 言いたいことはたくさんある。けれど、一番に出てきたのは、そんな言葉だった。

『まじめなおまえのことだ。私がいなくなってから、みんなをひっぱろうと、頑張ってくれたのだろうな。結局最後まで、私はおまえに苦労をかけてばかりだった』

 何も考えていなくても、言葉がするすると出てきては消える。まるで、二頭並んで空を飛んでいたあの頃のように。ただ、あの頃と違うのは――答えが、返らないことだ。

『すまなかった。止めることができなくて、おまえの気高い魂を、こんなふうにしてしまって』


『――あいつはさ』

 膝をついたきり動かないディランを、一行が憂いをたたえて見守っていると、水竜が突然、口を開いた。彼は、ゼフィアーのそばに飛んでくる。

『殺されたあいつは、ディルネオの眷族だったんだよ』

「えっ……!?」

 耳元で告げられた事実に驚いた。ゼフィアーは目を見開いて、水竜を仰ぎ見る。彼は、苦しそうな目をしていた。

『今、辛いと思うよ、あいつ。ここに来るまでに聞いた話だと、記憶がないときに死体を見たんだろ?』

 竜語を理解する者たちは、顔をこわばらせて黙りこむ。


 体に穴をあけ、ぼろぼろの翼をさらして血に沈む、竜の骸。それを見たとき、ゼフィアーでさえ身がすくんで動けなくなるほどの衝撃を受けた。当時のディランも、彼女よりはかなり冷静にふるまっていたが、はじめてみる竜に――その死に、ひどく動じていたのはわかる。

 であれば、今は。


 地面をにらみつけたゼフィアーは、息をのみ、叫びをこらえて口もとを引き結んだ。誰にともなくうなずいて、駆けだす。仲間が止める間もなく、少年の隣へ行ったゼフィアーは、その場へ静かに膝をついた。彼女がこうべを垂れたとき、気配に気づいたディランが、声を上げる。

「ゼフィー」

つたえの一族の本来の役割は、砕けた魂をとむらって、清めることだ」

 先を言えなくなっているディランに、ゼフィアーが茶目っ気をのぞかせて言う。だが、彼女の笑みはすぐに、神秘的な静けさへと取って代わった。

「伝の祈りは浄化の祈り。今では力こそないけどもな、祈ることが無意味とは思わない。だから、私も一緒に祈る」

 ひとりで背負いこむのはやめろ、と言い、ゼフィアーはディランの肩を強く叩いた。彼は小さく吹き出して、うなずく。

 竜魂りゅうこんは砕け散り、この場にはわずかな残滓ざんししかない。その気配に向きあった二人は――それからしばらく、無音の祈りを捧げた。

 

 もうすぐ。もうすぐ、魂を還すことができる。だからそれまでは……見守っていてくれ。

 

 ディランが心中で呼びかけると、今はもうそこにいないはずの眷族が、微笑んだような気がした。『拒まれても見守りますよ』と、彼ならば言うだろう。彼は弔いの終わりに、小さな声で彼の名を呼んだ。そして、愛しき魂に、しばしの別れを告げる。

 砕けた魂の重々しい気配は、少しだけ薄らいで、彼らをそっと包みこんだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます