12.人として、竜として

――叩き起こしてきます。

 そう言い残すなり、少年は走り出した。遠ざかる背中を見送って、ジエッタは眉をひそめる。

「まさか、あいつ、一人でどうにかするってんじゃないだろうね」

 彼女が低くうめくと、それにすぐさま反応した者がいた。ゼフィアーだ。

「ま、まさかディラン……」

 少女は小さな声で呟いたかと思うと、顔を上げ、青い膜の向こうを見やる。

「無茶だ! あれだけ魂が傷ついたあとだというのに、変化体で力を使ったりしたら……!」

「どう考えても、あのとき以上に弱ってしまうわね」

 叫びにも近い少女の言葉を、長槍使いの女性が引きとる。ゼフィアーは見る間に青ざめた

 一方、会話の意味がわからない傭兵と隣町の人々は、首をひねっている。困惑しているのははジエッタも同じだったが、彼女は一方で、うすうす事態を察してもいた。――今、彼女たちを覆う青い膜を見れば、彼女の弟子がただの少年ではないことは嫌でもわかる。

「やれやれ。あたしゃ本当に、とんでもない奴を拾っちまったみたいだね」

 ジエッタはそう言って肩をすくめる。

 飛びあがる竜の背にまたがる弟子の姿をとらえたのは、その直後のことだった。

 

 

     ※

     

     

 人々に止めるひまさえ与えず飛び出したディランは、空中に懐かしい水竜の影をとらえると、めいっぱい息を吸って叫んだ。

『リヴィエロ!!』

 すると、水竜はぴくりと震えたあと、彼に気づいて降りてくる。

『……おまえ。何する気だ?』

 水竜は、目をすがめて訊いてきた。それに対しディランは、あくまで不敵な笑みを浮かべ、『言われなくてもわかるだろう?』と切り返す。水竜は、しばらく少年の姿をした同胞をにらみつけていたが、やがて折れた。ため息とともに、地上に降り立って背中を向ける。

『乗れ。地上からじゃ、せっかくの力も届かない』

『うん。ありがとう』

 ディランが言って、水竜の背に飛び乗ると、彼はやれやれとばかりにかぶりを振った。

『その無謀さは、誰に似たのかね』

 同年代のはずである彼の呟きに、ディランは苦笑したが、何も言い返さなかった。水竜も答えを求めていたわけではなかったようで、ふっと目を細めると、『行くぞ!』と鋭く叫び、翼を打った。

 ぐんぐんと高度を増すとともに、岩のような竜を間近に見ることとなる。暴れ狂う竜の瞳はどこまでもうつろで、深い穴のようだった。

 ディランは竜の背で顔をしかめる。――やはり、強い力は容赦なく叩きつけられる。今のディルネオは、変化体でなければ、この場にいることすら難しかったろう。人として過ごした七年間を呪えばよいのか、感謝した方がよいのかわからない。ため息を押し殺し、彼は地竜と正面から向き合った。そのとき、周囲から水竜に声がかかる。

『お、おいリヴィエロ! 貴様、何を考えている!?』

 うわずった声を上げたのは、先程、水竜と言い争っていた、小柄な地竜だ。彼は明らかに、ディランをにらみつけている。水竜は、背の上で立つ少年を一瞥したあと、鼻を鳴らした。

『何って。手伝ってくれるらしいから、連れてきた。言い出しっぺはこいつだぞ』

『ふざけるな! 人間の力を借りる必要などない!』

『必要とか言ってる場合か? 今は非常事態だ。使えるものはなんでも使う』

 心にもないことを、とディランは苦笑した。そして、ゆっくりと、静かに、小柄な地竜を見つめ返す。視線を受けた彼は、わずかにたじろいだ。

『彼の言うとおりだ。今は、理屈をこねくりまわしている場合ではない』

 それを聞いた竜たちは――小柄な地竜に限らず――目をみはる。中には、彼のまとう尋常ならざる気配に気づいた者もいただろう。だが、ディランにとってはそんなことはどうでもよかった。水竜の背を叩き、話しかける。

『リヴィエロ。例の地竜に、もう少し近づけるか?』

『あ、ああ。――少しだけだぞ』

 言うと、水竜はじょじょに地竜との距離を詰めていく。翼の音さえ立てぬよう、慎重に近づいた。けれども、努力もむなしく、暴れる竜の凶悪な目が、ぎょろりと小さな者をにらみつけた。『気づかれた!』と苦い顔をする水竜をよそに、ディランはすばやく手を突き出す。

 さっきと何も変わらない。力を引き出し、外へ放つ。忘れていたものを、封じていたものを。きっちり閉じていた蓋を、少しずつ、開けてゆく。


 見えない鎖にがんじがらめにされているのなら、引きちぎってしまえばいい。

 座して滅びを待つのが嫌なら、全力で抗えばいいのだ。


 やがて、少年のまわりに、青い力が放たれた。それは、ゆらゆら揺れる薄布のようである。竜の力で織られた薄絹が、赤子をくるむように地竜を一瞬だけ覆い、すぐに燐光を散らして消える。だが、ディランの表情は穏やかだった。一瞬でも止められたなら、第一撃としては上々だ。

 彼の力を見たせいだろう、まわりの竜たちがざわめきだした。もはや何を言っているか少しもわからない竜語の嵐の中、ディランはいつもどおり穏やかに、けれどいつもよりも毅然とした態度で立つ。

『い、今のって……まさか……』

 竜の誰かが呟いた。その瞬間、ほかの竜たちはぴたりと黙りこむ。

 わずかな静寂の中で、彼を背中に乗せている水竜が、おもしろそうにまわりをみてから、友に呼びかけた。

『遅かったな。待ちくたびれたぜ――ディルネオ』

 懐かしい声で遠い名前を呼ばれたディランは、唇を歪めて『ああ』と返した。

 再び騒ぎだしそうな竜たちの気配に気づき、彼はとっさに息を吸う。

『みんな。いろいろと思うところはあろうが、今は狂ってしまった同胞を止めるのが先だ』

 凛とした声が響くと、竜たちはまた沈黙する。

『私は、見てのとおりの変化体だ。まだ、以前ほどの力は振るえない。人間たちには大口をたたいて出てきてしまったが、私だけで彼を止めるのは不可能だ。だから――力を貸してほしい』

 竜たちがどよめく。ディランは彼らを視線で黙らせ、続けた。

『私が人に裏切られ、ゆえに追いこまれたのは確かだ。そのせいで、眷族のみならず、たくさんの竜を動揺させてしまった。我ながら、情けないよ。

けれどその後、私は七年ほど人として過ごして、人のいろんな姿を見た。美しいところも、醜いところも、な。そのうえで、やはり信じたいと思うのだ。おまえたちのことも、彼らのことも。だから』

 彼は一度だけ目を閉じ、深く呼吸をしてから、せいいっぱい頭を下げた。

『だからどうか、もう一度、やりなおさせてくれ。人として、竜として、どちらをも知る者として、歩むことを――一緒に歩んでいくことを、許してほしい』


 竜たちの声は、すぐには返らなかった。だが、ややあって、水竜の一頭が口を開く。

『そうやってすぐ謙虚になるのは、あなたの美徳ですけど、悪い癖でもありますよ。ディルネオ様』

 言われたディランは目を丸くして、顔を上げた。どの竜も、呆れたように微笑んでいる。彼が呆然としていると、すぐそばであの水竜の声がした。

『まったくもって、そのとおりだ。誰が今さらおまえを嫌うかよ。生きて帰ってきただけ上々。胸張ってりゃいいんだ、主竜だろ?』

『リヴィエロ……』

『さ、とっととあの暴れ者をなだめてやろう。具体的には、どうするんだ?』

 水竜は、快活に言って翼を打つ。互いが小竜であったころから、まったく変わらない態度に、ディランは救われた気がしていた。ごちゃまぜになった感情を押しこめて、気持ちを切り替える。頭が一気にさえた気がした。改めて、地竜をにらみつけてみると、彼はディルネオの一撃を受けたせいか、少しだけ大人しくなっていた。

『やることは今までと同じだ。力をぶつけて叩き起こす。私ができる限り弱らせてみるから、みんなは私が合図をしたら、いっせいに力を叩きこんでくれ。同胞だからと遠慮はするな。やりすぎたくらいがちょうどいい』

『了解っと』

 軽い水竜の返答に微笑んでから、ディランはまわりの竜たちを見た。

『それと――何頭かの竜は、地上付近まで降りて、あの地竜の攻撃に備えてほしい。人間たちのまわりに力を張ってはおいたが、それは地竜に集中しだしたらすぐ消えてしまうと思うからな。攻撃をうまく相殺してくれる者がいると、ありがたい』

 これには、集団の中にいた炎竜が、『わかった』と声を上げた。

『アレとやりあうのは荷が重い、という奴も多いからな。そういう竜は地上に向かわせよう』

『うん』

 ディランはうなずいた。そして、暴れる地竜の目を見た。

『さてと。少々手荒になるかもしれないが、許してくれよ』

 ディランはいつもの調子で言って、自分の中の力を練り上げた。

 変化体の負担にならないよう、ゆっくりとそれを空気中に放ってゆく。自然に語りかけるかのように、力をゆっくりと広げた。すると、今まで目に見えぬ細かい粒だった水が、集まって塊となる。塊をいくつか作りだしたディランは、それをためらいなく地竜へ向かって打った。すぐに、地竜の力がそれを弾き返してしまうが、彼はディルネオのように直接自然を――地面や岩を――操って相手を攻撃できる状況にない。ゆえに防ぎきれなかった水が、巨体を容赦なく打ちつけた。

 水の弾丸は鱗に弾かれはしたものの、地竜にたしかな痛みを与えたようだった。咆哮し、悶える地竜に、ディランは続けざまに水を放つ。

 力と力のぶつかりあい。ふだんならありえない、竜どうしの戦いは、大気を揺るがし木々をしならせ、動物たちをざわつかせた。何度か続いた応酬の果てに、ついに拳大の水を顔面に受けた地竜がぐらりと体を傾ける。目ざとく隙を見つけたディランは、仕上げとばかりに力を広げた。塊だった水がつながって、大きなひとつの膜になる。ディランはそれを慎重に操り、地竜の巨体に優しくかぶせた。いきなり水に放りこまれた地竜は、驚いて足と尾を激しくばたつかせた。

『――今だ、放て!!』

 ディランが鋭く叫んだのとほぼ同時に、あたりの竜が、いっせいに鳴いた。全身を震わせて力を広げた彼らは、炎を、風を、水を、あるいは目に見えない力そのものを、思いっきり地竜に向けて撃つ。水の膜が割れ、しぶきがあたりに飛び散った。十頭をゆうに超える竜たちからの攻撃を一身に受けた地竜は、さすがに耐えきれなかったのか、一度の咆哮を最後に意識を失い、地上へと落ちていく。ディランを乗せた水竜と、小柄な地竜がすぐさまそれを追いかけた。

 ややあって、轟音を響かせて地面に落ちた巨竜は、ぐったりしているように見えた。なんとかやったか、と誰もが安堵の息を吐く。だが次の瞬間、ディランははっと、息をのんだ。

「まだだ」

 無意識のうちに呟く。呟きを打ち消すかのように、巨竜のまわりの地面がもりあがり、土くれがめくれて硬い玉に形を変えた。それは、まっすぐ水竜たちの方に飛んでくる。

『リヴィエロ!』

『ちっ! あいつ、まだ力があまってんのか』

 水竜が毒づいて旋回し、器用に玉をかわす。だが、いくら避けても攻撃がやむ気配はなかった。らちがあかない、と判断したディランは、竜に一言声をかける。

『高度を下げてくれ! 降りる!』

『おいおい、まじかよ』

 水竜は呆れたようにそう言ったが、ディランの願いを聞いてくれた。玉を避け、時には尾で砕きながら地上すれすれを飛ぶ。彼が速度を落としたときを見計らって、ディランは竜の背からとびおりた。水竜はすぐさま飛び上がり、威嚇するような咆哮を上げる。彼の自然な誘導に、ディランは心の中で感謝して、走った。迷わず地竜の方に駆け寄った彼は、もりあがった地面を器用に飛び越え、巨躯のすぐそばで膝をついた。そのまま、両手を、倒れ伏す竜の胴体にかざす。青い波を竜へと注いだ。

 本当は同じ地竜がこれをやった方がよいのだが、今はぜいたくを言っていられる状況ではない。ディランは腹を決めた。

『頼む。少しだけ、眠っていてくれ』

 祈りに似た言葉を口にして、ゆっくり力を注いでいく。だが、水の主竜の思いに反し、地竜はすぐに喚きだした。突然注ぎこまれた力に驚き、はねのけようとしている。相手から強烈な力を叩き返されたディランはよろめいた。目の前で火花が散る。うっ、と低くうめいたが、彼はそれでもやめなかった。はうようにして竜の体にすがりつく。

 力と力の戦いが始まった。これまでとは違う、静かなぶつかりあい。

 抵抗してくる地竜のにごった力を受けながら、ディランは歯を食いしばってその場にとどまる。彼がディルネオに気づけば、あるいは彼の中で暴れ狂う力をうまく鎮められれば大人しくなるはずだ。何度も何度も言い聞かせ、自分の力を一筋ずつ流しこんでゆく。

 だが、いくらか経った頃。ディランは自分の視界がぶれたことに気づいた。

 ちょうど、ファイネに帰ってきていたときだったろうか。似たようなことが起きただろうと、記憶がささやく。

「おいおい……勘弁してくれよ……」

 視界が薄暗くなったように感じる中で、ディランはいびつに呟く。無情にも、体の末端が冷たくなってきている。無茶をしすぎたのだ。

 指が震える。まずい、と思った。

 そして、全身を悪寒が突き抜けた、次の瞬間。

「ディラン!」

 ひきつった叫び声が彼の耳を打った。温かい感触が、ふわりと背中から彼を包みこむ。その正体は、見ずともわかった。ディランは前を向いたまま、仲間の名前に手を触れる。

「……ゼフィー」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます