3-3 何歳ですか?

 旅の途中、宿場町の宿屋でのことである。

 一行が揃ってはいたが、宿泊している大部屋は静かだった。部屋の寝台に腰かけて剣を研いでいたディランは、正面から鋭い視線を向けられていることに気づき、顔を上げた。すると、不機嫌そうなチトセと目があう。砥石といしを動かす手は止めず、彼は疲れたように訊いた。

「なんだよ。けんか売るならもっとはっきり売ってくれ。買いようがない」

 妙な文句に、しかしチトセは不機嫌な表情を崩さない。頬杖をついて彼をじっと見たままだ。

「なんであたしがけんかを売る前提なのよ」

「違うのか?」

 あんたなんか嫌いよ、とそれだけで語っているような低い声に、ディランは首をかしげる。その態度が、天然なのか違うのか、はかりかねた竜狩人の少女は、ため息をついた。

「……今日はそんなんじゃない」

 チトセの声に、それぞれの時間を過ごしていた人々の視線が集中する。彼女は一瞬、居心地悪そうに身じろぎしたが、すぐ気を取り直したらしく、続きを言った。

「あんたって、何歳なのかなあって思ってさ」

「何歳? とし?」

「ほかに何があんのよ」

 吐き捨てるような声。だが、それに食ってかかる者はおらず、トランスやレビまでもが、興味深そうに寄ってきた。彼らを見回して、チトセの言いたいことに気づいたディラン――あるいはディルネオは、ああとうなずいた。今の姿は十五歳から十八歳ほどの少年のものだが、生きた年数と見た目が一致しないことに、彼女は気づいていたのだろう。というより気づかない方がおかしい。

「そうだなあ。何歳かなあ」

 呟いて、彼は視線を宙に漂わせる。そもそも竜は、人間ほど年齢というものを気にしない。彼らより長生きで、時間の流れが遅く感じるというのもある。が、一番は、どれだけ生きたところで自分たちの役目は変わらず、死んだら死んだで自然の一部になるだけだ――と割り切っているからだ。水竜ディルネオは昔から、そうしみじみ考えていた。

 そんな竜としての感覚と、人間としての感覚をあわせもつディランは、自分の年齢をおおざっぱに頭の中で弾きだすと、ちょっと顔をしかめてから、答えを口にする。

「あー。多分、一五〇〇歳くらい?」

「一五〇〇!?」

 チトセの声が裏返る。レビも「えっ!?」と叫んでいた。

「それってつまり、若いなりして実はじじ」

「何か言ったか?」

 ディランはチトセが余計なことを言う前に、満面の笑みで剣をちらつかせる。すると、少女は凍りついて口をつぐんだ。

 竜は人間ほど年齢を気にしない。事実だ。だが、「ディラン」としての生活を経た今、彼が自分の生きた年数をちょっと気にしていたというのも、また事実なのである。

 少年の殺気がゆるむと同時、口を閉ざしていたチトセが呟いた。

「こういうときだけ、竜の威厳ひっぱりだすの、やめてくんない?」

「失礼なことを言おうとしたおまえが悪い」

 ふてくされているチトセに対し、ディランは鉄壁の微笑を浮かべて応じる。二人の間に、見えない火花が散った。

 冷戦のごときにらみあいが続く。と、それまで黙っていたゼフィアーが、割って入った。「まあまあ」と言いつつ、チトセをディランからじゃっかん遠ざける。ディランはため息をついて剣を鞘におさめた。ついでに砥石もしまった。

「一五〇〇歳というとたいそうに聞こえるが、竜の中では若い方だぞ」

「へー。ふーん。どれくらい?」

 強引にひっぱられたチトセが、感情のこもらない声を上げた。ゼフィアーはかまわず指を折る。

「人間の年齢に換算すると、十六、七歳といったところか」

「はっ? じゃあ、あたしと同年代ってこと?」

 十七歳のチトセが自分の顔を指さして言う。ゼフィアーはのんびりと「そういうことになるかな」と応じた。チトセがディランの方をにらみ、また、竜狩人と竜の間に冷たい空気が流れる。それを打ち破ったのは、かつてディルネオに教育された男だった。

「逆に言うと、十六、七歳の若造が百頭を超える眷族を従えてるってことだな」

「そんなつもりはなかった。だがな、気づいたら彼らが誓いを立てて、私に従っていた」

 竜の口調でぼやくように言った少年に、彼は肩をすくめてみせる。

「にしても……おまえが若いかどうかを考えないにしても、竜の年齢って不思議だよな。俺たちが会った竜の中で一番長生きなのって、どいつなんだ」

 ディランは少し考えたあと、該当する竜の姿を脳裏にうかべ、苦笑する。

「一番はクレティオ、次がイグニシオってところじゃないか?」

「へえ。彼、何年生きてるのかしら」

「さあ。もう数えるのをやめてると思う。けど、まあ、一万年近くは生きてるだろうな」

 さらりと吐きだされた数字に、長くても百年ほどの寿命という人間たちは、固まった。竜の知識がある人たちですら、放心している。

「……もう、あんたがじじいかどうか論じるのが、ばかばかしくなってきたわね」

「そう思ったなら二度と言うな。わかったか、狩人?」

 どうも自分を年寄り扱いしたいらしい少女の言葉に、ディランはため息混じりに答えたあと、あくびを噛み殺して目をこすった。

 

 後日。

「そういえば、ルルリエは、何歳ですか?」

「ん? 五百三十九歳」

「…………そうですか」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます