第四部 空へ還るとき

第一章

1.静けき日

 体が震える。内側が脈打つ。呼応するように震えながら、青い光が闇の中へにじんでゆく。

 広がる光は形をつくり、すぐに揺らいだ。

 失った翼は、いまだすべては戻らない。けれど確かに、闇の中で時を待っている。

 

 再び、大空に舞う時を。

 

 

     ※

     

     

 さえざえとした青空の下、灰色の岩が連なっている。ところどころに白と黒のまだら模様が見えていた。生き物の気配はない。この時期は、虫の一匹さえも姿を見せないのである。ごつごつした岩の上を、砂まじりの風がなでてゆく。生温かい風は、冷たさのなかにかすかな炎の気配を宿していた。

 複雑に重なりあった岩のむこう、生き物の目につきにくい場所に、この世のものとは思えぬ光景が広がっている。

 無数にある、丸い金色の光が、人間を十は包めそうなほどの大きな光の球を囲んでいた。まわりの小さな光は、ときどき鈴のような音を立てる。その合間を縫って、小さな子のおしゃべりのようなささやきが漏れていた。

 光が静かになることは少ない。この岩場にあっても、しゃんしゃんという音色と、細いささやきは響きつづける。それらはまた、雑音となって岩場に広がった。けれど、重い何かが羽ばたく音が、雑音をさっと打ち消した。蛍火のような光が一斉に震える。

『クレティオ様』

 光の中から声が漏れた。

 大きな光のかたわらに、寄り添うようにしていた大きな生き物が、首を持ち上げる。金色の鱗におおわれた、巨大な蜥蜴とかげに似た体と、背から生える一対の翼。つまりそれは、竜だった。

『静かにしなよ。彼を起こしたらかわいそうだ』

 竜、クレティオは、冷淡とさえいえる声を小さな光たちに投げかけた。そのうちのひとつが、細かく震える。

『むしろ、起こした方がよろしいのでは?』

『眠っているように見えて、実は死んでいた、とか、私は嫌ですよー』

 最初の声に呼応するように、別の光がそう言った。眷族けんぞくたちの心配を、クレティオは軽くあしらった。

『そんなの僕だって嫌さ。大丈夫、彼は生きてるよ。……まだ、深い傷は残ったままだけどね』

 僕では治しきれない、とかぶりを振る。珍しく消沈した様子のあるじに戸惑ってか、眷族たちは押し黙った。クレティオも、無言のまま、大きな光の中をのぞきこむ。

 大きな光の中心には、もう一頭、竜がいた。青い鱗に覆われた巨竜。とはいえ、クレティオよりは小さい。その竜は今、丸まって目を閉じ、闇のように静かな眠りのなかにある。眷族がいうように死んでいるような気さえしてくる竜の姿を前にして、クレティオは目を細めた。

 変化へんげを維持することすらできなくなるとは思わなかった。相当負荷がかかっていたんだろう。……今回の件に限らず。

 喉の奥から低音が響く。クレティオは、みずからのうなりに不快感をおぼえた。だからといってどうすることもできず、慰めのように翼を震わす。りんぷんのような光が舞って、消えた。

 そのときだ。光の中の青い竜が、わずかに瞼を持ち上げた。光竜こうりゅうの眷族たちがわいた。

『あ、見て!』

『お目覚めですよ、クレティオ様!』

『よかったー』

 クレティオも、好き勝手に騒ぐ竜たちに呆れつつ、大きな光の中をのぞきこむ。薄目を開けた青い竜は、茫洋とした瞳で金色の竜を見上げた。

『……クレティオ?』

 口の隙間から、かすれ声がこぼれた。懐かしい響きに安堵しつつ、クレティオは悪童のように目を細めた。

『やあ。おはよう、ディル』

 ぼんやりしていた竜――ディルネオは、虚を突かれたようにまばたきする。寝ぼけた顔ではあるが、目には光が戻っていた。彼は自分の体をゆっくりと見回してから、呟く。

『私、は』

『あー、そうかそうか。君、その体になるの久しぶりだものねえ。二十二年ぶり?』

 ディルネオは答えなかった。ただ、呆然と、本来よりくすんだ翼を見つめて――ふいに、叩き起こされたかのように目をみはる。跳ね起きようとして失敗し、よろめいた。光たちが不安そうに揺れる中、クレティオは穏やかにたしなめる。

『無理をしない方がいい。わかってると思うけど、魂の傷は癒えていない。僕は、君が死なない程度に応急処置をしただけだ』

『あ……ああ』

 ディルネオは、困惑しきった様子で返事をした。そうか、と呟いたあと、またもとのようにうずくまる。

『で、具合はどうよ』

『うん。あのときよりは楽だ。ありがとう。でも、すごく、眠い』

『だろうね。もう少し、眠っていた方がいい』

 クレティオが静かに言うと、ディルネオは喉を鳴らした。同時に、首のあたりに青い光が灯る。それはみるみる広がって、彼の全身を包んだ。クレティオは思わず固まってしまう。眷族たちも、驚きの声を漏らして鳴った。

 光は間もなくおさまって――その中から、十代の少年が現れた。青みがかった黒髪は、つかのま舞い上がって、ふわりと肌に吸い寄せられた。クレティオは微笑ましく思いつつも、目をすがめる。

『君さ、実はその姿、気に入ってる?』

『それもあるが……こちらの方が、魂を守るには都合がよいだろう』

 おどけたような彼の言葉は、正論だ。そうですか、と言ったクレティオは、胴をわずかにひねって彼の方へ寄せる。ふらりと倒れかかってきた彼の体を受けとめた。すぐに規則的な寝息が聞こえる。クレティオは、穏やかに喉を鳴らした。

『おやすみ、ディラン』

 彼の、人間としての名を呼んで、光の竜はそっと翼をたたんだ。

 

 少年の姿をした竜は、かなり深い眠りの中にあるようだった。少し揺れたくらいでは、身じろぎすらしない。かえって無防備に思える彼の様子を、クレティオはしげしげとながめた。

 ディルネオほど変化のうまい竜は、ほかにいないだろう。もともと、人里に下りるためによく変化を使う竜ではあったし、今ではそこらの少年と変わらないほどまでに力をおさえられるまでになっている。もちろんそれは、七年間、無意識に変化しつづけてきたせいでもあろうが。

 クレティオが物思いにふけっていると、こつん、と硬質な音が響いた。現実に引き戻された竜は、再び騒ぎだす光竜たちをなだめ、首を巡らす。

 今まで竜以外いなかった岩場に、人が立っていた。銀色の髪に緑の目の女性。両手に手袋をはめ、肩や足もと、そしてひょっとしたら胸元などを、かたい革で覆っているほかは、旅衣というにも軽装すぎる格好だ。何やら模様の入った白い長衣をなびかせて、彼女は竜たちの方へやってくる。携えた槍が高い音を立てた。

『やあ。お迎えは、君か』

 クレティオは明るく言い、目だけで眠っている少年を示す。

「ええ」

 女性は短く返すと、クレティオの前で足を止めた。

「大丈夫なのかしら、彼」

『うん。今は寝てるだけ。ただ、僕では魂の傷は治せない。今後も気をつけた方がいい』

「わかったわ。ご忠告、ありがとう」

 クレティオは、妖艶に微笑んだ女性へ背を向ける。眠る少年を抱きとめた彼女は、そのまま、ぐったりしている体を背負った。

「――ごめんなさいね、クレティオ」

『やだなあ。謝らないでよ。僕が勝手にやったことさ』

『それより行きな。ルルリエが待ってるでしょ?』と、クレティオは女性をうながす。彼女は小さくうなずいてから、竜たちに背を向けて歩いていった。岩場の向こうに、かすんでゆく人影を見送りつつ、光竜はぽつりと呟いた。

『そういえば彼女、竜の研究をしてるって言ってたっけ。……惜しいなあ。もう少し早ければ、いいもの見られたのに』


 上空から、一面緑の草原と、白と茶のまじった砂漠を見ることができる、西大陸東部。小国イェルクの、ある宿場町の近郊――それもひとけのない場所に、一頭の竜が降り立った。小柄な白い竜だ。鱗のかわりに、羽毛のような毛が全身を覆う。白毛をつかのま風になびかせた彼女は、あたりに人の目がないことを確かめると、ゆったり翼をたたんだ。同時に、その背から女性がすべり下りる。その女性――マリエットは、いまだに眠っているディランを背負いなおすと、竜の子どもを振り返った。

「ありがとう、ルルリエ」

 意識して、いつもよりゆっくり話す。ルルリエは喉を鳴らしたあとに、言った。

『このくらい、お安い御用だわ』

 自身に満ちた風の小竜の言葉に、マリエットは薄く微笑んだ。

「頼もしいわね。ところであなた、これからどうするの?」

『そうね……』

 ルルリエはわずかにうつむいて、考えこんだ。それから一度、羽ばたいた。びゅうっと突風が吹いて、足もとの草を揺らす。

『せっかくだから、もう少し一緒にいようかな。ディランと……いろいろ話がしたいし』

 ディランを見つめる緑の目に、明らかな戸惑いの色がある。ルルリエの声と視線が、複雑な感情を含んだものになってしまうのは、しかたのないことだろう。マリエットはでかかったため息をのみこむと、「そう」と返した。

 ルルリエが、いつかのように小鳥に変化するのを待ってから、マリエットは宿場町にむけて歩いた。幸い、それほど距離はない。すぐに街の影が見え、土と草原は石畳に変わった。荒っぽいざわめきと人の往来の隙間をくぐりぬけ、青い扉の宿屋の前に立つ。

『みんな一緒にここに来たのが、もう昔のことみたいねえ』

「そうかしら。……そうかもね」

 マリエットは、ルルリエの冗談に笑い含みの声で答える。けれど、白い小鳥を見つめる目には、隠しきれない切なさがのぞいていた。

 宿の主人に声をかけてから二階に上がる。不思議と慣れた足取りで部屋の前まで行き、扉に手をかけた。そのとき。

「じゃあ、質問」

 扉を開けると同時に、そんな声が聞こえた。トランスの声だ。見ると彼は、寝台のひとつをのぞきこむように立っている。それを見ただけで、マリエットは状況を察した。――あれは、レビが寝ているはずの寝台だ。

「これ、何本?」

「……三本です」

「せいかーい」

 トランスと、どうやら目ざめたらしいレビは、軽妙なやりとりをしたあと、笑いあっていた。反対側に見えるゼフィアーとチトセも、顔を見合わせて苦笑している。相変わらずな人々の様子に微笑んだマリエットは、ようやく口を開いた。

「気がついたのね。よかった」

 すると、全員の視線が彼女の方へ集中した。

「おっ、マリエット! おかえり」

「ええ、ただいま」

 トランスの挨拶に、マリエットは静かに返した。「ルルリエも一緒か!」と叫びながら、ゼフィアーが飛び出してくる。たわむれる小鳥と少女をよそに、マリエットはレビのそばへ歩み寄った。寝台に座りこんでいるレビは、顔色が少し悪いものの、笑顔を見せるだけの余裕はあるらしい。

「具合はどう? どこか痛かったりしないかしら?」

「大丈夫です。まだちょっと、頭がぼうっとしますけど……そのくらいです」

 ありがとうございます、とレビは律儀に頭を下げる。そのあと、彼のハシバミ色の瞳は、吸い寄せられるように、マリエットの背のあたりを見た。

「……あ、あの」

 レビが口ごもる。マリエットはあくまで冷静に、背負っているディランを一瞥した。

「大丈夫よ。今はただ、眠っているだけだわ」

「ほ、本当ですか?」

「びくともしないな」

 身を乗り出すレビのそばから、いつの間にか来ていたゼフィアーも、ひょっこり顔を出した。この騒ぎの中でも微動だにしないディランを、全員がなんともいえぬ表情で見つめる。気まずい沈黙のあとに口を開いたのは、短い黒髪の、仏頂面の少女――チトセだった。

「で、どうすんの。そいつ」

「どうする、と言われてもね。とりあえず、寝かせておくしかないんじゃないかしら?」

 小さく首をかしげたマリエットは、顎を動かしたチトセを見たあと、あいている寝台にそっと少年の体を横たえた。聞こえる寝息は穏やかなままで、そのことに誰もが安堵する。背後から飛び出してきたゼフィアーが、少しだけ背伸びをして、上掛けをそっとかけた。

「ファイネのときのような、苦しそうな感じはないな。そのうち、目ざめると思うが」

「ええ。起きるまで、そっとしておいてあげましょう」

 不安そうに目を伏せるゼフィアーの頭をぽんぽんと叩いたのち、マリエットはもう一度、ほかの仲間たちの方を振り返った。――あんな戦いの後だからだろうか。表情には、疲れと憂いが見て取れる。そして、そう思う自分も似たような顔をしているだろうと、彼女は自覚していた。目に見えない何かが重く沈んできそうな空気のなかで、ばさばさっ、と小さな羽ばたきの音が響く。

『ねえ。とりあえず、別れたあとにあったことを聞きたいわ。ディランのことも含めて』

 すねたようなルルリエの声は、かろうじて場の雰囲気を和らげた。誰かがそうしよう、というようなことを言ったあと、全員がレビのまわりに集まる。そして、北大陸であったことを、かわるがわる風竜ふうりゅうに語って聞かせる。誰かの声が途切れた後、マリエットは、黄昏へ向かいつつある空を目の端にとらえて、口を開いた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます