27.空虚な戦場

 凍りつくように止まった思考。そのとき、頭の隅で「懐かしい」と思ってしまったのは、なぜか。彼の顔立ちのせいか、構える槍のせいか。

 揺らめく感傷めいた思いに、文句をいう。そんな場合ではないだろう、動け、と。けれど、動くに動けない状態であることも、彼は理解していた。槍の穂先はすぐそばにある。逃れようとするそぶりをわずかでも見せれば、それは無情にも突き出されて、彼の体を串刺しにしてしまうだろう。

 普通の槍なら怖くない。しかし、これは普通ではない。

「……最初から、気づいていたのか?」

 結局、ディランは口を開くことを選んだ。カロクは槍を動かさず、見つめる目はどこまでも冷たい。

「いや。気づいていた、のではない。昔世話になった、元竜狩人の男が、突然傭兵団の拠点にやってきて、言い出したのだ。『小包をもつ少女のそばに、ディルネオがいたかもしれない』と」

 それを聞いたゼフィアーとレビが、ディランのすぐ後ろで息をのむ。そして、チトセも目をみはっていた。

「例の小包には興味がなかったのでな。俺たちは、そこの娘のことすら知らなかった。その男から詳細を聞いて、はじめて知った」

「そして、俺の正体を見極めるためにセンをつかわした」

 ディランが続きを引きとると、カロクはうなずいた。

「結局、あいつを行かせても俺が直接見ても、おまえが竜であるという確信はもてなかった。異質な気配はかすかにしたが、あまりにもそれは小さかった。――だが、今は違う」

 槍の穂先がかすかに動く。心臓の跳ねる音は、やけに大きく響いた。

 ディランが腹を決めて、再び剣をにぎる手に力をこめたとき――


「首領っ!!」


 その場の空気が震えるほどの、大声が響く。振り返ることはできなかったが、叫んだのがチトセであることはわかった。さしものカロクも視線をそらす。槍もまた、ぶれた。その隙にディランは、一息に地面を蹴って、槍頭から距離をとった。ゼフィアーたちが心配そうに寄ってくる。

 彼らに手ぶりでこたえたディランは、チトセの姿を探した。彼女はすぐそばで、にらみつけるようにカロクを見ている。

「なんで、こいつに武器を向けるんですか? こいつはまだ、何もしてない」

 問いかける声は揺れていた。カロクと、帽子をかぶった男の目つきが鋭いものになる。

「人を害なす竜を狩る、それが『破邪の神槍』の信条。ならなんで、何もしてない竜に武器を向けるんです。あの――風の小竜のときもそうだった。あいつは何もしなかったのに、どうしてほかの竜狩人まで呼びよせて殺そうとしたんですか?」

 ディランはそれを聞いて息をのむ。風の小竜、ルルリエのことだ。

 息を吐く音がする。カロクだった。彼は槍を上向けて、冷たい目で一行をにらんだ。

「あの風竜に関しては、俺たちの情報を炎竜イグニシオに持っていく恐れがあった。イグニシオの怒りを買えば、今度は炎竜と竜狩人の争いに発展してしまうやも知れん、と考えた。むだに争うことは、俺たちも望まない。だから」

「だから、余計なことを言いふらされる前に潰してしまおう……ってこと?」

「そうだ。もっとも、おまえたちが接触したころには、風竜はイグニシオに会ったあとのようだったがな」

 彼はそう言うと、口もとに自嘲的な笑みを刻む。対して、チトセはいいようのない激情をあらわにして、全身を震わせていた。

「恐れがある、可能性がある、だから殺すって……それ、報復に出た竜たちと何が違うんですか。イスズを襲った竜や、怒りにかられてあたしの村を滅ぼした竜たちと変わらない、いや、それよりももっとひどいじゃないですか!」

「そうだな。ひどいことをしている。それは、俺の信条だけにもとづいたものではなく、もっと古くからの教えに従った結果でもある」

 淡々と、カロクは語る。チトセが目を見開いた。反対に、ディランと――ゼフィアーとマリエットは、目を細めた。

「おまえは知らなかったか。俺の家は、代々竜狩人を輩出してきた家だ。『最初の竜狩り』を行ったのも、俺の先祖だ。そして、水竜ディルネオを殺そうとしたのは……」

 誰かが細い声を漏らす。全員の視線が、ただひとり、少年の姿をした竜に向いた。

 ディランは眉をひそめた。古い記憶が呼び起こされる。体を貫いた巨大な槍と、それを携えた男の姿。――カロクを見て懐かしいと感じるのは、あの男と、あまりにもよく似ているからだった。

「逆に問おうか、チトセ」

 低い声に意識を引き戻される。記憶を断ち切ったディランが顔を上げれば、カロクは少女をにらみつけていた。

「なぜ、今、そこにいる。オボロはおまえに『追え』と命じたはずだろう」

「……はい。そういわれて、いわれたとおり後をつけました。その先でこいつの正体を知って、人間に化けるまでのことを聞きました。そうしたら、わからなくなった」

 チトセはディランを一瞥し、地面に視線を落とす。帽子の男がそれを見て、冷やかな声を放った。

「ふん。水竜にほだされたか」

「ほだされた、とは思いません。竜を憎む気持ちも変わりません。けど、ならどうして、害をなさない竜たちにまで牙をむこうとするのか。首領や、『破邪の神槍』がやろうとしていることが本当に正しいのか、いよいよわからなくなった。だからディルネオを間近で見て、答えを出そうと思ったんです」

 チトセが淡々と反論するのを聞いてか。帽子の男、オボロは鼻を鳴らして顔をそむけた。入れ替わるように、カロクが問う。

「それで……答えは出せたのか」

「いいえ。まだです」

「そうか」

 ゆるやかに首を振るチトセを、カロクは責めなかった。ただ短く返すと――足をすらして構えを取る。槍の先は、また、不気味に光った。

 チトセがさっと顔を青くする。そして彼らだけでなく、今まで沈黙を貫いていた五人も反射的に身構えた。

「ならば、早く答えを出すことだ。俺がそいつを……殺してしまう前に」

 言うなり、カロクは地面を蹴った。

 

 ためらうことなく槍を向けてきた竜狩人を前にして、人々がディランの方へ動こうとしたのは、自然なことだったろう。が、当然、それを阻む者もいた。

 敵意に対して反射的に抜いた短剣が、槍ではない何かに弾かれる。嫌な手ごたえに顔をしかめたトランスが、舌打ちをして下がり、あっさりと得物を鞘に収めた。接近戦はむかない、と判断したのである。彼の前で敵ににじり寄ったのが――マリエットとチトセの女二人だった。

 チトセの刀に少し似た剣を持つ、目の前の男は、羽飾りがついた奇妙な帽子をかぶっている。こんなときでなければ温かそうだなという感想を抱きそうな、やけにふわふわした帽子だが、その下の双眸は鋼もかくやというかたさと冷たさをたたえていた。

「オボロさん」

 チトセは苦い顔を男、オボロに向ける。

「おまえの中には迷いがあるな」

 言いながら、オボロは無造作に剣を振る。チトセはとっさにそれを受けとめたが、相手の力が強すぎて、彼女の方がよろめいた。チトセに大きな隙ができる前に、マリエットの槍の一閃が、オボロの剣を追い払う。

 チトセがマリエットに目を配る。無言で礼をいうようなそぶりをしたあと、オボロに皮肉っぽい笑みを見せた。

「そうですね。オボロさんは……はじめから、わかっていたんでしょう」

 いつからかはわからない。だが確実にわかっていただろう。わかっていて、追えと命じたのだ。チトセは頭でそれを理解し――オボロに問うていた。トランスとマリエットの二人も、そこでようやく、彼女が抱えてきたものに気づいて、目を細めた。

「むしろあたしが裏切るなら裏切るでそれでいいと、そのつもりで、首領に提案をした。違う?」

「そうだな。そう考えてくれてもいい」

 オボロの声は、淡々としていた。


 剣と刀がぶつかる。高い音が響く。

 かすかに散る火花を目に映しながら――チトセは眉をひそめた。なぜ、自分がこんなことを口走っているのか、よくわからない。ただ何か、怒りにも似た、どろどろとした熱いものが胸の中にあった。

――何を、何に、怒っているというのだろう。

 記憶がちらつく。死んでゆく人。風に荒らされる村。泣き叫ぶ声。怒りに満ちた青い竜の目。

 そして、止められなかったと、助けられなかったと嘆く誰かの声。

 その声は、違う響きをもって、自分にも向けられた。

 近くで見て。許せなかったら斬れと、そう言った。

 

「愚かだな」

 嘲笑さえ含まない侮蔑の声が、チトセの耳を打つ。うなった剣を、見覚えのある槍が弾きあげた。金属音をさえぎるように、銀髪の女がチトセのすぐ前に躍り出る。

「戦いのさなかに考えごと? 前線に出る竜狩人として、それはどうなのかしら」

「悪かったわね。……助けてくれて、どうも」

 さらりと毒を吐くマリエットに、チトセは苦い顔で返した。舌打ちしたい気分だったが、命を救われた手前、ぐっとこらえる。そして、刀をにぎりなおしてオボロを見れば、彼は冷たい目を三人に向けていた。

「確かに、おまえの中の迷いには気づいていたが――ディルネオごときの一言で、ころっとそちらに寝返るとは」

「寝返ったつもりはないですけど」

 チトセは、マリエットと並び立つように前に出た。突き出された剣をかわす。相手に切りこもうとしたが、防がれた。

「同じことだ。『破邪の神槍われら』にしてみればな」

 きっぱりと言われ、チトセは喉を鳴らす。なぜか、頭の奥に一人の少年の影がちらついた。ちりちりといらだちが胸を焼くのを感じる。

 風を切る音が響いた。オボロの剣は、今度はマリエットの槍すら弾きあげて迫る。チトセはとっさに受けとめかけたが、今度は受けとめきれなかった。歯を食いしばり、足を踏みしめ、とっさに相手の力をそらそうとする。結果として剣撃はそれたが、受け流しと呼ぶにはつたなすぎた。弾けた剣が少女をかすめ、少し日に焼けた肌に赤い線を入れる。

「チトセ」

「平気」

 横からかかる声に短く返す。そしてふと、こんなやりとりをするのはいつぶりか、と考えた。考えている間にオボロの敵意が離れる。よく見ると、弓矢が弾かれて飛んでいた。トランスだ。

 もとより、ただの人間に竜狩人をどうこうすることなど、できっこない。『烈火』のような化け物でもない限り。竜狩人てきの集中を乱せれば御の字だ。

「オボロさん。だいたいなんで、今さらあいつを殺そうとしてるんです? 邪魔だからですか」

 戦いの中、答えが返る見込みはない。それでもチトセは問うていた。カロクたちは『彼』を殺そうとするだろうと、どこかで思っていた。『彼』の正体を知って以降、組織の人間と戦うことになったら訊こうと思っていたことだ。意外にも、オボロは声を返した。

「それもあるが、それだけではない。一番の理由は――奴が、シグレ様が唯一狩り損ねた竜だからだ」

 三人の間に、先程のカロクの言葉が駆け巡る。

 彼の先祖。『最初の竜狩り』を行った者。そしてディルネオに槍を向けたのは。

「そういうこと」

 油断なく槍を構えたマリエットが、厳しい声でもらす。オボロはまじめにうなずいた。

「悪い言い方をすれば、しりぬぐいというやつだな」

「それだけのために殺そうと? わからないわね。二十二年前のことにしてもそうだけど……どうも、あなたたちの組織は、上より下の方が狩りの動機がはっきりしていそうだわ」

 目を細めて吐き捨てるマリエットの声は、珍しく、いらだっているようだった。事実、彼女はいらだっていて、それはチトセも同じだった。

 曖昧だ。

 今さら気づいた。この組織は――組織となる前から、どこか、曖昧なのだ。チトセは今まで、私怨のために戦っていたから、それに気づかずに済んでいただけで。

 チトセの心にこたえるかのように、オボロは剣とともに言葉を放った。

「そうだな。何せ『破邪の神槍』は、母体となる集団を含めれば七百年前から存在し続けている。人は竜ほど長生きじゃあないからな。時を経るごとに、目的と手段が入れ替わってゆくこともあるだろう。あいつはそれを知っていて――知ってなお、無駄な努力をしているだけだ。主竜のくせに、ずいぶんと甘いじゃないか、なあ」

 一撃をすんでのところで避けたチトセは、天を仰ぎたい気分になった。

 彼はよくしゃべっているようで、その実隙がない。いや、あるのだろうがチトセには見いだせない。だが、オボロが空を切った剣をひっこめる寸前になって、矢が飛んだ。彼がそれを避けたところで、槍の一撃がつきこまれる。槍頭は彼の脇をかすめたものの、一撃を受けた本人は一顧だにしなかった。

 チトセはマリエットの鮮やかな槍さばきに感心しつつ、背後から漂う怒気に苦笑した。

 知らないとはいえ、先程の言葉は、養い子の前で口にするものじゃない。トランスが怒っている顔を想像しようとして、想像できなくてあきらめた。見えなかったのが幸いと思うことにする。

 一時的に静まった戦場に、乾いた風が吹き抜ける。わずかな血だまりに目をとめた怜悧れいりな瞳が、今度は敵に、探るような光を向けた。

「どういうつもりかしら。ずいぶん手ぬるいようだけど」

 マリエットの冷たい一言に、チトセがはっとした顔になる。日ごろの、冷徹で無駄を好まないオボロを知る彼女が、気づかないわけがなかった。

「時間稼ぎか、何かか?」

 トランスが、一度弓の弦にかけていた手を離し、ぼそりと言う。怒りを押し殺した声は低い。

 言葉を投げかけられたオボロは――にいっと笑った。

「私は、邪魔者を最小限に減らせればそれでいい。あとはカロクがやってくれるだろう。やらなければならない」

「だったら、足止めする相手の人選を誤ったな」

 トランスが、どこか凄絶な笑みを浮かべてそう言った。親であり兄であり――今や弟のようでもある相手を侮辱されたことへの、ささやかな仕返しだった。

 だが、オボロの余裕は揺るがない。

「そうでもないさ。……彼はずいぶん人の世界に馴染んだようじゃないか」

 おもしろがるような言葉。

 それに、一人は意味がわからないというような表情をし――残る二人は、はじめて何かを危ぶむように、顔をこわばらせた。

 


     ※

     

     

 そう遠くない場所で、剣の交わる音がする。誰かが戦っている。疑いようもなくほかの三人だろうと、ディランはあたりまえのことを思った。

 いつもだったら、安否を気遣うくらいのそぶりは見せるのだが、今はあいにくその余裕がない。

 突然に駆けだしてきたカロクの槍は、当たり前というか、一番にディランを狙ってきた。彼が剣を抜くより早くサーベルを手にしたゼフィアーがカロクと向かい合い、そのままそばにいたレビを巻きこむような形で、こちらの戦いは始まった。こちらを狙って突きこまれる槍をかわしつつ、隙を探る。今の段階で彼らを打倒できるとは思わない。この場をどうにかしのぐ、それだけを考えていた。

 カロクの戦いぶりは冷静で、苛烈だ。確実にこちらの穴を突いてくる。ディランが一瞬、横の戦場に気をとられているうちに、覚えのある殺気がすぐそこまで迫っていた。

 光るものを見る前に、ディランは無造作に剣を振る。使い古された刃が、まがまがしい槍頭を弾きあげた。二撃目がくる前にさっと背後に下がると、横からレビの棒がのびてきて槍そのものを絡め取る。生じた空間へ飛びこむように、サーベルを手にしたゼフィアーが駆けこむが、するとカロクは器用に槍をすべらせて、下から上へ跳ね上げるようにして、攻撃をゼフィアーに向けた。彼女は動じず、けれど「惜しい」と漏らし、体をそらして槍を回避。眉を寄せて敵をにらんだ。

 カロクの目は氷のようだ。

「どうするんですか、これ」

 レビが、思わずといったふうにこぼす。「まったくな」とディランは返した。

 裏世界に名をとどろかせる戦士相手に子ども三人とは、なんとも心もとないことだ。が、連携の取りやすさという点では、彼ら三人がカロクの前に立っているというのは幸運かもしれなかった。

「なんというか、遊ばれている気分だけど」

「安心しろ。俺は本気で貴様を殺しにきている」

「そうかい」

 びしびしと突き刺すような殺気を前に、ディランは肩をすくめる。それは水竜としてというよりは、『烈火』の弟子で流れ者である少年としての態度だった。

 カロクの靴が草をこする。姿がぶれるように動き――レビがとっさに応じた。しかし、槍をからめるはずだった棒は強い一撃に弾かれ、使い手は大きく後ろによろめいた。倒れる寸前――声をはりあげる。

「ディラン!!」

 呼ばれる前に、ディランは動いていた。一度目を剣で弾き、二度目をかがんで避ける。ぶおっ、と低い風切り音が頭上で響く。ディランがわざと駆けだすと、少し後、当然のようにカロクは彼を狙ってきた。だが刹那、両者の間に少女が滑りこむ。彼女は槍をかわすと、つかのまがらあきになったカロクの懐に飛び込んだ。振ったサーベルはわずかにかすったが、衣服を裂いただけである。少女は転がるようにしてカロクから逃れると、髪の毛に草をつけたまま立ち上がった。

 静寂という緊張が満ちる。

「正体を知ってなお、遠ざけぬか。それがおまえの選択か?『つたえの一族』の末裔よ」

 髪にひっついた草を払ったゼフィアーは、少しばかり胸をそらした。

「無論だ。正体がなんであれ、ディランはディランだ。私にとってはな」

「意外とあっさりしているな。まあ、そう簡単に割り切れる者ばかりでも、なかろうが」

 呟いたカロクの視線が横にそれる。彼の殺意にひきつけられていたディランたちは、その視線がどこに向いたかまで気に留めなかった。

 ただ、器にひたひたと満たされてゆく水のように、静かにはりつめてゆく空気の中で、彼の出方をうかがっていた。やがて、彼の槍がわずかに動く。

 それを目ざとく見つけたディランが、動いた。突き出されかけた槍の柄をつかみ、強引に押し上げて――相手の体勢を崩す。いきなりのことにさしものカロクも目を丸くした。彼は知らないことだが、それはディランの師匠がかつてやってのけた荒技だった。

 ただ、そこは傭兵まがいのごろつきと歴戦の竜狩人の違いである。カロクが大きく体をぶれさせたのは、ほんの一瞬だ。だが、一瞬でじゅうぶんだった。少年の棒がうなりをあげて突きこまれた。ディランを力でふりきったカロクは、すぐに槍をそちらへ回す。何度目になるかわからない金属の音。それをうるさいと思わないほどに、渦中の人々の聴覚は麻痺している。

 激しい押し合いが続いた。ぎちぎちと、耳が痛くなりそうな音がする。体格と体力からみて、明らかにカロクに優位性があったものの、レビはそれを器用に流している。もう少しで、レビが振り切るかもしれない。二人は無言のうちに同じ思いを共有し、ディランは剣と拳を、ゼフィアーはサーベルを構える。

 だが、槍がぶれた瞬間。カロクの口が動いた。

 何を言っているのか、ディランたちには聞きとれない。だが、それを間近で聞いたであろうレビの顔は、こわばった。

「――馬鹿っ」

 ディランは、無意識のうちに小声で毒づいた。棒が大きくぶれる。槍の穂先が――鋭利に光った。

 鉄板に砂利がばらまかれたような音が鳴る。槍は棒を押しのけて、光る金属はレビへ突きつけられている。

 ディランとゼフィアーは同時に地を蹴った。カロクの気をそらすのが早いか、レビを突き飛ばしてしまうのが確実か。めまぐるしい思考を抱えつつ、体は勝手に二人の方へ向かう。そしてカロクたちの姿を間近にとらえたそのとき。

 カロクは、流れるように構えを変えて、槍を振り抜いた。

 レビから狙いを外し、左から右へ――言いかえれば、ディランの方へ。

 意図に気づいたディランはすばやく飛びのき、地面へ伏せたが、槍の方がわずかに早かった。右腕に切っ先がかすり、ぱっと血が飛ぶのを見る。

 それを認識したときにはすでに、ディランは地を転がるようにして、相手の槍から逃れていた。続いた突きは空を切り、攻撃と攻撃の合間でゼフィアーが飛び出す。

 ディランはすぐに起き上がった。鋭い痛みはあったものの、かすかだ。いつものかすり傷と変わらない。彼はすぐに戦いの中に飛びこんだ。

 なんとかして、カロクたちを退かせなければ。あるいは、自分たちが彼らの刃を逃れなければ。

 そうでなければ、知己に会いにいくことすらままならない。こみあげる苦さを笑みに乗せたディランは、けれどそれをすぐに打ち消す。サーベルと槍の打ちあう音が聞こえる。槍の方が有利には違いないが、ゼフィアーの俊敏さは不利を補って有り余る。いくらカロクといえど簡単に決着はつかない。

 けれど二人を目の端にとめて、ディランは首をかしげた。カロクの動きが、少し遅くなったように感じたのだ。それだけでなく、攻めより守りに転じてきたように思う。今も、あっさり三人から距離を取った。競り合ったゼフィアーが肩で息をしている。

 不利になったわけでもなし。なぜ消極的になったのか。

 疑問に思ったが、結局――答えは、彼自身が知っていた。

 

 戦意を失わぬ竜狩人に剣を向けようとしたディランは、ふいによろめいた。

「えっ――」

 かすれた声が漏れる。全身から急に力が抜けて、抗えないままその場に膝をついた。

「ディラン?」

 遠くから、焦りと疑問を含んだ少年の声がする。ただそれは、距離以上に遠く感じた。

 ひびが入る。それは、何度か感じたものと同じ。痛み、悲しみ、苦しみ。胸ではない、肉体ですらない、もっと奥のきず

 それを思い出した瞬間――

「はっ……馬鹿だな、俺」

 かすれた声を嘲笑に乗せ、心の中で己を罵った。

 なぜ、気づかず戦っていたのか。カロクたちには、戦うことは大して意味のあることではなかった。無意味とまでは言わないが、六人とやりあうことは「形」にすぎなかった。彼らはディランに、ほんの一筋の傷さえつけることができれば、それでよかったのだ。

 

 彼にとっての天敵は、金属の塊でも、人の敵意でもない。

 魂を喰らうもの、ただひとつなのだから。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます