26.明くる夜、きたる者

 灰色の雲を抜けた先に見えたのは、草原の緑と山の黒、雪の白に――砂漠の黄と茶だった。鮮やかな色彩は、それだけで大陸の違いを感じさせてくれる。ディランは、湿った髪を払いのけながら、浅く息を吐きだした。

「今回は、前に比べたらずいぶんと楽だったな」

 そんな呟きが聞こえて。振り向いてみれば、茶色い三つ編みをふたつぶら下げた少女が、自分の荷物の点検をしていた。少年の視線を感じたのだろう、ゼフィアーは顔を上げると、悪戯っぽく笑った。

 彼女が言ったのは、北大陸付近の上空、常に大気が乱れている空域のことだ。確かにディランも、前回つっこんだときと比べれば楽に抜けられた気はしていた。理由はわかりきっている。

「水を操る竜が二頭もいたからねえ」

 トランスが答えを口にした。

 雨が降るのも雷が鳴るのも、雲が関係する自然現象だ。そして、雲はいってしまえば水のかたまりである。水竜ならばそれをあるていど制御できてしまうし、ミルトレもディルネオも経験として知っている。ディルネオほど強力な竜ならば、意識せずとも周囲の水に働き掛けることができてしまう。おかげで、例の危険な空域は前ほど荒れることなく、すなおに六人と竜を通してくれたのだった。

『さて、あのあたりがいいかな』

 ふいにミルトレがそう言って、体を傾けた。眼下にひとけのない草原が広がる。水竜は、音を立てずにふわりと着地する。わずかに首をひねって背中を見たミルトレは、『着きました』とディランにむけて声をかけた。

『ありがとう』

 竜語で礼を述べたディランは、するりと背からとびおりて、自分の鞄と大きな布袋を担ぎあげた。彼に続いて、他の五人もぞろぞろと草原に降り立つ。

 イグニシオの影響下にある地帯を抜けてすぐのところのようで、あたり一面に丈の短い草がおいしげり、ぽつぽつと低木が生えている。目をこらせば、町のような影も見えた。乾いた冬の風が、草をさらりとなでてゆく。

『それじゃあ、私はこれで』

 人々を見回したミルトレがそう言って、大きく羽ばたいた。飛びたとうとする彼女に、ディランは一言、『気をつけて』と言う。ミルトレは強く喉を鳴らしたあと、仲間の姿を求めて飛んでいった。小さくなってゆく竜の姿を見送ったあと、彼らは誰からともなく歩き出す。

 ひとまず目指すのは、遠くに見える町だ。

 人々に会いにゆく前に、まずはゼノン山脈に立ち寄ろう、という話が出たのは北大陸を発つ前のことだった。『ディルネオ』として、炎竜に顔を見せておきたいというディランの希望があってのことだ。一行は歩きながら話をまとめ、この先の町で一泊してから砂漠に向かおうということになる。やがて彼らが入ったのは、西から砂塵混じりの風が吹きつける、小さな宿場町だった。

 

 整備された石畳の通りに、背の高い家いえが軒を連ねる。組み木が目立つ家が散見されるが、それらもよく見れば、壁や基礎の部分は石でできているものがほとんどだ。通りをびっしりと埋めつくす建物をながめて、マリエットが「あら、懐かしいわね」とこぼす。

「来たことあるのか、マリエット」

「ええ。あなたたちと出会う、少し前にね」

 銀髪をそよ風にあそばせて微笑んだ美女に対して、トランスがおもしろそうに目を細める。

 来たことがあるなら話は早い、と、ディランたちはマリエットに案内を頼むことにした。彼女について歩いていくと、小さな宿屋の前に辿り着く。青い扉の古い家屋はさびしそうに立っていた。けれどそのことに異を唱える者はおらず、彼らは感想をいうでもなく青い扉を開いた。

 無口な宿屋の主人に金を払って鍵を受けとると、早々と部屋に行って休むことにしたのである。

 

――頭の中には、常にもやがかかっているようだった。彼は、目ざめたときからそれに気づいていて、そのときから常に、靄の中から「自分」というものを拾い上げることを続けていた。けれど、思うようにはいかないものだ。すくえる記憶は断片的なものばかり。靄の中に手をつっこんで探っても、にぎったと思った多くは隙間からこぼれ落ちてしまう。しかたがないから、ひとすくいの破片を丁寧にならべてゆく。そしてまた、足りない部分を探しにいく。

 繰り返される作業は、竜としての自覚を取り戻した今も、終わらない。

 

 ディランはぼんやりと、暗い空をながめていた。視線の先では星が瞬き、あたりは静謐な空気に包まれている。暦の上では春とはいえ、夜気は凍えるほどに冷たいが、北大陸の寒さを思えば耐えられる。目はひたすらに夜空を見つめ、思考はひたすらにまといつく靄の中を漂った。記憶の汲みだしは、七年前からひまさえあれば行っているが、やはり一度に思い出せることは、ひとかけらとすら呼べないほど少ない。死にかけた自分がいかに強く、記憶にふたをしたのかがよくわかった。

 思考はどこまでも沈む。行くところまで行きつくと、自然と頭が悲鳴を上げる。鋭い頭痛がしてくるのだ。今も突き刺すような痛みを感じて顔をしかめたディランは、一度考えることをやめた。石壁にもたれかかってため息をつく。白い吐息は、静かに闇に溶けた。

 小うるさい頭痛を追い出そうと、ディランが目をつぶったとき、かたわらの扉が軋んでひらいた。彼は薄目を開けて扉の方を脇見する。出てきた人が誰なのか気づくと、しっかり目を開けて、上半身を起こした。

「ゼフィー」

 静かな声で呼ぶ。薄手の服に北大陸用の分厚い上着を雑にはおっただけという、ちぐはぐな格好のゼフィアーは、目を丸くしてディランの方を見た。とてとてと寄ってくる。ゆるく結ばれた茶髪が揺れた。

「ディラン。ここにいたのか。また考えごとか?」

「そんなところ。ゼフィーは俺を探しにきたのか」

 ディランが問うと、ゼフィアーは首を振った。

「探していたのはレビとチトセだ。見なかったか?」

「……いや」

 首をひねったあと、ディランは否定した。彼がここへ来てから、今ゼフィアーが来るまで、宿からは誰も出てこなかった。レビとチトセが出ていったというのなら、ディランより先に出たのだろう。「二人とも、いないのか」と確かめると、ゼフィアーは腕を組んだ。

「ふと目が覚めて見てみれば、三人も出ていっててびっくりした。レビとチトセは、なぜか武器だけ持って出ていったようでな。決闘でもする気かな」

「そんなわけないだろ。あの二人が、今決闘をする意味がわからない」

 いつかけんかを始めそうではあるが、それは今ではないだろう、となんとなく思った。ディランは苦笑してから、「黙って出たことについては悪かった」と、軽い詫びを入れる。ゼフィアーはそれに微笑むと、彼と並んで宿屋の壁にもたれかかった。

 少しの間、無言で空を見上げる。黒い布に宝石をちりばめたかのような星空は、ぞっとするほど美しい。

「どんな、気持ちだ?」

 果てしなく広がる闇の中、連れ人を探す迷子のように、声がぽつりと響いた。

「うん?」

 ディランが穏やかに問い直すと、ゼフィアーはゆっくりと、言った。

「記憶が戻りかけている、というのは、どんな気持ちなんだ? 怖かったり、悲しかったり……むなしかったり、しないか?」

 ゼフィアーが訊こうとしていることを察して、ディランは、ああ、と納得の声をあげる。ひときわ大きい星を目で追って、少しの間考えこんだ。それから、おもむろに口を開く。

「そう、だな。ふいに恐ろしくなることはある。けど、楽しい思い出も、多いから」

「……そうか」

 静かな言葉を聞いたせいか、穏やかな微笑を見たせいか。ゼフィアーは一瞬だけ、気まずそうに地面に視線を落として言った。

 けれどディランはその直後に、こみあげてくる苦々しさを感じて眉をひそめた。星を追うのをやめて、闇に目を転ずる。

「あのとき――俺は確かに、失望したのかもしれない」

 ゼフィアーが驚いたようにディランの方を見た。彼もそれに気づいてはいたが、彼女の方を見ることはしなかった。

「ゲオルクに刃を向けられて、槍を体に突き立てられて。そのときとうとう、人間という生き物に、失望したんだろう」

「ディラン……」

「でもな」

 悲しそうな声をかけてくる少女を振り返り、ディランは姿勢を正す。青い瞳はどこまでも静かだ。

「ゼフィーたちが、失望を希望に変えてくれたんだ」

 憎悪の前に絶望し、人という存在に失望した。それはきっと、隠したくても隠せない本心で、真実だ。

 けれどまた、希望を取り戻すこともできたのだ。すべてを失った先で、人の思いに育てられて。旅の中で、人の側面を見て。そして――『彼ら』に出会って。

「人間がときどき、どうしようもなく醜くなってしまうのは確かだ。けど、それは竜だって同じことだし……醜い部分と同じくらい、美しい部分も持ってる。それに気づかせてくれたのは、おまえたちだよ」

――暗い感情を前に、立ち止まり、うずくまることがある。道を踏み外してしまうこともある。けれど、それを跳ねのけて、乗り越えて、誇り高く生きてゆくこともできるのだ。その力を、人も竜も持っている。いつもまっすぐに前を見つめる少女とともにいて、水竜たる彼は、人の持つ強さをいつも感じていた。

 見てみれば、ゼフィアーの顔はくしゃくしゃに歪んでいる。それに思わず吹き出したディランは、彼女の頭をぽんぽんとなでた。

「ありがとうな。ゼフィー」

 大きな瞳がさらに見開かれる。

「……礼を言うのは、私の方だ。ディランがいたから、私もここまで頑張ってこれたんだ。一人だったら、どこかで足を止めてしまっていた」

「そうか?」

「うむ。だから、私からも、ありがとう」

 微笑みあった二人は、またそれぞれに空を見る。星の輝きはいつの間にか薄らいで、闇の色をしていた空は、じょじょに青く染まりはじめていた。極限まで深まった夜は、ゆっくりと明けてゆく。

「これから、いろんな人に会いにいかねばな。道すがら、説得もできたらいいが」

「難しいだろうな。俺たち全員、無名の旅人だ。俺が水の主竜だ、なんていっても、ほとんどの人は信じないだろうし」

「うむぅ……」

 うなだれるゼフィアーの背を、なぐさめるように軽く叩く。

 問題は多い。竜狩人のこともある。彼らだけでどうにかすることは、まず不可能だ。けれど、とディランは己の思いを噛みしめるように目を閉じる。

「解決しないといけないことはたくさんあるし、説き伏せなきゃいけない、手ごわい相手もいる。でもさ、みんな一緒ならできると思うんだ。きっと、今まで会った竜たちも協力してくれると思うし」

「そうか?」

「そうだよ。それに、ゼフィーたちがやるんなら、できるんじゃないかって思う。一度どん底まで叩き落とされた『私』をひっぱりあげてくれたくらいだから」

 彼らのおかげで立ち直れた。また、世界を信じてみようと思えた。だから――今度は自分の番だ。

「いろんな目にあってきたけど、やっぱり俺は信じたい。人の力を、竜の心を、もう一度信じたいんだ。だから、一緒に頑張ろう」

 きっとできるさ。そう言ってゼフィアーをじっと見つめた。彼女はしばらく目を白黒させていたが、やがて、照れくさそうな笑みを見せた。わざと、小さな子どものように、ディランの腕にすがりつく。

「うむ、そうだな。頑張ろう」

 空は青さを増してゆく。

 長い夜が終わろうとしていた。

 

 

     ※

     

     

 六人は、日の出とともに町を出た。低い山並みがわずかに見える道を進んでゆくと、空気が乾き、熱を帯びてくるのを感じる。これが炎の主竜の力だと、誰もが意識の底で理解していた。砂漠の影はまだ見えないが、そう遠くはないだろう。

「さてと。ヤッカの前に、もうひとつくらい町があったっけ?」

「ええ。川のそばに町があるわ」

 ディランのさりげない問いに答えたのはマリエットだった。美女の断言に、ゼフィアーとレビが安堵したように肩を落とす。砂漠の道行きの過酷さを、彼らはしっかりと覚えていた。乾いた大地の中では、トランスがとたんに頼りなくなることも。ディランは無意識のうちに、男の方を見てしまう。

「なんだよ、なんだよ。みんなして俺をじろじろ見て」

 男はそう言って、顔をしかめた。ディランはあたりを見回す。どうも、トランスに視線を注いでいたのは彼だけではなかったようだ。というより、チトセ以外の全員が、生温かい目を向けていた。チトセだけは、純粋に砂漠が面倒くさいと思っているのか、しかめっ面で遠くを見ている。

「砂漠に入る前に、水筒に水を入れなければ。春先だからと油断していると、トランスが干物になりかねない」

「お、おいおいゼフィー。干物はひどいぜ。おっさん落ち込む」

 トランスはわざと大きな声でそう言って、大げさに肩を落とす。その様子を見たディランは、さりげなく目をそらした。かつて自分も同じことを思ったことがある、というのは黙っておいた方がいいだろう。

 視線をそらした先にはチトセがいた。ディランは、首をかしげる。――少女はなぜか足を止めて、道なき道の脇をじっと見ていた。

「どうかしたのか?」

 声をかけると、彼女は驚いたように振り返る。それから、気が抜けたとばかりに目尻を下げると、自分が見ていた方向を指さす。ディランは無言で指を追いかけた。

「あれ」

「あれ、って」

 その先にあったのは、低木。そして、低木のそばに石があった。よく見ると、浅く穴を掘った地面に石がかぶせてあるようだ。

「焚火の跡だな。でも、そんなに珍しいものでもないだろ」

「そうなんだけど、さ」

 彼女は珍しく、弱々しい声で語尾を濁した。

 その後もチトセは、歯に何かが詰まったような顔をして、あたりを見回していた。不審に思ったディランはいよいよ、声をかけようかと思ったが、その前にチトセの方から口を開いた。

「ねえ」

 彼女が問うたのは、マリエットだ。

「このあたりでさ。保存食に、魚の干物とかって、売ってるの?」

 突然の質問だった。さすがのマリエットもきょとんとしていたが、すぐ真面目に考えたようだった。

「ないことはないけど、少ないわね。内陸でしょう、ここ。魚そのものが、あまり出回らないの」

「じゃあ、干しいいは」

「大陸東部は、稲作ができる環境じゃないわ」

 マリエットが断言すると、チトセの渋面はますます深くなる。すぐそばにいたレビが身を乗り出した。

「どうしたの、急に」

「……さっき、焚火の跡を見つけたんだ」

「それは聞いてたけど」

「魚の干物のにおいがした」

「へ?」

 チトセの切り返しに、レビがぽかんとする。他の四人もそれは同じだった。みなが疑問に思っていることを、わかっているのだろう。チトセは苦い顔のまま続けた。

「気づかなかった? あのあたり、魚臭かった。このあたりでは、魚じたいあんまりないのに。

……でもね。『うち』は特に幹部が、東大陸の半島の出身者が多いから、保存食も魚や米をけっこう持ち歩くんだ。人によっては、高いものをわざわざ無理して買って」

 はっきりとした物言いをするチトセにしてはまわりくどい。ディランは眉をひそめたが、すぐにはっとなって彼女を見た。

「つまり、このあたりに――『あいつら』がいるかもってことか」

 あえて肝心な部分をぼかして訊いてみると、少女が無言でうなずいた。一行を取り巻く空気が鋭くなる。

「けど、偶然ってこともあるだろ。海の方から来た旅人が持ってきたのかもしれないし」

「そうだけど。そういう可能性もあるってこと」

 トランスの指摘に対し、チトセはふてくされたように言い返した。自分でも、過敏になりすぎていると思っているのだ。

「万が一彼らがいたら、お主、どうするのだ?」

 ゼフィアーが目をくりくりさせて問う。

「どうって。……相手の出方しだい?」

「まさか、ころっとてのひら返したりしませんよね」

「だから相手しだいよ」

 ぶすっとしているチトセの横で、レビが目をすがめる。こちらも珍しく、相手を疑ってかかっていた。

「最初からぼくらを誘導していたとか、ありませんよね?」

「そんなことしないわよ! まどろっこしいやり方は嫌いなの。それやるなら、最初からけんか売ってる。それに」

 懐疑的なレビに、チトセが怒った犬のように言い返す。そのやりとりに、まわりの四人は顔をほころばせた。

 けれどディランは――ディランだけはすぐ、笑みを消した。考える前に、足が止まる。

 

「安心しろ。姑息な手は使わん」


 声は、どこから響いたのだろうか。

 思う前に、全員が身構えた。――いや、チトセだけは、一瞬ためらった。

 満ちる静寂。誰かが得物の先を動かそうとしたそのとき、そばの低木の陰からひらめくものがある。マリエットが鋭く槍を振ると、高い音が鳴って、投てき用の短剣が跳ね飛ばされた。全員が顔をこわばらせて、意識をそちらに向ける。

――靴音は、前から聞こえた。

 金属がこすれる音がする。ディランは目をみはった。

 殺意以上にまがまがしいものが伝わってくる。熱く冷たい恐怖が全身をかけめぐり、気づけば剣を振っていた。

 刃と刃がぶつかりあい、火花を散らす。ディランは夢中で後ろにとんだ。そこで初めて前を見て、知らない男が剣を静かに構えているのを見た。そして剣から感じるのは、魂をむさぼるものの気配。ディランは冷静になれ、と言い聞かせよとして、だがそのひますらないことを思い知らされた。

 知らない男を覆い隠すように、黒が躍り出る。そう思った次の瞬間には、きらめく槍の穂先が近くにあった。

「ディラン!」

 誰かが名前を呼ぶ声はやけに遠い。

 彼の意識は恐ろしいものを前にして冷えていた。

「久しぶりだな」

 低い声が響く。覚えのある声だ。そして、相手の言うとおり久々に聞く声だ。

 だというのに、時間を感じさせないのはなぜだろう。

 そう思ったとき彼の目は、やっと大きな槍とそれをにぎる男を、まともに認識した。

「――ようやく本性を見せたか」

 いつかの記憶を揺さぶる声で。雨と血を思い起こさせる立ち姿で。

 竜狩人の男、カロクが、そこにいた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます