11.ディラン

 どうか、悲しまないで。嘆かないで。

 竜の営みは、まだ途絶えていないから。 


――私は生きて、ここにいるから。

 

 

     ※

     

     

 ディルネオ、と。

 ゼフィアーが水竜すいりゅうの名を口にした瞬間、人々の間にいいようのない緊張が走った。ある者はわずかに目をみはり、あるものはか細い声をこぼし、またある者は口を開けたままその場で動きを止める。端的にいえば、誰もが唖然としたのだ。

 ふたつの名を向けられた少年は、少年の姿をした者は、まだ彼らに背を向けたままだ。じっと、大樹と向きあっている。

 果てしなく続くかと思われた、重い沈黙。それを打ち破ったのは、ほかならぬ、人の声だ。

「は……?」

 それは最初、言葉にすらなっていなかった。四人の視線が、声の主へ集中する。力の抜け切った声を発したトランスは、いつかのように、弓を取り落としそうになっていた。今まで仲間たちが見たことないような、激しく揺れる瞳は、少女とその向こうの少年を何度も見比べている。ゼフィアーが、ひたとトランスを見つめ返すと、彼はようやくまともな言葉をつむいだ。

「おいおい、なんの、冗談だよ。なあゼフィー」

 震える声に、少女はすぐにはこたえない。ただ少し苦しそうに、あるいは悲しそうに目を伏せて――背を向けたままの一人を見た。ほかの三人も自然と、彼女の目を追っていた。

「え? ディルネオって……誰が? ディラン、が?」

「待て。そんなはずは――だってあいつ、どこからどう見ても人間で」

 うろたえて。あるいは、目の前に存在する真実から目をそむけるようにして。レビとトランスが、口早に言う。しかし、ゼフィアーはあくまでも静かで、そして冷徹だった。ゆるやかに首を振ると、少年の方へ歩いていく。いつもどおりの、足取りで。そして少年の背後に立った彼女はその場で小さく口を動かした。なんと呼びかけたものかと、迷ったのだ。少女が逡巡しているうちに、振りむいたのは少年の方だった。

「ゼフィー。ゼフィアー・ウェンデル」

 今までと変わらぬ声が、今までより厳かに少女を呼ぶ。はっとゼフィアーが顔を上げかけたところで、彼女の頭に手が置かれた。少年はいつの間にか彼女の方に体を向け、微笑んで立っていた。

 穏やかにゼフィアーを見下ろした彼は、息を吸い、口を開く。

「いつ、気づいたんだ?」

 ゼフィアーは息をのんだ。いや、彼女だけではない。その場にいた誰もが言葉を失い立ち尽くした。

 ディランの言葉は問いのかたちをとってはいたが、実質上の肯定だ。自分が水の竜であるということを、認めたのだ。

 手が、茶色の頭から離れる。同時にゼフィアーは弾かれたように顔を上げて。吐息のような、声をもらしていた。

 どこまでも、穏やかな瞳。小さき者を見おろす目は、ディランのものでありながら、彼のものではない。

 深い青。海を、あるいは藍玉を連想させる、底のない青。そして、瞳の奥にたたえられた力と威は――まごうことなき、竜のものだ。

 藍玉と琥珀が。竜と、彼らに近しい民が。それぞれの目が、ぶつかりあって、交差して。そのとき少女は、覚悟を決めた。

「――結論に辿り着いたのは、たった今だ」

 なるべく「今までどおり」を装って、ゼフィアーは口火を切った。

「違和感はずいぶん前からあった。

 はじまりは、お主がファイネで倒れたときだ。前に話したと思うが、トランスから聞いた夢の話をもとに、カロクの槍がお主の魂を傷つけたのではと推測した。けどもそれだと、レビが元気であることの説明がつかないし、お主がどれだけ敏感であったとしてもさすがに魂は感じとれないだろう、と思うと、自分の推測に自信が持てなかったから、そのときは深く考えなかった」

 ディランは無言で続きをうながす。ゼフィアーは、何かに急き立てられるように、口を動かし続けた。

「けども違和感はそれで終わりではなかった。今思えば、傷の治りがおそろしく早いのも変だし、前に聞いたイグニシオの反応も気になった。

そして、もしかして、と考えはじめたのは、水幻洞すいげんどうで水竜の暴走を鎮めたあとだ」

 ゼフィアーは一度目を閉じ、そのまましばらく何かを探すように動かずにいて、やがて目を開いた。

「あのとき――水竜の一頭が、私に話しかけてきただろう? そのとき彼は、こう言ったのだ。

『僕たちのあるじ様を、もうしばらく頼むよ。肝心なときにとんでもない無茶をするお方だから、見守っていてほしい』と」

 そこで、はじめてディランの表情が動いた。驚きが、両目に走る。それを不思議な気分でながめながら、ゼフィアーは続けた。

「おかしいだろう。暴走する前、そして暴走しているときは、ディルネオをいないものとしてとらえていたはずの竜が、突然そんなことを言い出したのだ。

 しかも『もうしばらく』と、まるで今までもずっと私たちのそばにいたかのように言う。とすればこの一件で、水竜たちが暴走させた力、彼らの起こした水に触れた人が、実はディルネオなのではないか。私はようやく、そう考えはじめた。そしてやはり、可能性があるのはお主だった」

 彼女は言うと、その場で足踏みした。先程生えたばかりの、みずみずしい草が音を立てて揺れる。

「それからかな。ようやく伝としての私の感覚が、お主の力をとらえはじめた。半ば確信しながらもしばらく観察を続け――《大森林》に来て、それは確固たるものとなった。竜の守護を失い、枯れかけていたはずの森を再生させるなどという芸当は、守護者であるディルネオ以外にはなし得ないことだ。そうだろう」

 そこまで語りきったゼフィアーはようやく言葉を切り、まっすぐにディランを見上げた。瞳はもう、揺らがない。

「――私の推測を言っても、いいか?」

「ああ」

 許しの言葉は短い。ゼフィアーもまたうなずきでこたえた。

 

「ディルネオは、竜狩りにあったのち、からくも生きのびた。そしておのが魂を守るため、人の姿に変化へんげして二十二年を過ごした。記憶を失った少年を装って」


 厳しい声が空気を打ちならす。

 ディランとゼフィアー、両者のやり取りを邪魔する者はいなかった。森の生物ですら、気を遣って息を潜めているかのようで。そんななか、ディランはふっと口もとをほころばせた。

「なかなかに、よい推理だ。つたえの末裔よ」

 ゼフィアーと、そして背後にいたトランスが硬直する。口調が変わった。昔に戻った、というべきか。――まとう空気さえ変質させて。ディランはぼうっとしている彼らを見て小さく笑うと、そのままで言葉を続けた。

「ただ、いくつか訂正させていただこう。――記憶がなかったのは本当だ。そして今も、完全ではない。あくまで、『自分がディルネオだ』という自覚が、意識に定着したというだけの話だ。そして、過ごしたのは、あくまで『暁の傭兵団』に拾われてからの七年間のみだよ」

「……では、いつからなのだ? いつから、記憶が戻り、自覚が芽生えはじめた?」

 ゼフィアーが身を乗り出して問う。ディランは、小首をかしげてから、答えた。

「おまえが私の正体に気づいたのと、ほぼ同時期。つまり、水幻洞での騒ぎのあとだ。あのとき、眷族たちの起こした濁流にのみこまれただろう?――その中で私は、おそらく一度、ディルネオとしての意識を取り戻した。そして、眷族たちに呼びかけたのだよ。静まってくれ、憎しみを、悲しみを受け入れてくれ、と」

 そのものが青い水の中。みずからのうちから響く、過去と今が重なる声を聞いたとき、すでに彼は、人ではなかった。竜としての自覚を、もちはじめていた。

――そうでなければ、水竜たちを止めることなど、できなかった。

「あのとき、突然暴走がおさまったのは、それでだったのね」

 マリエットの言葉に、ディランはうなずいた。

「水の中で眷族たちに呼びかけたことは、濁流から出たときに一度忘れてしまった。しかし、それから少しずつ、記憶が戻りはじめた。最初は、『ディラン』の中に『ディルネオ』の意識と記憶が不自然に居座っているような状態だった。正直、気分が悪かったよ。だが、どちらももともと同じ『私』だ。旅を続けるうちに、私は居座っているものを受け入れていった。

 それにともなって、竜としての力もわずかずつだが戻ってきている。おかげでレビをずいぶん怖がらせてしまったようだが」

 ディランの視線を受けたレビが、すくんだ。けれど、今度の彼は今までのように、いたずらにおびえを見せることはしなかった。ただ、少しの戸惑いと寂しさをにじませた目で、少年の姿をした竜を見返した。

「……そうか。ぼくがときどき感じていたのは、竜の力、だったんですね」

 彼はそう言って力なく笑う。影は、迷いは残ったままで。けれどここ最近ではもっとも優しく自然な笑顔だった。

 ディランの中の、少年としての意識は、そのことに安堵をおぼえる。

 彼はいいようのない感慨に浸ってから、ふっと相好を崩した。

「それにしても、眷族たちは相変わらずの心配性だな。……いや、今回は私が迷惑をかけたから、当然か」

 小さく呟く。それに四人は、微妙な表情と沈黙を返した。風が草葉を揺らす音を聞きながら――レビが、意を決したように口を開く。

「あの。今回、《大森林》に入るのを言い出したのは……あなた、なんですよね。それは『ディラン』としての意思ですか? それとも、『ディルネオ』としての……?」

 ためらったのか、レビは最後まで言わなかった。だが、おおよその見当はつく。ディランは苦笑してかぶりを振った。

「さあな。どちらとも言える。

ただ、そうだな。ひょっとしたら、終わりにしたかったのかもしれない。ここへ戻ってくれば、私の記憶と自覚はさらに鮮明になるだろうと思っていたし、誰かが私のことに気づくだろうとも、うすうす感じていた」

 そのとおりになったよ。と、水の主竜は笑った。

 言葉とともに、青い瞳は四人をなぞる。今まで旅をしてきた四人は、それぞれの表情をしていて、けれど、畏怖の念を向ける者はひとりもいない。それが『彼』にとっては、このうえなく嬉しかった。

 しばらくディランと四人が向かいあっているうちに、一人の男が顔をこわばらせた。思うところはあったもののなんと呼びかけていいのかわからないらしく、渋い顔をして口を動かしている。彼の様子に気づいたディランは、思わず吹き出した。

「――トランスの呼びやすい方でいい」

「お、おお、じゃあディランで」

「うん」

 いつもの名前で呼ばれると、自然と意識も切り替わる。ディランは笑いの余韻を残したままの表情で、腰にさげた剣の鞘を叩いた。

「それで、なんだ?」

 短い言葉で彼が続きをうながすと、トランスは頭をかいてから切り出した。

「おまえが竜としての自覚をもった経緯は、まあ、だいたいわかった。けど……どうして、竜狩りにあってから記憶をなくしたか、わかるか?」

 ためらうようなトランスの問いに対して、ディランは考えこむそぶりをする。それから、こともなげに言った。

「簡単だ。俺が自分でそうしたからだよ」

 え? と。四人の声が重なって響く。まあ、そういう反応をされるだろうとディランは苦笑した。それからゆっくり言いなおす。

「正しく言えば、記憶はなくしたんじゃない。封じたんだ、自分で。

あのとき魂を守るには、その力も、自分が竜であるという自覚もすべて封じこめる必要があったんだ」

 思い出すのは雨の音。白い雷光。そして、むせかえるほどの血のにおい。

 ディルネオとして見た最後の風景は、やけに鮮烈で。そしてその中で芽生えた意思は、何よりも力強かった。

 自分が生きなければならないという、使命感。そして、死にたくないという生命としての願望。今となっては、はっきりと思い出せる。


「二十二年前、ね」

 黙って聞いていたマリエットが、一歩を踏みだす。森の中、槍の穂先が鈍く光り、全員の視線が彼女へと引き寄せられる。マリエットは、軽く髪をはらいのけると、静かに問うた。

「あのとき、何が起きたのか。今のあなたはそれを知っている。そうでしょう?」

「ああ」

「ならぜひとも、それが知りたいわ」

 残る三人の顔がこわばった。特に、ゼフィアーとトランスは、マリエットに非難するような視線を向けている。けれども美女は動じない。「みんな気にしていることでしょう」とあっさり言って、またディランを強い目で見た。

 なぜか懐かしい力強い視線に、ディランは肩をすくめて苦笑する。

「そうにらまなくても教えるさ。話さないといけない、とは思っていたんだ」

 そう言うと彼は四人に背を向け、大樹を見上げる。

 長い時を生きた。その中のいくらかを、この森で過ごした。この樹は彼にとっても、間違いなく懐かしいもので、最後に見たのは二十二年前。

 記憶は完全ではない。けれど、はっきりと思い出せることもある。

 己が己を失うことになる、あの日のこと。そして、そこに至るまでの短い日々のこと。

 回想にともなうのは、悔しさと、悲しさと、どうしようもないむなしさだ。けれど彼は、動じない。屈しない。もう足を止めることはしない。嘆き悲しむ時は過ぎた。

 しばしの空白を経て、彼はまた主竜として世界に立つ。そしてそのために、もう一度向きあわなければならない。

 

 人を愛し、竜を愛し、世界を愛して――その果てで知った、絶望に。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます