第三章

12.北の水竜たち

 びょう、と風が吹く。北大陸特有の、氷より冷えきった鋭い風は、時折、怨霊の泣き声のごとく高く恐ろしい音を立て、緑にとぼしい大地を吹き抜けてゆく。そのうえにあるのは、薄い雲がかかった空。決して雲がなくなることのない空は、けれどこの日、とぎれがちながらも青をのぞかせていた。薄絹のような雲に隔てられ、丸く小さな太陽がぼんやりと光っている。

『彼』は――そんなかすかな青空を、悠々と飛んでいた。青い翼で、ゆったりと空を打ち、体を水平に滑らせる。鳥よりも遅く飛ぶ鳥よりも大きな生物は、ふと体と同じく巨大な頭を持ちあげた。爬虫類に似ていなくもない、けれどそれよりも愛嬌のある瞳が、眼下に広がる大地をなぞり、優しく細められた。

『うん。実によい天気だ。ゼノン山脈で一晩雨をしのいで正解だったな』

『彼』は、上機嫌に呟いた。整然とした響きをもって放たれる声。つまりそれは、言葉だった。竜と呼ばれる生き物たちだけが使う、特有の言語。『彼』はそれを、さえぎるもののない空にこぼしながら、散歩にも似た帰路を楽しんでいた。

 しかし、そのとき、一陣の風が吹きつけた。穏やかな雰囲気をまとった瞳が、ふと細められる。青い鱗に覆われた巨体をもつ『彼』は、鋭利な空気をまとった。

『――嫌な風だ。さては、炎竜えんりゅうたちが暴れているな?』

 ひとりごちて、翼で強くくうを叩く。飛行速度を一気に上げた。風にも負けぬ速さで空を駆ける。同じ空を滑っていた白い鳥が、慌てて避けていたが、『彼』はそれに目もくれず飛んだ。

 やがて、鮮やかに色づいていた平地を抜ける。ぽつぽつと、人の集落が目についた。五つほどの村と街の上を通りすぎたのち、遠くに人が作った道と、赤色の群を見つけた『彼』は目を細めた。道のまわりの空気が不安定にゆらいでいるのが、鱗ごしでも感じられた。

『馬鹿なことを』

 毒づいて、またはずみをつけて空を飛ぶ。冷たい音が鳴った。わずかに喉を鳴らしたのち、赤色の群めがけて、一直線につっこんだ。

 

『何をしている!!』


 腹の中から声を出し、一喝すると、赤色の群が乱れた。群が――道をいまいましげににらんでいた紅き竜たちが、焦りと恐れをにじませた目で、突然の闖入者を見る。

『なっ――ディルネオ様!?』

 群の中の誰かが叫んだ。『彼』は、ディルネオは、炎竜の群のそばまで飛ぶやいなや、全身をかすかにふるわせる。巨体のうちから力があふれだし、空へ、空気へにじみだしていった。それは、空気中に過剰に放たれた熱の力を中和して、道のまわりの歪みをゆっくりならしてゆく。

 水を統べる力。水の竜なら必ず行使できるものだが、ディルネオが放ったそれは、ここにいる竜たちが束になってもかなわないほどの強さをもっていた。しかも、周囲の環境を乱さぬよう、きちんと範囲を定めて振るわれている。巧妙に、そして自然に行われた力の放出に、炎竜たちが状況を忘れて息をのむほどであった。

 己の役目を果たしたディルネオは、あたりの歪みがなくなったのを確認すると、ほうっとひとつ息を吐く。そののち、性格が変わったようにきっと顔を上げ、炎竜たちをにらみつけた。竜たちが、そろってびくりと震える。ふだんなら、己のあるじにしかおそれを抱かぬはずの、竜たちが。

『おまえたち、イグニシオの眷族だな』

『はっ……』

 竜のうちの誰かが、吐息とも返事ともつかぬ声を出す。

『主竜イグニシオは西大陸にいるぞ。だというのに、眷族おまえたちが遠く離れた北の地にいるのはなにゆえか?』

『そ、それは……』

 竜たちはうろたえ、ざわめきのような声をこぼす。それでも、ディルネオがじっとにらんでいると、炎竜の群のうちの一頭が口火を切った。

『じ、実は……別の炎竜から、ある話を持ちかけられまして』

 彼のその一言を皮切りに、他の炎竜たちも、観念したように事情を話し出す。水竜は、黙ってそれを聞いていた。

 明かされた事情は、こういうものだった。別の主竜に従属している炎竜と、彼らは仲良くしていた。が、そのうちの何頭かがこの北大陸上空で竜狩りゅうがりにあったという。からくも生き残った炎竜たちは、彼らにすがりついてきた。そして、怒り狂ったその炎竜たちに感化され、彼らは生き残りたちに協力するかたちで、力を振るおうとしたのである。

 すべてを聞き終えたディルネオは、翼を動かしながらため息をついた。

『――それがどういうことか、わかっているのか? 私が止めなければ、おまえたちは一生、罪を背負うことになっていたのだぞ』

 炎竜たちが、言葉に詰まる。ディルネオは彼らを静かに見回すと、強くはばたいた。一瞬だけ、冷たい風があたりに吹き荒れる。

『ともかく。私からは、これ以上は何も言わぬ。あとは主に叱ってもらうゆえ。仮に、おまえたちがイグニシオにこのことを黙っていても、後日私の口からあいつに伝えるぞ。逃れられぬと思え』

 竜たちが、うめきにも似た返事をこぼす。そこでディルネオは、地上を一瞥した。竜の影に気づいたらしい通行人が、訝しげに足を止め、こちらを見上げている。いつでも飛び立てるよう翼の動きを調整しながら、彼はさらに続けた。

『それと、このあたりで行われたという竜狩りについては、私の方から知り合いのつたえの一族の者たちに報告しておく。すぐに大陸中で調査を行ってもらえるよう、取り計らう。私たちも、動く』

 ディルネオが静かに言うと、また竜たちがざわめいた。その様子を見て、ディルネオは穏やかに目を細くした。

『おまえたちばかりが気負う必要はない。私がなんのために、おまえたちの主のもとへ通い、情報交換をしていると思っているのだ』

『ディルネオ様……』

 群の端にいた竜が、感極まったように呟いた。そんな彼らをながめまわした水竜は、翼で宙を打ち、身をひるがえした。青い尾が、美しく半円を描いて舞う。

『ともかく、おまえたちは急いでイグニシオのもとへ帰るのだ。――道中、気をつけてな』

『はっ……はい!』

 ディルネオは、こわばった竜たちの声を背に受けながら、その場を後にした。

 

 ディルネオがまた静かに飛んでいると、今度は前の方から、羽ばたきの音が聞こえてくる。ディルネオはわずかに鼻先を動かして、その場にとどまった。すると、彼が見つめる先に黒い点が現れる。点はみるみる大きくなり、青い竜の姿となった。ディルネオよりもかなり小柄な若竜わかりゅうだ。

『ディルネオ様!』

 若竜は、凛とした声で巨竜の名を呼ぶと、彼のもとへ一直線に飛んでくる。

『おかえりなさいませ! ご無事でしたか』

『ヴァレリオではないか。そんなに焦って、どうした?』

 ディルネオはきょとんとして、若竜ヴァレリオに訊いた。彼は、一年前にディルネオへの従属を誓ったばかりの竜である。主に問われたヴァレリオは、なぜか憤慨した様子で翼を打った。

『何をのんきな。あなたの御力おちからが動くのを感じて、慌てて駆けつけたのですよ。何かあったのかと……』

 まったくもう、と言うヴァレリオの前で、ディルネオは喉を細長く鳴らした。

『私の力?――ああ、さっきのあれか』

 少し考え、いましがたの出来事を思い出したディルネオは、一度大きく喉を鳴らす。人間でいえば首肯するか、膝を叩いていたところだろう。納得した様子の主竜の隣を並んで飛びながら、ヴァレリオが改めて問いかける。

『それで、結局何事だったのですか?』

『案ずるな。炎竜たちが騒ぎすぎていたから、静めてやっただけだ』

 軽い笑い声を立てながら、ディルネオは答えた。つとめて、軽く明るくふるまったつもりである。しかし、ヴァレリオは言葉の裏に潜む意味を悟ってしまったらしく、宝石のような両目を曇らせた。

『……また、でございますか』

 声には怒りと悲しみとむなしさが、少しずつにじんでいた。消沈した様子の眷族を見て、ディルネオも少し、神妙な面持ちになる。

『ああ。さすがのイグニシオも、だんだん手に負えなくなってきているようだ』

『イグニシオ様の眷族たちだったのですか!?』

 驚きの声をあげるヴァレリオに向け、ディルネオはうなずいた。

『七百年間で蓄積された不満と憎悪は、そうとう根深いと見える』

『しかし、あなたはその不満と憎悪を超克なさったではありませんか』

『私は変わり者だからな』

 ディルネオはおどけて言う。しかし、若き眷族のまなざしは真剣なままだ。それに、少しばかりひるんで、彼は言いなおす。

『――私はな。縁に恵まれていたのだよ。他の竜との違いは、それだけだ』

 深海を思わせる色の瞳が、ふっと、遠くを見るように静かになる。千を超える時を生きたと噂される主のそんな目に、ヴァレリオは胸をつかれたような思いでいた。昔を懐かしんでいたディルネオに、そっと声をかける。

『ディルネオ様?』

『さあ、《森》に戻ろう。この件をつたえの人々に教えなくてはならぬ。また、彼らに世話をかけてしまうな』

 が、ディルネオは、ごまかすように明るい声で話題を転換した。今はその話をしているときではない、と判断したのである。また、ヴァレリオも「そのときがきたら話してくださるだろう」という気持ちで翼を動かした。

『私たちが、人と竜の和睦のため、頑張らねばなりませんね』

『はりきるのはいいが、もう少し力を抜け。おまえは真面目すぎるぞ。私への“誓い”も大層なものだったし』

『これが素ですので。それに、真面目といってもあなたほどではありません』

『……私の方こそ、真面目なつもりはない』

『よその竜の事情にいちいち首をつっこんで、最後まで面倒を見てしまう竜を、真面目と言わずしてなんと言いますか』

 他愛もないやりとりをしながら、二頭の竜は北の《大森林》を目指し、空をゆく。

――互いを切り裂く残酷な運命の影など、このときの二頭はまったく感じていなかった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます