第一章

1.北の大地に立つ


 覚えているのは、風の音。叩きつける水の粒。そして、閃光と、轟音。

 竜の力をもってしても防ぎきることのできなかった、自然の猛威。異様としか呼べない気候の空域。

 そのただ中で、ふっつりと意識を途切れさせてから、どれほどの時間が経ったのか。

 


 目を開けると、視界いっぱいに白い物が見えた。呆然としていると、巨大な緑の目がのぞきこんでくる。静かな威をまとった目に見つめられて――ディランは、体の重さも忘れて飛びすさった。

「うわぁっ!?」

 遅れて、裏返った声が出る。手に固くて冷たい岩の感触が伝わったが、気にしている余裕はなかった。慌てて緑の目から距離をとり、そうっと目の前に佇むモノを見上げる。

『目が覚めたようですね』

 ふいにあたりに響いたのは、竜たちの言語、竜語ドラーゼだ。落ちついた声を聞き、冷静に相手を見て、ディランはようやく目前の生き物が竜だということに気がついた。しかし、体を覆っているのは鱗ではなく、羽毛のような白い毛。風をつかさどる竜の特徴だ。

「…………ルルリエ、じゃ、ない?」

 自分がよく知っている風竜ふうりゅうの名を呼んですぐ、ディランはかぶりを振った。悠然と佇む竜は、ルルリエによく似ているが、彼女の倍以上の大きさがある。

 彼か彼女かわからない、とにかくその竜は、ディランの反応を楽しむかのように目を細めた。

 そのとき、ディランの少し後ろから羽音が聞こえた。

『私はこっちよ』

「ルルリエ!」

 振り返ったディランは、見慣れた姿に安堵した。白の小竜はじっとりぬれているが、ひとまず無事のようである。

 ふと、そう考えて、彼はようやくこれまでのことを思い出した。ルルリエから恐ろしい空域の話を聞き、その対策を立てながら北大陸へ向かって飛行していた。そして、結局、ろくな対策が浮かばないまま件の空域につっこんでしまったのだ。最後に大きな雷鳴を聞いた、それから先の記憶がない。

「みんなは?」

 ディランは慌ててあたりを見回した。彼の隣まで飛んできたルルリエが、悠々と翼を動かす。

『全員、生きてるわよ。小さい二人がまだ気絶してるけど』

「そ、そうか……」

 息を吐いたディランはゆっくり顔を上げ、周囲を観察した。

「どこだ、ここ。洞窟?」

 まわりに広がるのは、白っぽい岩でできた空洞だった。かなり広いようで、岩壁が複雑にうねりながら薄い闇の中に消えていっているのがわかる。ディランとルルリエと、謎の巨竜がいる岩場も、同じ白い岩でできている。今までに見たことのない場所だった。

 ディランが苦い顔で首をひねっていると、正面から声が聞こえてきた。

「ここは、あなたたちが北大陸と呼んでいる大地にある、山のふもとの洞窟です」

 先程、竜語をこぼしたのと同じ声。ディランがはっと振り返ると、白い巨竜が優しい視線を注いでいた。驚きと戸惑いを抱きながら、彼は結局、まっさきに浮かんだ疑問を口にする。

「そうなんですか。それであの、あなたは、いったい……?」

「これは失礼。申し遅れました」

 流暢に言った竜は、翼で宙をなぞる。そして、首をディランの方へのばした。

「私は、風の主竜しゅりゅうが一角。名を、シルフィエと申します」

――シルフィエ。

 ずっと探してきた竜の名を聞くと、頭の中で何かがかみ合ったような気がした。

「じゃあ、あなたがルルリエの主」

「ええ」

 言った彼女は眷族ルルリエを見た後、ふたたび少年と向かいあい――ゆっくりとこうべを垂れた。


「このたびは、我が眷族がたいへんお世話になったようですね。感謝します」


 厳かな沈黙が、いっときの場を支配する。

 そしてそれを破ったのは、薄い闇の先から聞こえてきた声だった。

「お、ディラン。目ぇ覚めたか」

「元気そうね。安心したわ」

 奥まった岩の道の向こうから、二人の人が歩いてくる。トランスとマリエットだ。二人とも服や髪はあちこち乱れているが、顔色はいい。

 同行者の姿にディランはほっとする。

「二人とも。どこにいたのかと思った」

「ちょっとな。シルフィエに許可をもらって、あたりをうろつかせてもらった」

「今はここが風竜たちの棲みかなのね」

 疲れたと言って伸びをするトランスの横で、マリエットが楽しげに笑う。ディランは無意識のうちに、風の主竜をまじまじと見た。

「棲みかというより、一時的な拠点ですよ。我々は、イグニシオのように家を持たないのです」

 穏やかな解説に、ディランはへえっと相槌をうつ。

 ちょうどそのあと、ルルリエのさらに後ろあたりから、小さなうめき声が聞こえた。岩の壁際に、毛布をかけられ寝かされている少女と少年。彼らは、うなりながら目を開けると、もぞもぞと身じろぎする。

「ゼフィーとレビはあそこにいたのか……気づかなかった……」

 どこだこことか、そんな発言をしながらきょろきょろする子どもたちの姿に、ディランは苦笑した。

 

 全員が目ざめたところで、一行はようやく、シルフィエとルルリエの口からこれまでのことを聞く。

 ルルリエは、続々と倒れていく人間たちを背に、どうにか空域を脱したらしい。だが、そのころには彼女も疲れ果てており、北大陸中部にふらふら墜落してしまった。ひとけのない荒野に墜ちた彼女のもとへ駆けつけたのが、シルフィエと眷族たちだったという。

「じゃあ、シルフィエが助けてくれたのだな。ありがとう」

 ゼフィアーが、恐縮しきった様子で頭を下げると、シルフィエは短く二回喉を鳴らした。

「礼を言うのはこちらの方です。ルルリエを助けていただいて、ありがとうございました」

 主の言葉に、ルルリエが気まずそうにうなった。隣にいたディランはなんとなく、彼女の足をぽんぽん叩いた。

 そのとき、シルフィエの目があらぬ方向を見る。

「それに、みなさんをここに運んだのは確かに私たちですが、ルルリエを一番に見つけて知らせてくれたのは、別の竜です」

「別の竜?」

 全員が訊き返した。

 直後、まるで図ったかのように――闇の中に唐突に灯った、蛍火のような光球が、ディランに向かって突進してきた。

「うあっ!?」

『やあ! レッタ以来だね、ディラン』

 本日二度目の、裏返った叫び声をあげたディランは、ひっくりかえりそうになるのを辛うじてこらえた。飛びかかってきたのは、しゃんしゃんと体を鳴らす光の球。不思議生物ことクレティオだ。シルフィエは、光に視線を注いで『知り合いですか』などと竜語で問いかけている。クレティオは彼女の問いに『まあねー』と答えた。暗い洞窟のなかにあっても、陽気だ。

 ディランは、唖然とした。

「え? べ、別の竜って、ちょ、まさか」

『あ、うん。ちょっと離れる』

 言うなりクレティオは本当に人々から離れ、シルフィエの頭上あたりの高さまで昇った。

『天井にくっつかないでくださいね。そんなところで変化を解かれたら、洞窟が崩壊しますから』

『もう、わかってるさ』

 彼は、光の球のような己の体を小刻みに震わせる。と、全身からまばゆい金色こんじきの光が放たれた。一行は思わず目をつぶる。そばで、レビの悲鳴が聞こえた。光がおさまり、あたりに静かな闇が戻る。同時に、妙な威圧感が場を満たしていた。ゼノン山脈のときと同じだ。

 予感を抱いて目を開いたディランは、「うわあっ!?」と叫びながら倒れかかってきたレビを、とっさに支えた。

「ディラン、あ、あれ……!」

「うん。わかってる。見えてるし、予想してた」

「れっ、冷静ですね!」

「今回は相手が相手だしな」

 緊張感のない二人の頭上に、羽ばたきの音が降る。翼を打って、ゆっくりとみんなの中心に降り立ったのは、金色の鱗に覆われ、大きな翼を厳かに畳む巨竜だった。

「久しぶりの人も、はじめての人も、改めて。光竜こうりゅうクレティオだよ。こう見えて、主様なんて呼ばれてる」

 金色の竜は、かつてディランが二度聞いたのとまったく同じ声で名乗った。

 男たちはしばらく言葉を失っていた。一方、少女と女性は平然としてうなずいている。

「よろしくね、クレティオ」

「それと、ありがとう!」

 くすくすと笑いながら言うマリエットと、律儀に頭を下げるゼフィアーに、クレティオは喉を鳴らしてみせる。

 そんな頃になって、ディランはようやく口を開いた。

「まったく。竜ならそうと言え、この不思議生物」

「いやあ。君がどこまで知ってるのか、わからなかったから」

 弾んだ声で言ったクレティオが翼を震わせると、その先からりんぷんのような光の粒が舞って、消える。レビが吐息を漏らしてその光景に見とれるなか、ゼフィアーがディランの脇腹をつついた。

「つまり、ディランがアルセンの森林で見たのは、光竜の群だったのだ。彼らは蛍火みたいに変化して移動することが多いと聞くからな」

「ゼフィーおまえ、やっぱり知ってたんだな!」

「うむ。直接お主についてはいかなかったが、予想はしていた」

「なんで黙ってたんだよ」

「いや、驚いてくれたらおもしろいなあと……いひゃい」

 さらりと言うゼフィアーの頬を、ディランは容赦なくひっぱった。ゼフィアーは目に涙を浮かべているわりに、嫌そうな表情ではない。

 二人のやり取りを遠巻きに見ていたトランスとレビが、顔を見合わせた。

「そんなことがあったんですねえ」

「ったく。あいつ、いつも俺たちの見えねえところで知り合いつくりやがって」

 呆れかえったようなトランスの呟きに、竜たちとマリエットが笑った。

 

 

     ※

     

     

 騒ぎが一段落したところで、一行は大まかな事情を竜たちに説明した。ディランの記憶がない、というのを聞いたクレティオが、わずかに鼻先を動かしたが、それに気づく者はいなかった。

『なるほど。失われた人の記憶と、つたえの儀式の方法を探しているのですね』

 風の主竜が、ぽつりと呟く。ゼフィアーが彼女のすぐそばに言って、身を乗り出した。

「シルフィエたちは、《魂還しの儀式》について、何か知らないのか?」

 主竜たちが顔を見合わせる。どちらも、喉を二回鳴らした。後ろで聞いていたディランは、彼らが示した否定の仕草に落胆して、ひそかに肩を落とす。

「たぶん、その……一族の力を使わない儀式っていうのは、今まで行われたことがなかったんじゃないかな」

 クレティオの言葉に、ゼフィアーが目を瞬く。横からマリエットが、「どういうこと?」と問いかけた。竜は、鱗と同じ色の金色の瞳を洞窟の天井に向ける。

「方法は編み出されたけれど、誰もそれを実際にやらなかった。あるいは、できなかったんだと思う。

たぶん、相当複雑な陣を用意しなきゃいけなかったり、すごくたくさんの力が必要になったりしたんだろう。不可能だったから、誰もやらないまま、方法だけが書庫に埋もれてしまった。だから僕たち竜にも伝わっていない……そういうことなんだと思う」

「そう、か」

 淀みないクレティオの推察の言葉に、ゼフィアーが肩を落とす。うなだれる少女を、白い巨竜が見下ろした。

「しかし、ディルネオが知っていたということは、《大森林》のそばの村に行けば何かわかるかもしれません」

 優しい声に、ゼフィアーのみならず、ディランたちも引きつけられる。

「彼がもっとも頻繁に顔を出していたのは、あの伝の村です。彼が儀式の特別な方法とやらを知ったというのなら、あの村になら何か資料が保管されている可能性はあるでしょう」

「《大森林》のそば、か」

 トランスが顎をなでながら呟く。そしてほかの四人も、視線を交わしあう。

 彼らの心は、無言のうちに決まっていた。

 できることからやっていくしかない。今までもそうやって、ここまでなんとか歩いてきたのだ。

 彼らの胸中を察したのか、ルルリエが複雑そうな表情で翼を打つ。

「《大森林》、行ってみるか?」

 ディランが確認のように言うと、静かな首肯が返ってくる。次の目的地は決まった、と膝を打った。

 水竜が守護していた、そして今は守護を失った森。まだ見ぬその地に、少年はつかのま、思いを馳せた。

「ところで――ここは、北大陸のどのへんなんですか?」

 話がついたと同時、自分の棒を確かめていたレビが、そっと切り出した。対して、シルフィエたちは首をかしげる。

「人間たちに、どう説明していいものか……」

「たしか、クゼスっていう国じゃなかったっけ?」

 戸惑っている様子のシルフィエと、あっけらかんというクレティオ。その言葉に、トランスが反応した。

「クゼスっつーと、《大森林》に一番近い国だな。ちょうどいい」

「よかったわね。変に遠いところじゃなくて」

 にやりと笑った男に、美女が茶化すようにそう言った。

 クレティオが愉快そうに翼を震わせる。

「確か、すぐそばに『つたえの一族』の集落があったはずだよ。そこの人たちにいろいろ聞くといい」

――その後、しばらく話しあい、今日は洞窟で休んで明日出発することに決まった。



 翌朝。一行は、シルフィエの案内のもと、洞窟の外に出た。

 空は暗く、空気は刃のように冷たい。黙って立っていると、凍えてしまいそうだった。ふと横を見ると、黒々とした山並みが目に映る。見ているだけで背筋がのびるような荘厳さをまとった、不思議な山だった。

「みんな、世話になったな。ありがとう」

 振り返り、お礼を言うと、シルフィエもクレティオも微笑した。一方、ルルリエは、なぜか縮こまっている。

「ルルリエとはここでお別れなんですね」

 レビが、ぼそりと呟いた。ルルリエは翼を細かく震わせたあと、そっぽを向く。

『辛気臭い顔しなくても、いいじゃない。今生の別れってわけじゃないでしょうし』

『そういうルルリエが、一番寂しそうだけどね』

 クレティオが茶々を入れる。金色の頭を、シルフィエが無言でぴしゃりと叩いた。

 恥ずかしそうに沈黙する小竜に、苦笑したディランが歩み寄る。ときどきやっていたように、ふわふわの毛をなでた。

「また会いにくるよ。ゼフィーが気配を覚えてるだろうから、その気になればいつでも追える」

『……うん』

 まだ落ち込んでいるようだったが、いつまでもそばにいるわけにはいかない。肩をすくめて下がったディランを、トランスの手がどやしつけた。

「そんじゃ、行こうぜ」

 彼の号令に、残る四人がうなずく。最後にもう一度お礼を言うと、彼らは竜たちに背を向けて歩き出した。

 

『みんな!』


 背中に声が叩きつけられる。ディランたちが振り向くと、いつの間にか、ルルリエが主竜たちの前に出ていた。

 五人の視線を受けた風の小竜は、高らかに吼える。そして、言った。

「またね」

 つたない言葉。

 けれど、こめられた思いを知るには、じゅうぶんだ。

 知らず知らず微笑んだ五人は、思いをこめて、力いっぱい手を振った。

 

 旅とは出会いであり、別れでもある。そして出会いと別れは繰り返す。

 互いの命がある限り、一度の出会いでもたらされた縁は、きっと続いていくだろう。

 だからルルリエにも、また会える。そう、ディランは信じていた。

 

「またな」


 再会の約束をこめた言葉を残し、ディランは白い岩場に背を向ける。

 地平線の向こうには、寒風に吹きさらされる大地が見えていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます