幕間Ⅱ

2-1 老傭兵の見る風景

「あっ! おい待て!」

 突然、奥の方からそんな声が聞こえた。煙管パイプを手にしたところだったサイモンは、ふっと顔を上げた。視線を巡らせると、食事用テーブルのそばの棚の前で、一人の男が慌てている。視線の先には、きょとんとしている子どもがいた。手には皿を持っている。

「……あ、あれ」

「その皿はもっと高いとこにやるもんだ! ほかのやつと混ざったらまぎらわしいだろ!」

「でも」

「だいたいなぁ……皿はいいからテーブルふいとけって言ったじゃねえか」

 頭を抱える男は、いらだたしげだ。ラリーほどではないが若い。子どもと接した経験もあまりないと見えるから、どう教えていいかわからず困っているのかもしれない。だが、さんざん若者に怒鳴りつけられた少年の方はというと、ふてくされるわけでも泣くわけでもなく、困ったように首をかしげながらしばらく自分の体を気にしていた。

 子どもは、若者が思わずといったふうにため息をつくと、いつもの戸惑ったような無表情で、ぺこりと頭を下げた。

「すまない。セシリアに雑巾借りてくる」

「ああ、そうしてくれ……。あ、皿貸して」

 子どもは言われたとおり皿を若者に預けると、厨房の方に走っていった。

 一部始終を見ていたサイモンは、煙管をそっとしまいながら、呟いた。

「よくできたガキだよなあ。不気味なくらいだ」


 二カ月ほど前、巡回の者が見つけて、首領の判断により『暁の傭兵団』で引きとることになった少年。身寄りがなく、さらには記憶もないらしい彼は、首領ジエッタにディランと名付けられ、ここでの生活を始めた。

 そこで問題になったのは、この少年があまりにもふわふわしていたことだ。

 ふわふわ。サイモンにはそうとしか表現できなかった。世間知らず、というほどではなさそうなのだが、どこかおぼつかない。浮世離れしている、というのも違う気がする。気がするだけかもしれないが。

 あるていどの常識はある。知識も、まあそれなりにある。気になったのは、読み書きできるものが非常に偏っていたことだろうか。最初から一部の文字は読めるのに、それ以外はさっぱり、というぐあいだった。

 教育に関してはセシリアがどうにかしてくれるだろうから、サイモンは心配していない。

 非常によく働くし、気を回そうと頑張ってもいる。が――ときどき、突拍子もない行動に出ることがある。今だって、台すら使わず棚に皿を戻そうとしたところで、若者に止められていたのだ。

 子どもらしい、無知ゆえの無茶だといえばそれまでかもしれないが、サイモンは彼の行動がただの無知からくるものとは、思えないのである。


「――届くような、気がしたのだ」

 夕方。勉強も剣の訓練もひととおり終えたディランと、サイモンが一緒にたわいもない話をしていたとき。酒の代わりにお茶を淹れてもらった少年が、ぽつりと呟いた。

 唐突な言葉に、杯を持ったサイモンの手がとまる。

「どうした、急に」

「昼間。見ていただろう」

「……ああ」

 皿を持ってきょとんとしていた彼の顔を思い出し、サイモンは乾いた笑いを漏らした。が、すぐに、少年の言葉の違和感に気づく。彼がそれを問う前に、カップの表面を見つめているディランが、言った。

「届くような気がしたのだ。わざわざ、気をつかって低いところの仕事をくれなくても、私ならこれくらい届くって。今思うと、なんだか、変だな」

「そうだな。おまえ、ラリーより小せえのにな」

「うん」

 うなずいたディランは、消沈した様子でカップに口をつける。仕事を間違えて怒られたことに落ち込んでいるというよりも、自分の認識と実際との齟齬そごに、戸惑っているような感じだ。

 サイモンはその様子を見ながら、目を細める。

 その齟齬は、ひょっとしたら、こいつの記憶喪失に関係しているかもしれない。ちらりとそんなことを思ったが、口には出さない。代わりに、あとでジエッタの奴に報告しておこう、と頭の中に予定を書きこんでおく。

――背を丸めながら茶をすすっている少年を見ると、なんだかあわれになってきた。サイモンは無言で手をのばすと、彼の頭をわしわしなでる。

 ディランはびっくりして肩を跳ねさせたが、サイモンはかまわなかった。なんとなく、自分の気がすむまでなでまわして、手を離す。すると、ディランは目をいっぱいに見開き、混乱した様子で傭兵を見上げてきた。

「え、うぇ?」

 おそらく、頭の中が疑問符で埋めつくされているであろうディランに向け、サイモンは、にっと笑いかけた。

「おまえ、ここに入ったばかりだろう。で、その前のことは何一つ覚えてねえときてる。そりゃ、わかんねえことや間違えることが多くてあたりまえだ。だからこれから覚えりゃいい。ゆっくりでいいから、まわりを見て、連中に聞いて、少しずつ慣れていけばいいさ。

むさいおっさんばっかでやりにくけりゃ、セシリアやお師匠様に泣きついちまえ」

 少年はぽかんとしている。サイモンはもう一度手をのばし、今度は頭を軽く叩いた。

「その妙な違和感も、そのうちなくなるだろ。気になるようだったら、また俺に話しに来いや、な?」

 ディランはしばらく彫像のように固まっていたが、やがて、無表情のままうなずいた。

 それがなんだかおかしくて、サイモンは思わず声を立てて笑う。機嫌がよくなったせいか、無造作に煙管を取り出していた。まっすぐな子どもの視線に断りを入れるように手を振る。

「安心しな。草は入ってねえ」

「くさ? というか、それはなんだ? おもしろいな」

 ディランは煙草を嫌がるどころか、見たことのない管に興味がわいたのか、目を輝かせて身を乗り出している。サイモンは、さすがに気づいた。

「……煙管、知らねえか」

「ん。はじめて訊く。どういうものだ?」

 さすがに、純粋無垢な目でそんなことを訊かれれば、老傭兵といえど答えにきゅうする。結局、彼は、ごまかすことを選んだ。

「ディランがもう少しでかくなったら、教えてやる」

「本当か! 楽しみにしてる!」

「……あと、ジエッタとセシリアがいいって言ったらな」

 女二人の壁は高い。思いながら、サイモンは煙管をくわえた。


      ※


 そのとき手にした管がなんであるか、サイモンが彼に教えたのは、彼が旅に出る少し前だった。教えたときには、初めて煙管のことを訊かれたときの会話はあまり覚えておらず――彼がそれを、驚愕と畏怖いふの念をもって思い出すのは、この会話から約七年後のことである。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます