24.熱砂の大地と赤の瞬き

 ナイフは、ひゅっと音を立てて飛ぶと、かたい地面の上をうごめいていた虫の体に突き刺さった。虫は、一瞬、大きく震えたあと、しばらく細かく痙攣けいれんして、ぱったりと動かなくなる。

 虫が動かないのを確認すると、ゼフィアーは近寄って、丁寧にナイフを引き抜いた。一度、くうで振ってから、刃についてしまったものを拭きとる。ナイフを収めると、虫の死骸をまじまじと見下ろした。

「うむ。こいつは毒のない虫だな。焼いて食べるとおいしいぞ」

「へえ」

「えっ!? た、食べるんですか!?」

 うきうきと声を弾ませるゼフィアーを、背後から二人の少年がのぞく。ディランは感心したように虫を見つめ、レビは気持ち悪そうに後ずさっていた。

「君ら、ほんと元気ねえ。俺感心」

 灼熱の中で騒ぐ子どもたちの後ろから、トランスがよろよろと歩いてくる。頭と体を覆う厚い布をわずらわしそうに見ている彼に、ゼフィアーは虫の足をつかんで見せつける。レビがぎょっとしていたが、彼女は気づいていない。

「暑いからこそ、しっかり食べて元気を出さねばな」

「ああ、確かに、それ食ったら少しはましになりそうだ」

 ぼんやりしながらうなずくトランスに、レビが慌てたように声をかける。

「と、トランスさーん! 大丈夫ですか! 暑さにやられておかしくなってないですか!?」

「いやいやレビ坊。こいつをなめちゃいかんよ。砂漠の貴重な栄養源だぜ」

「正気だった!!」

 虫を前にして、飽きもせずに騒ぐ三人を、ディランは生温かい目でながめていた。涙目で絶叫しているレビの肩に手を置く。

「あんまり叫ぶと、喉が渇くからな」

 そう助言してやると、少年はたちまちしぼんだ。ディランは苦笑したあと、目を細めて空を見上げる。かぶり布の先に見える、黄色くくすんだ空は、憎らしいほど晴れていた。


 四人は今、砂漠のまんなかにいる。砂地と岩場がまじりあったような砂漠には、昨日出会ったレッタ民の言葉どおり、水場が点々と存在していた。が、それでも殺風景な環境に変わりはなく、その水場でもなければ、サボテン以外の植物は見られない。ただただ、白と茶色の大地がえんえんと続いているかのように思われた。


 レビが、腰に下げた革の水筒を手にして、水を少し口に含んでいる。ディランも水を飲んだあと、水筒をトランスに回した。今のところ、もっとも水を欲しているのは彼なので、念のため、「ちょっとにしてくれよ」と釘を刺しておく。トランスは、聞こえているのかいないのかわからない表情で、うなずいていた。

 かすむ空を切り裂くかのように降り注ぐ太陽の光は、このうえなく暴力的だ。みるみるうちに、人の体から水分と体力、気力までをも奪っていく。

 食事――例の虫を焼いて食べた――と水分補給を済ませたあと、レビがディランを見た。

「それで、その……ロンズベルクっていう山でいいんですよね?」

「……うん」

 ディランは、複雑な表情でうなずいた。

 砂漠に出発する前、レッタの宿屋でディランは、ロンズベルクという山を目的地にしようかと提案したのである。あの、不思議生物ことクレティオについては伏せておいた。ゼフィアーは何かを知っているような口ぶりだったものの、実際に見たのは、ディランひとりである。そのため、いきなり言っても信じにくいだろうし、ファイネでのこともあって、どこかおかしいのではないかと心配されるのも面倒だったのだ。

 霧の中にいるような、不安定なディランの心境を知らないゼフィアーが、外套の頭巾を目深まぶかにかぶってうなずいた。

「まあ、比較的のぼりやすい山のようだしな。それに、レッタから近い」

 ゼノン山脈と砂漠は、大陸を縦に割るように細長くのびている。だから、何も、レッタだけが玄関ではないのだ。調べる山によっては、大きく北か南へ移動しなければならない可能性もあった。

「妥当と言えば、妥当だな」

 食べて飲んだおかげで、少し冷静さを取り戻したらしいトランスが、弓を抱え直しながら呟く。その声に、ディランは安堵の息をついた。感謝すべきは、クレティオかイグニシオか、わからないのだが。

「さて。なるべく早くロンズベルクのふもとに着けるよう、がんばるか」

「この砂漠って、大きいのか?」

「縦に長いのだ。山を目指すならそんなに日はかからないはずだ」

 太陽を見上げながらディランとゼフィアーがやりとりをしたあとに、四人は無言で歩きだす。

 砂漠は、どこまでも静かだ。彼らの足音と、かすかな風の音しか響かない。今のところ、空模様は安定していて、砂嵐の気配もない。

 道行きは、静かに過酷だった。容赦のない日光と、岩と砂だらけの土地との戦いだ。ときおり、水を口に含みながら、そしてわずかな水場を見つけては水筒と水袋に水を足しながら、ただひたすらに歩く。うっかり迷子にならないため、ゼフィアーは地図を、ディランは太陽の位置をまめに見ながら進んだ。

 そして、陽が傾きはじめたころ。茶色っぽい岩が点在する場所で、眠るための準備を始めた。レッタもそうだったが、砂漠というのは、寒暖差が激しい。今の時期は特に、夜になるとおそろしく冷えこむのだ。昼間の灼熱地獄ともあいまって、何もせずにいるとそれだけで凍えるか、体がおかしくなるかしてしまう。完全に日が沈んでしまう前に、やることをやって、寝てしまうのが一番だった。

 少し大きめの岩を探しあて、その陰で堅焼きパンを水で流しこんだ四人は、空が暗くなってゆくのを見ながら、外套に軽くくるまって、砂の上に寝そべった。

「ね、寝れるんでしょうか、ぼく……」

 などとレビは心配そうにしていたが、それは杞憂に終わる。四人とも、砂地に転がって間もなく、寝入ってしまった。昼間の強行軍で疲れきってしまっていたのだ。


 だから彼らは気づかない。薄明はくめいの空に、赤い光の球が舞っていたことに。



 ディランがそれを、わずかに目撃したのは、翌日の明け方だった。目ざめて、起きて、体についた砂をできるかぎり払い落したあとのこと。ゼフィアーとともに、なんの気なしに東の空を見上げたときである。違和感を抱いて、目を瞬いた。

「あれは、いったい」

 ゼフィアーが目陰まかげをさして言う。ディランにとっても、やはり不可解で、首をひねることしかできなかった。

 まだ暗い早朝の空に、赤い光の粒が舞いながら消えてゆく。一瞬、星かとも思ったが、それにしては大きすぎる。並びも不自然だ。ちろちろと、不規則に明滅しながらどこかへ流れてゆく赤は、むしろ火ののよう。なんとなく胸騒ぎがして、ディランは目を細めた。

「なんだ、あれ。気味が悪いな」

「うむ。しかしあれは、凶兆、というよりは――」

 ゼフィアーが、ふっと口をつぐんで顔をしかめる。珍しく歯切れの悪い物言いだ。ディランは、どうしたのかと聞こうとしたものの、直後、トランスとレビに呼ばれてしまって会話を中断せざるを得なくなる。

 立ちあがったついでに、もう一度、東の空を見てみた。が、そこにはもう、赤い光の瞬きは見えなかった。


 陽が昇る前に、また堅焼きパンと水を口に詰め込んで、それを飲みこんだら、荷物や衣服に虫がまぎれこんでいないか点検。そしてすべての準備が終われば、また灼熱の中をえんえんと歩く。

 そんな、単調で過酷な日々も、四日目を迎えたとき――彼らはとうとう、地平線の上に、黒々とした山並みの影をとらえる。



     ※



 起伏の激しい岩場の、わずか上を、二頭の竜が飛んでいる。ふだんの何倍も速度をあげている彼らは、風に乗り、ただひたすらにある場所を目指していた。

 二頭の目の中を、無愛想な岩場が、流れるように通りすぎていく。翼で宙を打ちつけながら、竜のうちの一頭が、忌々しげに背後をにらんだ。

『狩人め……我が同胞を、あのような目に遭わせるとは……』

 吐きだされた声には、烈火のごとく激しい怒りがこめられている。もう一頭の竜は、そんな彼を気の毒そうに見たあと、けれどすぐに、責め立てるような視線を送った。

『しかし、おまえたちもおまえたちだ。なぜ、あんな馬鹿なことを考えた。俺が止めにこなければ、あの地域一帯は干上がってしまっていたぞ』

『それが必要だったのだ! 我らの存在の意味を忘れるような愚かな者どもには、一度くらい痛い目を見てもらわねば……!』

『――愚かなのはどちらだ』

『なんだとっ!?』

 静かに吐き捨てた竜に、先程からどなり散らしている竜が、かみついた。けれど、詰め寄られた方は、あくまでも冷たい目で彼を見る。

『そもそも、俺たちは見返りを求めて、自然を保っているわけではないだろう。それに、故意に力を操るのは禁忌だ。あのフレミエ様が、禁忌を犯すことを許すと思っているのか?』

 自分の主の名を出されたせいだろうか。片方の竜が、言葉に詰まった。

 二頭とも、言い争いをしつつも翼を休めることはしない。高く、時に低くうなる風の音があたりを包む中で、友を見つめた紅い竜は、ぽつりと言った。

『とにかく今は、イグニシオ様のもとへ急ぐんだ。ここからだと、おまえの主様のところへ帰るより、ゼノン山脈へ向かった方が早い』

『――ちっ』

 怒っていた竜は、苦々しさをこらえるように、冷静な竜から顔をそらす。それでも、飛ぶ方向は同じだ。必死に焦りを押し殺し、けれどできる限り早く、主竜の一角が住まう地を目指す。そして、彼らは間もなく、視界に山々をとらえた。どちらからともなく、ほっと安堵の息を吐く。

 が、その瞬間。すぐ後ろから勢いよく何かが飛んできて、怒っていた竜の左翼に直撃した。

 悲鳴のような咆哮があがり、高音が空を震わせた。

『バルジオ!』

 竜は慌てて旋回して、ぐらついている炎竜の体を太い尻尾で支えた。バルジオが、きつい瞳で彼をにらむ。

『アグニオ、余計なまねは……』

『言っている場合か! 奴らに追いつかれたぞ!』

 気が立っているバルジオの反論を許さず、かぶせるようにそう言ったもう一体の炎竜――アグニオは、目だけで背後をうかがった。わずかに離れた岩場の上に、赤い髪をなびかせて少女が立っている。彼女は、華奢な印象に似合わぬ投石機の上に、鉄の球のようなものを乗せて、構えていた。

 だが、アグニオもバルジオも、あれがただの鉄球でないことには気づいていた。体勢を立て直し、苦々しく呟く。

『なんということだ。《魂喰らい》の凶器を、量産しているとは』

『いちいち腹の立つ連中だ!』

『こらえろ、バルジオ。今はとにかくゼノン山脈だ。主の領域に入ってしまえば、奴らも簡単に手を出せない』

『わかっている!』

 バルジオの怒声を最後に、二頭はまた飛ぶことに集中する。しかし今度は、《魂喰らい》の力のこもった鉄球が、二度、三度と続けて飛んできた。岩を避け、凶器を避けながら、なんとか飛び続ける。灰色の山肌が、じょじょに近づいてくる。だが、そのときアグニオは、視界の端に一人の男をとらえた。

 分厚い衣を着こみ、羽飾りのついた帽子をかぶった、冷たい目の男。彼と視線がかちあった瞬間、アグニオは、背筋を冷たいものが突き抜けるのを感じた。

『いかん――』

 叫びかけたとき、風に乗って人間のやりとりが聞こえてくる。

「オボロ様、いけそうですか!?」

「まだだ。もう少し、奴らの体力を削いでからでなくては、仕留め損ねる恐れがある」

「で、でも、ゼノン山脈がけっこう近いじゃないですか!」

「焦りは禁物だ、イスズ。当たらなくてもかまわんから、球が尽きるまでやってくれ」

「っ……! 了解です!」

 バルジオが顔をしかめる横で、アグニオは戦慄した。隣の友と違い、彼には人間の言葉がわかるのだ。だからこそ、のちの展開も予想ができた。『高度を上げるぞ!』バルジオに向かって叫ぶ。

 けれど、彼らが高きを飛ぶ前に、先の鉄球がまた撃ち出された。今度は、先程より発射の感覚が短い。

 翼と胴体の向きを微妙に調節しながら避けてはいたものの、それでもすべてをかわしきることはできず、アグニオとバルジオ、それぞれの体を鉄球がかすめていった。

『ぐっ……!?』

 体に裂傷が走る。

 が、それ以上に竜たちを痛めつけるものがあった。

 体のもっとも深いところ――魂にひびが入るのを感じる。アグニオは、恐れた。

 がくん、とわずかに景色がかたむく。そのとき、目の端に、太刀を構える男の姿が映った。陽光を受けて鋭く光る刃もまた、《魂喰らい》だ。

『あんなものを食らったら、俺も、バルジオも、ひとたまりもないぞ……!』

 狩人の恐ろしさは、話に聞いていた。同胞たちを止めにいく前にも、イグニシオから、狩人に気をつけろ、とは言われていた。けれど、話に聞くのと実際に遭遇するのとは、わけが違う。

 このままでは、山に辿り着く前に墜落してしまう。大きく隆起した岩場を使い、踏みこむ準備をしている男を見ながら、そう思ったアグニオは、傷が広がるのを覚悟のうえでさらに上空を飛ぼうと、体を上に向けた。


 が、そのとき。突然、視界のまんなかで、純白の光が弾ける。


「何っ……!?」

「きゃっ!」

 人間たちの悲鳴が聞こえる。光が灯ったその瞬間に目を閉じた二頭の炎竜は、風の流れと、音を頼りに、飛び続ける。その中でバルジオが、訝しげな声をあげた。

『いったいなんだ、この光は?』

 彼の疑問に答えたのは、アグニオではなかった。

 どこからか聞こえてきた、別の声だった。

『ここは僕が引き受ける。君たちは、早くイグニシオのところへ行くといい』

 誰のものでもない声は、さながら子どものようだった。

 炎竜たちは、一瞬だけ不信感に揺らいだが、すぐに声の主の正体に気づくと、飛ぶ速度を上げた。

『――かたじけない!』

『これも何かの縁だ。埋め合わせはあの堅物にさせるから、気にしなくていいよ』

 笑いを含んだ幼い声は、そっと、彼らの背中を押す。


 こうして紅き竜たちは、突撃するかのような勢いで、山脈手前の砂漠へさしかかったのである。炎竜イグニシオの領域までは、あと少しだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます