第二部 人と竜

第一章

1.こころ

 悲鳴のような風の音が、灰色の空を切り裂いた。

 雲の流れが早くなる。人が見れば、恐ろしさに心が冷えていくであろう空模様だった。けれどこの時分、怪しげな山岳地帯に人はいない。

――いるのは、風を切り、空を駆ける『彼』だけだ。『彼』は下に広がる茶色い山々を目の端にとらえながら、頭の中ではまったく別のことを考えていた。

『急がなければ』

 わずかに開かれた口の奥から、人のものではない言葉がもれる。藍玉のように美しい瞳が、冷たい光を帯びていた。

『彼』は、東の海で出くわした同胞を思い出す。


 彼らは、ぬぐい切れぬ不安と、不満と、憎悪を溜め続けて、今にも暴れ出しそうになっていた。そのうえ彼らを束ねるあるじが不在とあっては、もはや一刻の猶予もない。話のわかる者に会いに行き、少しでも歩み寄る姿勢を見せてもらわねば、同胞たちは暴走してしまうだろう。――人間への憎しみをばらまいて。


 翼で強く空を打ち、『彼』は飛ぶ速度をあげた。すると、一気に山岳地帯を抜け、眼下にぽつぽつと緑が見える。けれど『彼』は喜ばず、むしろ不信感に目を細めた。

 平原の端の川べりに、不自然な影がある。『彼』は一目見ただけで、影の正体がわかった。

 影は、正しくは武装した人の集団である。

『人間? 流浪の民ではなさそうだが、あんなところで何を……』

『彼』は強く警戒をしつつも、無意識のうちに飛行速度を落としていた。


 けれどその瞬間――人の集団が、銀色に輝いた。

 いや。正確には、彼らが取り出した矛と弓矢が、陽光を反射して光ったのだ。


 それの意味するところを悟り、『彼』は目を見開く。再び翼で空中を叩き、人間たちから逃れるように飛んでゆく。けれど、人間たちは『彼』が逃げだすより早く馬を駆っていた。

『気づかれていたかっ……!』

 速度を落とすべきではなかったと、ほぞをかんだ。

 その後しばらく、『彼』と人間の競争は続く。お互いの命と信念をかけた戦いの、明暗をわけたのは、風だった。

 突然、前方から突風が吹きつける。空を飛んでいた『彼』は、風にあおられ、低空で止まらざるを得なかった。風がやむと同時に『彼』は進もうとしたが――そのときにはもう、『彼』の真下で人間が武器を構えている。

 下から撃たれた数多の石つぶてが、『彼』の翼を傷つけた。頑強な『彼』といえども、絶え間ない痛みによろめく。地面との距離がさらに近くなった。

 しくじった。そう思ったときにはすべてが手遅れ。

 青い瞳に、鋭い刃の光が映りこむ。

 時の流れも、自分の動きも、何もかもがゆっくりになった。その中で『彼』は――妙に冷めた頭で、どこにいるかもわからない主のことを考える。

 優しかったあの方が。共存を、誰よりも願っていたあの方が。今の私の姿を見たらどう思うだろうか。眼下で憎しみと怒りをたぎらせる人間たちを見て、何を感じるだろうか。


――きっと、とてもとても、悲しむだろうな。


『誓いを果たせず、もうしわけ、ありません』

 謝罪の言葉に続けて、『彼』は主の名前を呼ぶ。

 けれど、それが外に放たれることは、なかった。



          ※



 流れ者たちにとって、酒場は情報の宝庫である。酒場の種類にもよるが、いろいろな身分の人たちが集まり、彼らの世界の話を、世間話や愚痴というかたちで落としていくからだ。しかも、たいていの客は酒に酔って、気分も口も緩んでいる。

 小さな宿場町の、民家の一階を利用している酒場もまた、酒と仲間と情報を求める人々が集まる場所だった。もとより人が暮らしている場所とあって、外観はきれいだし、中も掃除をしてある。ただし、すぐに客が汚すので、そのきれいさは長くはもたない。


 日が傾きはじめて、客の入りが増えてきた。やかましくなってきた店の端、西日の射しこむ窓際で、二人の傭兵は杯をかかげた。もう、何度目になるかわからない。それでも彼らはつぶれることなく、陽気に会話を進めてゆく。話題は、仕事のこと、とりわけ武勇伝や依頼人の悪口に終始した。

 しかし、酒場がほぼ満席になったころ、傭兵のひとり、剣士の男ががらりと話を変えた。

「なあ、おまえ知ってるか? この間、近くを竜が飛んでたらしいぜ」

「竜だあ? どうせただのほら話だろ」

 いきなり飛び出てきた非現実的な言葉に、剣士の向かいで飲んでいた弓使いが、大げさに顔をしかめる。竜が人の目につくところを飛んでいることなど、まったくといっていいほどない。それに、そもそも、今の時代に竜が実在しているかどうかすら、怪しいところだ。

 けれど、弓使いがそう言って馬鹿にすると、剣士は急に真剣な顔つきになった。

「それがよ。でたらめってわけでもなさそうなんだ。町の奴も同業の連中も、山岳地帯で竜を見たっていうんだよ。それも、けっこうな数の目撃証言がある」

「おいおい、それホントか?」

「嘘じゃねえ。多分、この酒場にもそういう奴がいるんじゃねえか?」

 剣士の言葉をきっかけに、二人は揃って、笑い声と怒声が響く酒場をぐるりと見回した。

 そんな二人のもとに、新たな一人がやってくる。

「なあ、若いお二人さんや」

 新たな一人は、ことさらに明るい声で二人の気をひいた。彼らはかなり驚いて、立ちあがりながら振りかえる。椅子を蹴倒しそうになった。突然の乱入に警戒する二人へ、相手は笑いながら両手を振った。

「そんなに怖い顔しなさんな。取って食うわけじゃあないんだし」

 へらへら笑う闖入者ちんにゅうしゃを見て、傭兵たちは顔をしかめる。

 彼らに突然話しかけてきたのは、長髪の男だった。少しばかり日焼けした顔にはしわが目立つ。四十五くらいかと男たちは思ったが、ふざけた笑顔のおかげで若く見える気もした。

 背中に矢筒、手に弓、腰には短剣を差している。狩人のようないでたちだった。

 驚きからさめた男たちは、椅子に座りなおしてぶっきらぼうに口を開く。

「ったく、いきなり話に入ってくんなよ」

「なんの用だ?」

「おーおー、最近の若者はぴりぴりしてて、いかんなあ」

 意識してとげとげしい敵意を向けても、男はちっとも動じない。それどころか、おもしろそうに二人を見ていた。その態度に彼らはますます神経をさかなでされる。怒鳴り出したい気持ちを押さえ、相手の答えを待った。

 すると、男は、急に笑みを引っ込めて――二人に顔を近づけた。

「さっきの話、詳しく聞かせてくんないかな。

 竜は、どこを飛んでたって?」

 思いもよらない言葉に、傭兵たちは口を開いて固まった。



 若手の傭兵たちから話を聞き、情報料と称して彼らにわずかばかりの銀貨を手渡した男は、それから酒を口にしないまま酒場を出た。

 いつのまにか日が落ちて、街は夜の紫紺にのまれている。男は扉の閉まる音を聞き、その場に立ち止まった。酒場の壁の灯火が、彼の険しい顔を浮かびあがらせた。

「山岳地帯、ねえ。ここから南東の方ってことは、デアグレードとの国境のあたりか?」

 男は呟いた。

 おどけた笑みはどこにもない。切れ長の目がさらに細められていた。

「行ってみるしかねえな」

 ひとりで考え込んでひとりで結論を導き出した男は、言うなり夜の街を歩きだす。自然と、腰の短剣に手を伸ばし、金属の鞘を叩いていた。冷たく硬い感触が、武器の存在を教える。それは同時に、男の胸に、ふだんは忘れている熱い激情を、鮮やかによみがえらせるのだ。

「今度こそ――今度こそは、絶対に逃がさねえ」

 男は雲の多い夜空を見上げて、挑戦的にささやいた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます