2.暗雲

 土をならしただけの細い道に、上機嫌な歌声が響き渡る。木の陰に潜む獣たちが、なんだなんだと顔を出し、人の姿を見つけると、慌てたように去っていった。とはいえ、その人間たちには怯えもなければ害意もない。だから、人慣れした小鹿や野うさぎの中には、まだ興味深げに人間の様子をうかがっているものもいた。

 歌声はまだまだ響く。けれど、そのうち、道を歩く三人のうち一人――彼らの中でもっとも大柄な、青い瞳の少年が、うたう少女に話しかけた。

「変わった歌だな、ゼフィー」

 すると、少女はうたうのをやめて振り返った。茶色いふたつの三つ編みが、動きに合わせて空中に弧を描く。

「うむ。私の一族に代々伝わる歌なのだ。とはいえ、お祭りのときくらいしかうたわないのだがな」

 少女の隣を歩いていた、金髪の、大きな目の少年が、へえっという顔をした。

「お祭りのときにうたう歌ですか。どうりで、不思議な感じがしたんですね。厳粛、っていうんでしょうか」

「そうかもしれん。何せ、時の『竜神様りゅうじんさま』に捧げる歌だからな」

 その言葉を聞き、二人の少年が顔を見合わせる。お互い、驚いているというか、不思議そうというか、とにかく変な顔をしていた。

「竜へ歌を捧げるっていうことですか?」

「おもしろい慣習だな。はじめて聞いた」

「私の一族は、変わっているのだ!」

 少女、ゼフィアー・ウェンデルは、なぜか得意気に胸を張る。


 ディラン一行が、港湾都市カルトノーアを出てから五日が経過しようとしていた。今は、国境を越えてデアグレード王国領内に入るべく、「マーテラ旅道りょどう」と名のつく道を、ひたすらに歩いている。ときおり、旅人や行商人と出くわすことはあるが、基本的には三人だけの道のりだった。

「マーテラ旅道を抜けたら、確か、平原に出ますよね」

「平原は平原でも、端の方だけどな。細い川が見えるはずだ」

 旅の経験があるレビとディランは、冷静な会話をしながら道をいく。ゼフィアーは、相変わらず楽しそうにうたっているが、二人の話もきちんと聞いているだろうということを、ディランは理解していた。今は口を挟む必要がないから、会話に入ってこないだけだ。

「で、その先は山岳地帯じゃないですっけ? 山越えしたかどうかは、覚えてないんですけど」

「いや……一応、細い横道みたいなものがあったはずだ。そこを通っていけばいいんじゃないかな」

「あー、そういえば、そうだったかもしれません」

 幼いころの記憶を懸命に汲み出そうとするレビに、ディランは淡々と助言をする。しばらくの間、こんなやり取りを繰り返していた。が、そのうちゼフィアーが振りかえって呆れたような視線を彼らへ注いだ。

「二人とも、まじめすぎないか? もうちょっとこう、気楽に行ってもいいと思うぞ」

 少女の言葉に、ディランたちは揃って首をかしげる。

「ぼくたち、まじめですかね?」

「……さあ」

 ディランたちが戸惑いながら会話をする、その前で、ゼフィアーは苦笑いする。琥珀色とも金色ともつかぬ瞳が、遠いところを見るように、空を流れる雲をなぞった。

「すっかり仲良くなったなー。まじめ同士、気があったのか。ま、よいことではあるが」

 呟く少女の姿は、妙に大人びていた。

「そういうおまえは、カルトノーアを出てからこっち、だいぶ肩の力を抜いてるな」

 ディランはぼそりと言う。彼女の態度を悪く言いたいわけではなく、ただ、まとう空気の変化に少し驚いたというだけだった。ゼフィアーはにっこり笑って「そうだろう」と、またいばるように返した。

 ディランは思わず微笑む。そして、その理由に思い当った。

 カルトノーアを抜けて以降、黒装束は襲ってこない。それどころか、見られているような気配も感じなくなった。――本当に、ゼフィアーがの街の大商人に届けようとしていた小包だけが、彼らの狙いであったのだろう。それを無事に届けることができたのだから、少しばかり気が緩むのも、当然といえば当然だった。

 それに、いつまでも気を張っていては疲れるだけだ。


「あれ?」


 ふいに、訝しそうな声が聞こえた。ディランは、すぐ横の少年を見る。レビは足を止めて、遠くをじっと見ていた。

「どうした、レビ」

「いえ。あの……向こうの空、見てください」

 レビはそう言いながら遠くを指さす。ディランとゼフィアーは、小さな指を目で追いかけて――唖然とした。

 マーテラ旅道も終わりへとさしかかっていたらしい。遠くに、どこまでも続くかのような大地と、小高い山々が、うっすらと顔をのぞかせていた。けれど、彼らが注目しているのは平原の端でも山でもなく、その上の空だ。

「これはすごいな。引き返したほうがいいか?」

 ゼフィアーがややこわばった声で言う。

 遠くの空には、黒く分厚い雲がかかっていた。かなり大きな雨雲だ。このまま進めば、間違いなく嵐に遭うだろう。

「ど、どうします?」

 レビが不安そうにディランを振りかえるが、ディランにも、どうにもならない事態である。少し、考え込んだ。

「……今から引き返したところで、雨雲がこっちに来るころには、旅道の真ん中で立ち往生だ。どうにかして、雨風をしのげる場所を見つけられればいいけど……」

 呟きながら、ディランは自然と、前を歩く少女を見ていた。意見を求めるべく口を開く。けれど彼は、そのとき、ゼフィアーの様子がおかしいことに気づいた。

「ゼフィー?」

 呼びかけてみるが、返事はない。レビと二人で、彼女の顔をのぞきこむ。

 ゼフィアーの目は二人をとらえていなかった。雨雲をにらみつけ、いつになく険しい表情で、考えごとをしているようである。このままでは、考えごとが済むまでびくともしないだろう、と思わせる目つきだった。

 ディランはため息をついて――少女の三つ編みを、軽くひっぱった。とたん、少女は目を丸くする。

「ひゃっ!?」

「怖い顔してどうした。ぼうっと突っ立ってるひまはないぞ」

 ディランが言うと、ゼフィアーは三つ編みをいじりながら振りかえった。少し、不服そうだ。

「すまん。でも、髪をひっぱるのはやりすぎだ」

「――悪かったよ」

 もっともだ。ディランは肩をすくめ、謝る。少年の渋面を見て気を取り直したのか、ゼフィアーはあっさり彼を許した。うん、とひとつうなずいて、前を向く。

「そうだな。屋根、とは言わないまでも、何かあるといいが。最悪、木の下で一夜を明かすか?」

「そうなるだろうけど、雷が鳴ってたら避けた方がいい手だな。落雷が直撃でもしたら、さすがに笑えない」

 ディランがさらりと言うと、レビは想像したのか、青くなって棒を握りしめている。


 そんなやり取りから、少し時間が経ったころ。道の向こうに、影が見えた。三人はとっさに身構えたが、影の正体が小さな荷馬車であることに気づいて、ほっと緊張を解く。また、荷馬車の方も彼らを見つけたらしい。少しばかり速度を上げて、近づいてきた。

 荷馬車をひいているのは、若い男のようだ。そして、隣に付き添うようにして、同じ年頃の女性が歩いている。男の方が、ディランたちのそばで馬車を止め、手をあげた。

「やあ、こんにちは。旅人さんかい? ずいぶんと、若い人が揃っているみたいだけど」

「そうだ。これから、国境を越えてデアグレード王国領へ出ようと思っていたのだが」

 すると、若い男女は顔をしかめる。女性の方が、ためらいがちに言った。

「……今は、やめておいた方がいいわ。あの雲、見えるでしょう」

「ああ。だから、これからどうしようかと、困り果てていたところなんだけど」

 黒い空を振りかえって心配そうにする女に、ディランが手を振って返す。危険を冒すつもりはないから心配するな、とばかりに軽い口調で。心配りが通じたのか、二人はあからさまにほっとした様子で、互いを見ていた。

「むむぅ、これからどうするかな。あの雲、どんどん近づいてきているし」

「流れも速いですね。やっぱり引き返した方が……」

 レビが、目陰まかげをさして呟いた。よほど不安なのだろう。しきりにディランの方を見ている。彼はため息をついた。戻ろう、と言いかけたが、その前に若い男が口を開く。

「僕らもデアグレードへ出ようとしていたんだけど、急にあれだからびっくりしたよ。――しかもね。昨日、近くの村で妙な噂を聞いたんだ?」

「妙な噂、か。どんなのだ?」

「うん。一昨日の朝方、空飛ぶ大きな『何か』が、平原の方にちたのを見た、っていう人がいたんだ。鳥じゃないかと思ったんだけど、その人いわく『あんな大きな鳥は、生まれてこの方見たことがない!』ってことらしくて」

 雨雲に背を向けながら、一行は男の話に耳をかたむける。ディランは、レビと一緒になって、そんな話もあるのか、というくらいの心持ちで聞いていた。

 しかし――『大きな何かが墜ちた』というのを聞いた瞬間、ゼフィアーの顔色が変わった。

 大きな目をさらに大きく見開いて、若い男をじっと見ている。それだけではない。中途半端に開かれた唇が、かすかに震えていた。

「……どうかしたのか?」

 少女の異変に気づいたのだろう。男が首をかしげた。ゼフィアーは表情を変えないまま、一生懸命、言葉をひねり出す。辛うじて出た声は、ひどく揺れている。

「そ、その。一昨日の朝に墜ちたものというのは、まだ……平原に、あるだろうか?」

「あると思うよ。この旅道を抜けてすぐの、小川のあたりだろう、って言ってた気がする――って、ちょっと!?」

 言い終わりに男が素っ頓狂な声を上げた。ディランとレビも、驚いた。

 ゼフィアーは、いきなり反転すると、そのまますさまじい勢いで、平原の方へ駆けだしたのである。あまりの豹変ぶりに唖然としてしまったせいで、ディランは一瞬、反応が遅れた。

 我に返った頃には、ゼフィアーの姿はかなり遠くにあった。空が暗くなりつつある。ディランは走り出し、あとを追った。

「馬鹿、ゼフィー! ひとりで行くな!」

 ありったけの声をふりしぼって叫んだが、ゼフィアーは振り返らない。するとそこへ、レビが追いついてきた。ディランは少年の姿を視界の端にとらえて、目をみはる。

「ついてきたのか」

「よ、よくわからないけど! ゼフィーが心配ですから!」

「わかった。離れるなよ」

「はいっ!」

 前を向いたまま会話をして、二人はそのまま速度を上げる。

 そうかからないうちに、視界が開ける。マーテラ旅道を抜けたようだ。「平原」と呼ばれていても、この辺りは川が近くにあるおかげか、まだ緑が多い。ただ、迫る雨雲のおかげで、あたりは不気味に暗かった。

 普通の人であれば、このあたりですでに進むのをやめるはずだ。しかし、ゼフィアーはまったくためらうことなく、夢中で走り続けている。何がそこまで必死にさせるのか、足の運びがかなり乱れているのが二人にはわかった。

 まわりが見えていない。ディランの中に、焦りが生まれる。

「ゼフィー!」

「おまえ、どこまで行く気だ! 戻れ!!」

 レビの必死の呼びかけに続き、ディランはありったけの怒声を叩きつけてみるが、少女はやはり止まらなかった。

 ディランは眉をひそめた。先程までより距離を詰めたおかげで、彼女が何か呟いているのが聞こえてきたのだ。

 そして、時間の感覚があやふやになるほど走ったあとに、ようやくゼフィアーが速度を緩めた。二人もほっと胸をなでおろし、走るのをやめる。そこで、レビが目を瞬いた。

「あれ? なんでしょう。何か、落ちてますね」

「本当だな。動物の死骸か?」

 ぽつぽつと生える、丈の短い草の上に、大きな何かが横たわっている。かすかに漂う血臭けっしゅうに、ディランは顔を曇らせた。――が。

 直後、前をふらふらと小走りで進んでいたゼフィアーが、そこで崩れ落ちた。ディランとレビは驚く間もなく、少女に駆け寄る。

 とうとう、雨が降ってきた。

 肌をぬらす水滴を感じながら、ディランはまっさきにゼフィアーへ追いついた。座りこんでいる少女の肩に手をおく。

「ゼフィー。どうしたんだよ、いったい。おまえらしくもない」

「…………た」

「ん?」

 少女は、かすれた声で何かを言う。聞きとれなかった。ディランは顔を近づけ、優しく聞き返した。すると、今度は、ふりしぼるような叫びが返ってくる。

「……っ、また……間にあわなかった……!」

 悲痛な声に胸を突かれ、ディランは息をのんだ。

「間にあわなかった」、その意味を確かめなければ。頭の奥でそんなことを考えて、おそるおそる、顔を上げる。目に飛びこんできた光景に――彼は、凍りついた。

「――な」

 疑問の声は、言葉にすらならない。

 雨が、強くなっている。だというのに雨音は、やけに小さく聞こえた。

「ディラン! いったいどうした、んです……」

 追いついてきたのか。レビの呼びかけが聞こえる。けれどそれすらも、尻すぼみに消えた。足音が止まり、息遣いだけが大きく響いた。

「どういう、ことですか? これ――」

 ややあって、消え入りそうな疑問の声が、ディランの背中を打つ。ディランは答えなかった。答えることなどできるはずがない。目の前の、生きていたものを見つめるのが精いっぱいだった。

 目の前のものは、噂通り、とても大きかった。そして本来、とても美しい見た目をしていたのだろう。体を覆う、輝くばかり青い鱗。深海、あるいは藍玉をほうふつとさせる瞳。しなやかに広がるついの翼――

 けれど、それらは今、すべてが赤黒い血の中に沈んでいる。鱗は黒ずみ、目は光を失い、翼には細かい傷がついている。そして、巨体には大きな穴が三つほど開いていた。

 もはや二度と動くことがないそれを見て、ディランはようやく、呟いた。

「……竜、が……死んでる?」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます