11.交錯

 黒い服に身を包んだ者たちは、静かな殺意を三人へ注ぐ。目もと以外、すっぽり覆われてしまっているから、誰が男で誰が女かも判然としない。

 けれどそれ以上に、彼らから醸し出される研ぎ澄まされた気配に、ディランは戦慄した。

 彼らは『本物』だ。数も、質も、今まで襲ってきた奴らとはわけが違う。ディランは剣を片手に構え、もう片方の手で拳をつくる。護衛対象の少女へ、そっと目をやった。

「ゼフィー、無理するなよ。今回ばかりは」

「ディラン?」

「いざとなったら、前みたいに小包を寄越してくれ」

 彼が囁くと、ゼフィアーは息をのんだ。唇を噛んで、サーベルの柄を握る。――わかったとは言わなかったが、拒絶もしなかった。ディランは苦笑し、再び周囲の黒装束集団に視線を戻す。

「レビ、平気か?」

「……怖い、です。けど、こうなることはわかってましたから」

 すぐそばで、そんなやり取りが聞こえる。ディランは口の端をそっとつりあげた。

 誰かが鋭く息を吸う。

 それが合図となったかのように、黒装束たちは一斉に三人へ飛びかかってきた。ディランは正面の相手の一撃を受けとめ、弾く。後退してすぐ、体重を前にかけ、足をばねのように使って相手へとび込んだ。難しいことは何も考えず、黒に覆われた腹に刃をねじ込む。

 鮮血が舞った。けれどしぶきに目もくれず、その勢いのまま左の者の手を切りつける。痛みで力が抜けた手から、片刃のつるぎが滑り落ちた。剣を手に取り、力任せに投げる。すると遠くで、ぎゃっとくぐもった叫びが響いた。

 すぐそばで、サーベルの厚刃あつばが横に滑った。黒装束の一人は胸のあたりを切りつけられてよろめいたが、一瞬あとにははねかえったように地面を蹴って、ゼフィアーへ飛びかかる。

 ディランは舌打ちをこぼして、体を半回転させた。少女に向かって槍を突きだそうと構えた者に、容赦のない蹴りを叩きいれる。一撃はサーベルによって切り裂かれた脇腹に直撃し、さすがの相手も激痛に怯んだようだ。

「ほれ、仕返しだ!」

――その隙を見逃すほど、ゼフィアーは甘くない。サーベルを腹に突きさし、引きぬいた。腹から血を流しながら、襲撃者がくずおれる。

 ゼフィアーとひとりの槍使いの戦いに決着がつくまでの間にも、ディランは三人ばかりを仕留めていた。眉間を貫かれて動けなくなった黒装束の陰からひとりがとびあがる。ディランは彼の目もとめがけて拳を振るった。押し殺した叫びとともに、そのひとりはもう一人の襲撃者の上に落ち、二人は揃って草の中に倒れ伏した。

「――っ、きりがないな。レビは平気か……?」

 気を張り、剣を構えたままディランは周囲に視線を巡らせる。と、視界の端に棒を振るって戦う少年の姿が見えた。動かず後ろに突きだした棒で相手の鳩尾を打った彼は、その棒を回転させ、今度は横合から襲ってきた者の頭を叩く。がん、と重い音がした。

 風を切る音を聞く。ディランは剣をひと振りして矢を弾きとばすと、肩をすくめた。

「なるほど。戦えるって言葉は、確かだったみたいだな」

「うむ! 棒術ぼうじゅつとは、おもしろいものを使うな!」

 言い終わるより先に、ゼフィアーが無造作に何かを横へ投げる。まっすぐに飛んだ『ソレ』を受けた者たちは、悲鳴を上げてのけぞった。

 鋭利に研がれた投げナイフが、彼らの額に突き刺さっている。

「……おまえ、暗殺者か何かか?」

「これくらいの隠し玉は、用意しておかねば」

 呆れるディランの横で、ゼフィアーはにやにやと笑っている。自分が一番狙われている、という状況の中で、彼女は余裕の態度を装っていた。

「ディランさん、ゼフィアーさん!」

 棒を振りまわして一人を打ったレビが、その勢いで駆けてくる。衝突音にまざって、ぼきん、と嫌な音がしたが、ディランは聞かなかったことにした。

「よ。無事か」

「な、な……なんとか……」

 周囲に一瞬目を配り、黒装束たちがこちらをうかがって動いていないことを確かめたレビが、棒を杖にして立つ。よく見れば顔面は蒼白で、棒を握る手は小刻みに震えていた。

 つい昨日まで普通に村で暮らしていたのだから、当然の反応である。ディランもゼフィアーも彼の様子にはあえてふれず、険しい顔で森をぐるりと見回した。

 かなりの数の黒装束を動けなくしたが、状況はまったく好転していない。すぐそばの木陰から、そして木の上から、相当の数の者たちが目を光らせている。

 ゼフィアーが声を潜めて二人に問うた。

「どうする?」

 ディランは手の中で剣をくるりと回した。疲労のにじんだ、長いため息をこぼす。

「まともに相手したらだめだ。こっちが疲れて、物を奪われたうえでなぶり殺しにされる」

「こ、怖いことをさらっと」

「だから、突っ切る」

 苦言をさらりと受け流したディランは、潜めた声で宣言した。レビが無視されたことすら忘れて「へ?」と呆ける。が、そばのゼフィアーはかえって楽しそうだった。

「……無謀だな。けども、悪くない。策を練っているひまなど、どうせありはしない」

 細められた琥珀色の瞳が、ちかりと光る。

 好戦的な表情に、少年たちもつられて微笑んだ。三人は互いに顔を見合わせて、うなずいて、前を見た。

 細くのびる道の先にも、殺気ははびこっている。――だが、それがなんだ。

「ゼフィー、鞄、前に抱えろ」

 ディランが言うとゼフィアーは無言で指示に従った。そして。

「いけ――――っ!!」

 レビが腹にありったけの力をこめて叫んだ。もとよりよく通る声は、森に反響してびりびりと空気を震わせる。不意を突かれた襲撃者たちが怯んでいる間に、三人は走り出した。

 彼らの意図に気づいた黒装束たちも、少し遅れて動き出す。

 静かに蠢く集団の中で――ただ一人、木の上で背負った矢筒やづつに手を伸ばしていた者が、にやりと笑う。矢をしまい、弓を抱えた。

「へえ。あいつが例の流れ者か」

 おもしろそうに呟いた彼の視線は、小包を持っているという少女ではなく、その前をゆく護衛の少年に向いていた。


 一行は、予定通りの道を進んでいた。――殺意と刃の雨をかわしながら。

 左から気配を感じる。ディランはとっさに、道に落ちていた太い木の枝を拾って、左手で無造作に突き出した。ばきっ、と激しい音がして、枝は槍の穂先に貫かれ、文字通り木端微塵こっぱみじんに砕かれた。けれどその隙に、三人は槍をかわして前へ進む。枝が粉々にされた瞬間それを投げ捨てた左手は、じくじく痛んでいたが、ディランに痛みを気にする余裕はない。

 かすかに湾曲した刃を、片手で構えられたゼフィアーのサーベルが受けとめる。それを力任せに押しのけた瞬間、レビの棒が木立へ突き出された。しかし手ごたえはなかったようで、少年は悔しそうに顔をしかめながらも、逃げることを優先する。

 そうして、どれくらいかはわからないが、三人は無謀な突撃を続けているのだ。

「こっ……これ、ぼくたち、よく生きてますね!」

 飛んできた暗器を棒で弾いたレビが、たまりかねたように叫ぶ。

「まったくだ! どこまで行けば、こいつらは諦めるかな!」

「さあな! というか、そこまでして求めるって、その小包はいったいなんなんだよ!」

「私も知りたい」

 会話が終わらないうちに前から攻撃がきて、ディランはすんでのところで受けとめる。剣と剣が激しくぶつかり、火花が散った。

 三人は立ち止まらざるをえなかった。けれど、運よくといっていいのか、周囲の黒装束たちも動かなかった。

 ディランたちの進路上に、二人の黒装束が立つ。どちらも細身の剣を携え、冷たい殺意を彼らに向けていた。

 右側に立っていた一人が、言葉を発する。

「――私たちは、その娘が持っている荷物に用があるだけだ。大人しく差し出せば、よけいな危害は加えない」

「それ、殺気をびんびん放ちながら言うことじゃないよ」

 ディランは吐き捨て、剣を相手につきつける。ゼフィアーも鞄を抱えたままうなずいた。

「まったくだ。でもって、届け物はちゃんと届けなくてはならないから、渡せないぞ」

「『それ』が何かも知らぬくせに、届けるというのか?」

「っ、それは」

 言葉を返され、三人は答えに窮した。

 事実だ。小包の中にあるのがなんなのか、ディランやレビはともかく、運びやであるゼフィアーすら知らない。おそらく彼女に配達を頼んだ知人とやらも知らないのだろう。荷物の正体を把握しているのは、依頼主、つまりラッド・ボールドウィンただ一人。

「それでも」

 ゼフィアーはかるく唇を噛んだあと、振りきるように声を放った。

「それでも、頼まれたのだ。信頼しているあいつに。だから私は、最後まで責任を持つ」

 正体不明の黒装束を前にして言いきった少女の顔は、今までになくひきしまって、ひどく大人びて見えた。視線だけで彼女をうかがったディランは、ふっと笑んだ。

 再び前の二人に目を戻して、あいた左手を振る。

「だそうだ。で、俺はこいつに雇われた身だからな。雇い主の意向に従うまでさ」

「ぼくもゼフィアーさんを信じます。――村のことで真剣に悩んでくれたの、知ってますから」

 静かな決意とともに、レビが踏み出してくる。三人は、狭い道でほぼ一列に並んで襲撃者と対峙した。

 変わらず、木陰に潜む者たちは動かない。薄氷のような沈黙が漂い、刃のような一言がそれを突き破った。

「そうか。ならば、殺してでも奪うまでだ」

 右の者が言うなり二人は同時に剣を構えた。ディランとレビも臨戦態勢をとる。ゼフィアーもサーベルを構えたが、ディランは前を見たまま彼女に釘を刺した。

「おまえは自分と小包を守ることに集中しろ。『あれ』は俺たちでどうにかするから」

「――む、わかった。かたじけない」

 今度は、はっきりと肯定した。ディランはそのことに安心して、二人と対峙する。


 二人は同時に動いた。

 それぞれ、右の者がディランを、左の者がレビを狙ってくる。


 剣と剣が、棒と剣が、衝突した。

 ディランは左をレビに任せ、相手と剣を突き合わせる。じりじりと、刃が低く鳴った。つばぜり合いのさなかに、相手の茶色い瞳が彼を正面からとらえる。

「貴様。なぜそれほどまでに、娘を守る」

「言っただろ? 俺は雇われ者だから、雇い主の意向に従う」

 それ以上でも、それ以下でもない。少なくとも、このときのディランはそう思いこんでいた。

 柄を握る手に力を込める。相手の剣をわずかに押して、ディランは前に踏みこもうとした。少年の耳に、ささやきにも似た声が届く。

「『烈火』は、損益を天秤にかけることを教え込んでいるものだと、思っていたがな」

「――へえ。知ってるのか」

 ディランは眉をあげた。対して相手は、舌打ちをした。

 の名を出せば動揺するかと、期待したのかもしれない。ディランはその思惑を、鼻で笑ってしりぞけた。黒装束が続ける。再び、剣にこもる力は拮抗きっこうした。

「先におまえたちを襲った者が『おもしろいこと』を言っていたので、調べさせてもらった。――もっとも、調べるまでもなく、その筋の者たちの中では有名な話のようだったが」

『烈火』と名高き傭兵が、子どもを拾って育てている、と。静かな声は淡々と言う。

 ディランの脳裏に、年老いた槍使いの顔がちらついた。けれど、それはおくびにも出さず、ディランは刃をわずかに逸らし、相手の力を流してゆく。

 そして、彼の剣は、相手の剣をはじきあげた。黒装束はよろめきこそしたものの、剣を手放しはしない。

「師匠はまわりの人間が思うほど冷酷じゃないし、俺を自分の分身として育てたつもりはないと思うけどな。俺は俺の意思で、ゼフィーあいつの手を取ったまでだ」

 答えはない。ディランが改めて構えると同時に、隣から激しい音が聞こえてきた。

 長い剣身と棒の中ほどがぶつかり合う。こすれあう音が高く響いて、まわりの者の耳をうがった。レビは身をかがめ、棒を回転させる。けれどその間に――ディランの前に立っていた者が、相方へ目を配った。

 すると、レビが前へ駆けだす直前になって、黒装束の姿が消えた。少年はハシバミ色の目を見開いて慌てて止まったが、つんのめって転びそうになる。なんとか耐えて視線を巡らせ、少年はっと息をのんだ。

 彼の前から消えた黒装束は、実際は横に跳んで、ディランへ狙いを定めていたのだ。

 迫るふた振りの剣を前に、ディランは舌打ちした。

『烈火』の名を使ったさっきのやり取りで、彼らは決めたのだろう。

 こちらを先に始末する、と。

 剣で受けとめようとしても間にあわない。片方を受けられたとしても、もう片方に斬られる。後ろに下がるひまはなく、前へとび込めば頭を割られる。ならば――とディランは腰を落とした。

 が、凍りつくような一瞬のあと、ひゅっとか細い音が響いて、何かが左の黒装束の腕に刺さった。

 彼は目を見開く。利き手である右の腕に刺さったのは、赤い羽の矢。かけめぐる激痛に、否応いやおうなく腕と手が震え、剣は手から滑り落ちた。

 けたたましい音が響く。右の黒装束も思わずといったように動きを止め、相方を振りかえっていた。

「な、なんだ! 何事だ!?」

「……! この、矢は」

 矢を強引に引きぬくと、二人は揃って目を見開く。ディランもまた、一歩下がりながら息をのんでいた。あの矢羽に見覚えがある。

 最初に放たれた、矢の――


「はいはい。そこまでー」


 緊迫した場にそぐわない、のんきな声が響く。木立に潜んでいた者たちを含め、全員の視線が一か所に集中した。直後、木の上から何者かがひらりと飛び降り、着地する。

『彼』はぐるりとディランたちを見回して、にやりと笑った。その両目がやがて、二人の黒装束に向く。

 矢を受けた方が、瞳に怒りをたぎらせた。

「おまえはっ……!」

「君らみたいなしたっぱが、あの娘っこから何を奪おうと勝手だが」

 憤怒の声をさえぎった『彼』は、左腕を上げる。人差し指を思わせぶりに突き出して、

「彼を始末されちゃ、困るんだよねえ」

 はっきりと、ディランを指し示した。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます