第一部 世界の脈動

第一章

1.放浪者、二人

 彼にとって馴染みの深い道のりは、けれどこの日、いつもとは違う姿を彼にまざまざと見せつけていた。

 山に向かうようにしてまっすぐにのびる道には、白く四角い石が敷き詰められている。こぎれいに整備された道には違いなかったが、うらさびしい雰囲気を漂わせていた。いつもはこの先の小さな町を中心として、行き交う旅人や商人の荷馬車でにぎわっているのだが、今日は人の気配すらない。

 静かな街道を、一人の旅人が歩いていく。精悍さと幼さを持ち合わせた少年だ。大人と子どものはざまにいるような彼は、均整のとれた顔立ちをしていた。厚手の旅衣たびごろもをまとい、腰に剣を佩いて小さな手縫いの鞄と大きめの布袋を持った彼は、街道の有様を見て眉をひそめた。

「こりゃあ……相当派手にやられたんだな」

 険しい顔の旅人の口から、小さな声が漏れる。海のような深い青色をした瞳が、街道の周囲の風景を映し出した。

 不自然に中心から折れている木々と、めちゃくちゃに吹き飛んだ葉が目につく。いつもなら街道沿いに咲き乱れている小さな草花も、今はほとんどがつぶれていた。さらに、よく見れば、きれいに思える街道も石畳にひびが入ったり、一部が壊れて土がむき出しになったりしている。数日前にこの地方を襲った嵐の爪あとは生々しく残ったままだ。

「今後の路銀稼ぎに少しドナを離れてただけでこれとか、どうなってんだよ」

 遠くそびえる山脈に目をこらす。見る限りいつも通りの青々とした山肌だが、場所によっては土砂崩れがあったというから恐ろしい。

 ため息をこぼす少年の目に、ふいに影が飛びこんできた。地平線の向こうに見えるのは、明らかに高い城壁と屋根の影だ。とりあえず町じたいは無事らしいと知った彼は、胸をなでおろす。

 やがて彼は、町を囲む石壁の前へ来た。昼間だからか開け放たれている門をくぐる。すると、違う世界に来たかのように、人の声と熱のこもった空気が押し寄せてきた。

 西の山麓さんろくに佇むドナは、田舎ながら活気に満ちた町だ。複雑に曲がりくねり、枝分かれしながら続く通りには、粗末な服を身にまとった人々がひしめき合っていた。馬車も散見されるが、やはりいつもより数は少ない。

 そしてよく見れば、町にも嵐の痕跡は残っていた。多くの建物の壁がはがれかけていて、中には屋根の一部が崩れてしまっているところもある。そうしたところには、得てして屈強な男たちが集まり、声を張り上げながら復旧工事に勤しんでいた。

 野菜を売る男と、赤ん坊を背負った女が談笑している。どこかの店の下働きと思われる若者が、仕入れ品の詰まった籠を両手に抱えて駆け抜けていく横を、子どもたちがはしゃぎながら通り過ぎた。

 どことなく落ちつかないながらも平穏な風景をぼうっと眺めながら、少年はただひたすらに歩いていた。すると、突然、すれ違いかけた誰かに声をかけられる。

「お、ディランじゃねえか」

 自分の名を呼ぶ野太い声に、少年は目を瞬きながら振り返った。見覚えのある顔がすぐそばにあって驚く。

 四十代半ばほどの男だ。日に焼けて黒くなり、しわの目立つ顔には、けれどいつも少年のように愛嬌のある笑みがたたえられている。町の片隅、小さな鍛冶屋で働いている彼は、ディランとはそれなりに長い付き合いがあった。

 男はずかずかと歩いてくると、その大きな手でディランの肩を叩く。あまりの力強さに彼が顔をしかめたことに気づかず、まくし立てた。

「いやー、久し振りだな。今度は南の方に行ってたんだって? あっちは国同士やら移民やらとの小競り合いが絶えねえらしいが、大丈夫だったか? あと、この間の嵐には巻き込まれなかったか? 今ここにいるってことは、三、四日前にはこっちに入ってたんだろ。ああそれと――」

「わかった、わかったから落ちつけ!」

 矢継ぎ早に投げかけられる質問を、ディランは両手を振って鎮めた。男はディランの言葉を受けとめると同時に、まるで人形のようにぴったりと口を閉じる。それから苦笑した。

「いやあ、すまん。こっちの方でも色々あったんで、ずっと心配してたんだ」

「うん。気持ちはありがたいけど……」

 ようやく落ち着きを取り戻した男の笑顔に、ディランは肩をすくめる。それから彼の肩を軽く叩いてうながした。二人は並んで歩き、道行く人々に溶けこむ。遠くで聞こえる犬の鳴き声を気にしつつ、ディランはひとつずつ質問に答えることにした。

「確かに南は物騒な感じだったな。そのぶん、仲介所には傭兵向きの危ない仕事がいろいろあった」

「へえー、っていうかおまえまさか、その『危ない仕事』に手ぇ出しちゃいねえだろうな」

「してない。情報収集とか、割りのいい金持ちの護衛とか、その辺にしといたよ。傭兵稼業が旅の目的じゃないし、命は惜しい」

 まるで親か何かのように心配してくる男に対しディランがきっぱり言い切ると、男は「ならいいけど」と言いつつ、釈然としない顔をしていた。どうも信用されていないようだ。ディランは重ねて何か言うのをはなから諦めて、強引に話題を切り替える。

「あと、嵐のことだけどな。ちょうどそれが理由で、一回長いこと足止め食らったんだよ。おかげでミルデン地方に入ったのは嵐が去った後だった。それはいいけど……えらい惨状だな、これ」

 言ってディランは、近くの建物を仰ぎ見る。頑丈なはずの石壁の一部は、強風で吹き飛んだのか、引きはがされて地面に転がる瓦礫と化している。元は何かの店であろう大きな家の一部は、風穴があいたようになっていた。

 ディランの視線を男も追って、沈痛な表情になる。

「ドナはまだ被害が少ない方さ。山向こうのラスカなんかは、街中が水浸しらしい。二年に一回は来るんだよなあ、こういうやばい嵐が」

 独白した男が、ふいに目を伏せる。よりいっそう濃い影が、心優しい彼を覆っているようであった。

「こうなったのも二十年前からだ」

 ディランは眉をひそめる。

「二十年前から気候が不安定になった」。この国の者はよくそれを口にするが、なぜそうなったのか、を続ける者はほとんどいない。その事実を忌避して、目をそむけているように、よそ者のディランの目には映っていた。

「――それより!」

 突然、空気を変えるように、男が大声を張り上げた。輝かせた目をディランに向ける。

「おまえは自分が無事なんだから自分の心配をしな。そっちは進展あったのか」

 いきなり水を向けられて、ディランはどきりとした。ためらいがちに言葉を返す。

「いや――何も、ない」

「……そうか」

 眉を下げた男は言葉を探しているようだったが、結局、何も言わずにディランの肩を思いっきり叩く。

「痛いって! おまえ、そろそろ自分の馬鹿力を自覚しろ!」

「あ、悪い悪い。親方にも言われるんだよなあ」

 気張らずにやれ、と、いつものように励まされたような気がしていた。


 男と別れたディランは、一人で町をそぞろ歩き、頭の中で今後の計画を立てていた。

 本当はこのままドナで食糧などを買い足して、明日にはまた旅立つつもりでいた。けれど、町の有様を見てしまうとこのまま立ち去るのは気が引ける。ドナは一応の拠点としていて、長く世話になっている町でもあるのだ。

 悩んでいたディランはしかし、顔を上げると呟いた。

「とりあえずやれることはやってみるか。情報収集にもなるだろうし。まずはいつもの宿屋に荷物を置いて……と」

 小声で自分の考えをまとめながら歩く少年は、近くで何やら不自然な騒ぎが起きていることに気付き、足を止める。少し先に、町の広場が見えた。国からのお触れが出されたり、集会が行われたりする場所だが、普段は町民の憩いの場である。

 円形の広場の片隅に、集団が見えた。軽めの胸当てや鎧をまとい、武器を持った屈強な男たち。おそらくは、流浪るろうの傭兵や旅人たちだ。彼らは一様に困った顔をして、一か所を見ている。

 そして彼らの視線の先には――子どもがいた。

 小柄だが、十五歳くらいだろうか。金色とも琥珀色ともとれる変わった目の色が印象的な少女だ。茶色の髪を二つにわけて三つ編みにしている。丈の長い紺色の上着と、緑のスカーフと、着古した筒袴ズボンという、およそ女の子らしくない格好だ。

 その彼女は、多数の男たちを前にまったく物おじしていない。背筋を伸ばし、きっと彼らを見上げた。

 男たちは顔を見合わせ、それからもう一度、少女を見る。

「あー……嬢ちゃん。もう一度言ってみ?」

「うむ!」

 少女は深くうなずくと、さっと両手を顔の前で合わせた。

「私の護衛をしてもらえないだろうか! お金はきちんと用意している」

 遠巻きにやりとりを見ていたディランは、よく通る少女の声を聞いて眉を上げた。歳の割に、ずいぶんと固い口調でしゃべる少女だ。物騒なことではなさそうだしそのまま通り過ぎようと思っていたのだが、風変りな子どもに興味をひかれる。もう少し、様子を見てみることにした。

 男たちは眉をひそめて互いを見た後、苦笑した。

「おいおい本気か?」

「どうもただ世間知らずの娘って感じじゃねえけどな」

「でも、ガキはガキだろ。傭兵に払える金なんてたかが知れてる」

 彼らはぼそぼそと言葉を交わし合う。それが聞こえてしまったのか、少女はすがりつかんばかりの勢いで男たちに迫った。

「た、頼む! 私一人ではどうにもできないのだ!」

 少女の瞳は真剣だ。態度が堂々としているので動じていないようにも見えたが、その必死さからよほど追いつめられていることが分かる。ディランとしては同情心を刺激されるが、事情を知らない以上、安請け合いはできない。

 そして頼みこまれる男たちの方もそれは同じだったのだろう。集団の中でいっとう大柄な、壮年の男が、大きな手で少女の頭をなでた。

「悪いな、嬢ちゃん。俺たちには先約があるんだ」

「そ、そうなの、か……」

「悩み事があるなら俺たちみたいな荒くれ者じゃなく、親切な町の人に言ってみることだ」

 彼がそう言って少女を遠ざけると、それに続いて他の男たちも広場から出ていく。ディランは彼らの複雑そうな横顔を見送って、ため息をついた。

「先約、ね。多分復旧工事の手伝いとか、臨時の警備員とかだろうな」

 どこもかしこも大変だ。考えていたディランの耳に、少女の声が聞こえてくる。

「町の人を巻き込むわけには、いかんというのに」

 少女は広場の隅に座りこんでしまっている。ディランは肩をすくめると、少女の方に歩いていった。人の接近に気付いていない彼女の肩を軽く叩く。

 大きく見開かれた目が、ディランを見た。

「今は町がこんなでな。地元の連中から仕事をたくさん頼まれてるから、傭兵も旅人も、よそ者の仕事を受ける余裕がないんだよ」

 ディランがつとめて穏やかな声で言うと、少女はしおれた花のようにうつむく。

「うむ……わかってはいるのだがな……」

 そのまま動かなくなってしまいそうな彼女を見下ろしたあと、ディランは遠くを見た。町の北端には、ひとつだけ明らかに大きい建物がそびえている。ひびの入った看板を一瞥してから、いじける少女に目を戻した。

「せめて、こんな道端で人を捕まえるんじゃなくて、あそこに行け」

「あそこ?」

 少女はようやく顔を上げた。ディランは北の方――つまり先程見た建物を指さす。

「仲介所だ。さっきの奴らみたいなのから商売人まで、仕事を受けたいって奴がたくさん集まってるはずだ。中の掲示板に依頼を張り出してもらって待つっていう手もあるけど時間はかかる。――って、おまえじゃどの道無理か」

 説明している途中で気付いたディランは、顔をしかめる。仲介所に依頼を貼り出してもらえるのは、十八歳以上の人だけだ。報酬を払えるだけの経済力が保証できないからだろう。

 ともかく、と彼は思考を切り替えた。

 少女は少し考えていたが、どうも考えがまとまったらしく、勢いをつけて立ちあがる。それから、左の拳を胸に当てた。

「分かった、行ってみる。教えてくれてありがとう」

「おう、気をつけていけよ」

 ディランは言って、そのまま少女の横を通りすぎようとした。が、すぐに足を止める。首をかしげている少女を振りかえった。

「もし誰も捕まらなかったら、町の東側の小路こうじにある宿屋に来な。受けるか受けないかは別にして、話くらいなら聞くから」

 少女は、目をみはって呆然としていたが、ディランが「じゃ」と言ったときに深く頭を下げて、駆け去っていった。青年は苦笑して、目的の宿屋の方へと足を向けた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます