第二章 レディ・ドラキュラ⑩


「おかえり。そして、ありがとう……」


 “栞”からポータルに出ると、歓迎するように両手を広げた本の悪魔の姿があった。

 青い手袋をはめた右手に、一冊の本を持っている。

 『レディ・ドラキュラ』だ。


「この作品から、シミは見事に消え去ったよ」


 そう言って、悪魔が本から手を離す。

 本は宙を滑るように飛び、塔の外壁に螺旋を描くように並んでいる書架に収まる。


 アーミリカとの戦いに比べれば、シミの核を消すのは、呆気ないほどだった。

 怒りに燃えた浩太郎が椅子を投げつけて“反魂の姿見”を割り、姿を現したシミ“ロジック”を、アーミリカが烙撃で瞬殺したのである。


 そして『レディ・ドラキュラ』の作品世界に別れを告げ、ポータルへと帰ってきたのだ。


「命懸けだったぞ」


 浩太郎が悪魔を睨みつける。

 悪魔はなにも答えない。


「いつもはこんなに大変じゃないのだけど……」


 かりんが申し訳なさそうに言う。


「むしろ、核を壊したときのほうが普通。あの鏡がシミに侵されただけなのに、作品世界が根底からおかしくなるなんてね。私がしっかりしないといけないのに、むしろ彰文くんに助けられた」

「ホント、彰文には感謝だわ」


 浩太郎が、わざわざ直立してから頭を下げる。


「必死だっただけだよ。なんとか、うまくいってよかった。みんな、無事だったし」

「ここに来たときから思っていたのだが、どうやら彰文氏は特別な存在のようだね」


 悪魔が顎に手をかけて言う。


「彰文はどう特別なんだ?」


 浩太郎が悪魔に訊ねた。


「過去にも何人かいるのだがね。偉大な哲学者や宗教家など、精神世界を探求する人が、時としてこちらにたどり着くことがあるのだよ。たとえば、ここをアカシックレコードと名づけた人物が、そのひとりだ。彰文氏は読書にのめりこむとき、無自覚に、こちらと繋がっていたのだろうね」


 悪魔が答え、彰文をじっと見つめてきた。


「本に没頭すると、回りのことはまったく気にならなくなりますが……」


 だが、自分が特別だと思ったことはない。


「たしかに魂が抜けているようなとき、あるもんな」


 浩太郎がうなずく。


「彰文くんは、浩太郎くんのキャラを召喚したのよ」


 かりんが悪魔に報告する。


「ほほう……」


 悪魔が顎にかけていた手を、顔の横に移動させる。

 そして指を二本立てると、手品のようにトランプのカードが一枚現れた。

 手をくるりと返すと、ジョーカーである。


「彰文くんは、まるでこのカードだね。あらゆる作品からパートナーを呼びだせる万能のクリエイターかもしれない」

「わたし以外に、女の子は呼びださないでくださいね」


 ライラがあわてて、彰文の腕を抱え込む。


「ごめん、必要なときには呼びだすと思う。シミを消すためには、手段を選んではいられないから」

「わたし、もっと頑張りますから~」


 ライラが泣きそうな顔になる。


「健気よねぇ」


 かりんが微笑む。


「アーミリカも、彼女ぐらい可愛げがほしいわ」


 浩太郎がうなずいた。

 彰文は苦笑いする。

 ライラが好意を寄せてくれるのは嬉しいが、どうにも照れくさい。


「浩太郎くんと彰文くんは、明日からどうするの? 私は明日の夜は予定があって、入れないのだけど……」


 そう言って、かりんが小さくため息をつく。

 それを見て、婚約者と会うんだな、と彰文は思った。

 彼女の作品を読んだからわかる。

 王妃がフランス王に会いにゆくときの描写とそっくりだった。


「面倒なことなのか?」


 浩太郎もなにかを察したのか、かりんに声をかける。


「答えなければならない?」


 かりんが冷たく返した。


「いや、いいけどな。訊いて悪かったよ……」


 浩太郎がばつが悪そうな顔をする。


「とにかく、シミ退治のほうは、当分パスだわ。本音で言うと、もう辞めたいぐらいだけどな。いくらなんでも自分勝手だし、ふたりは続けるんだろ?」

「僕はそのつもり」


 彰文は迷わず答えた。


「わたしもよ」


 かりんが相槌を打つ。


「俺が必要なら、いつでも声をかけてくれ。役に立つかどうかはわからないけどな。ふたりの手伝いなら喜んでやるから……」


 浩太郎が言った。

 悪魔の頼みは引き受けないという意思表示だろう。


「今はとにかく『レディ・ドラキュラ』を書きたいんだ。俺が放置していたせいで、シミに取り憑かれたみたいだしな。あの世界の空間と時間をもっと広げて、ひとりでも多くの読者に来てほしい」

「続きが読めるのは嬉しいよ……」


 彰文は浩太郎にうなずきかけた。


「新作の異世界ファンタジーも悪くなかったけど、やっぱり『レディ・ドラキュラ』のほうが浩太郎らしい作品だと思う」

「私も最近、筆が止まっているから、作品を書かないとね」


 かりんがひとりごとのようにつぶやく。


「諸君らの知的活動は、私にとって糧のようなもの。本来なら、邪魔をしたくはないのだがね……」


 悪魔がわずかに首を横に振る。

 シミを消し去る力は、彼にはないのだ。

 それは創造の力によるものだから。

 今を生きている人間にのみ、与えられる力だった。


「それでは、ごきげんよう」


 かりんがお辞儀をして、現実世界へもどってゆく。


「んじゃ、俺も帰るわ」


 浩太郎も手を振り、去っていった。


「彰文さまも帰られるんですか?」


 ライラが後ろ手を組み、寂しそうに見つめてくる。


「……そうだね、もうすこし話をしようか」


 彰文はすこし考えてから、答えた。

 ひどく疲れてはいる。

 こちらにいるあいだ、現実世界では時間がほとんど経過しない。

 つまり、脳は高速で情報を処理しているわけで、負荷がかかるのだろう。

 だが、彰文のほうにも話したいことがある。


「さっき、ライラが能力を使ったとき、見覚えがある気がしたんだ」

「わたしもです!」


 ライラが表情を輝かせた。


「彰文さまに能力を出すよう呼びかけられて、あれを思い出しました。もしかして、どこかで一緒にシミと戦ったのでしょうか?」

「そんなはずはないと思うけど……」


 彰文が悪魔と契約したのは、わずか三日前だ。

 そして『レディ・ドラキュラ』の作品世界にしか入っていない。


「ちょっといいかね?」


 本の悪魔が声をかけてきた。


「どうぞ」


 彰文は悪魔を振り返る。


「う~」


 ライラが不満そうな声をもらした。


「言うべきかどうか、迷っていたのだがね……」


 悪魔がそう前置きしてから、右手をあげ、一冊の本を書架から招き寄せる。

 そして無言で、彰文に手渡してきた。


 豪華な装丁の本である。

 まるで、映画やドラマに出てくる古い魔導書のようだ。

 だが、あくまで作品の具象化であり、現実世界にこの本が存在しているわけではない。


 彰文はタイトルを確かめてみる。『背中合わせのライラ』とあった。


(ライラだって?)


 彰文は驚いた。

 記憶をたどってみたが、読んだことはない。

 例の既知感すらなかった。


 表紙に作者の名前は記載されていない。

 背表紙も見てみたが、そこにもタイトルしかなかった。

 彰文はライラに本の表紙を見せてみる。


「わたし……でしょうか?」


 ライラが首を傾げながら、自分を指差す。


「そうかもしれない。たまたま同じということもあるけれど……」


 彰文は本の悪魔に向き直る。


「私は人工知能のようなものだから、主観で判断はしない。ただ、なにが起きたとき、過去のデータに照らしあわせ、統計的に判断をくだす。つまり、間違うこともある」


 悪魔の口調は、まさにひと昔前のSFに出てくる人工知能のようだった。


「迷ったり、前置きしたりと、十分に人間的だと思いますが?」


 彰文は苦笑する。


「人間的に振る舞っているのだよ。人間がどう振る舞うかについて、十分なデータがあるからね」


 悪魔が応じて、わずかに身体を揺らした。

 笑ったのかもしれない。


「その作品は前回、君たちがここから去ったあと、突如として現れたのだよ」

「突如として?」


 予告もなしに、作品が発表されることは、もちろんある。

 だが、悪魔には誰かがそれを書いている時点でわかるはずなのだ。

 完成した作品がいきなり出現するはずがない。


「もしかして、この作品もシミに?」

「そのとおり、ひどく蝕まれている。私には内容を認識することすらできないほどだ。推測だが、一度消滅した作品なのだと思う。それが復活した。もちろん、このようなことは過去にはない」

「シミに蝕まれた作品は、消滅するはずでは?」

「私にとってはそうだ。人類にとってもね。認識できなくなるのだから」

「つまり、あなたや我々が認識できなくなっただけで、どこかに存在している可能性も?」

「それを考慮したことはない。だが、君の指摘は妥当に思える」


 悪魔がそう言って、背景のように聳え立つ塔を振り返った。

 頂上は見えず、薄暗い空に向かって、無限に伸びているように見える。

 その外壁は書架であり、本がぎっしりと収められている。

 塔の周囲にも数多の本が、螺旋を描くように宙に浮かんでいた。

 書架に収まっている本と宙に浮かんでいる本に、なにか違いがあるのだろうか?


「突如として現れたシミに蝕まれた作品。そのタイトルには、ライラという名前がある。そして、彰文氏のパートナーがどの作品に登場しているのか、私は知らない。ただの偶然とするほうが、確率的に低いと言わざるをえないね」

「なるほど……」


 彰文はうなずいた。

 悪魔の物言いはひどく遠回しだが、その意図は理解できる。


「僕に判断しろということですね?」

「私は管理者にすぎないのだよ……」


 悪魔がわずかに肩をすくめた。


「ただ、これだけは忠告しておこう。その作品に入るのは、とても危険だ」

「わかっています……」


 いったんはアカシックレコードから消滅したほどの作品である。

 そして、作品を読んだ記憶がない。

 なにが起こるか、予測不能だ。


(なにより、罠みたいだしな)


 この作品が出現したのが偶然でないとしたら、それは必然ということになる。


(可能性はふたつ。ひとつは、僕がライラを呼びだしたから……)


 それがトリガーとなったのかもしれない。

 ただ、その場合、ライラが出てくると同時に、この作品も復活していたような気がする。


(そしてもうひとつは、誰かの意志が働いているということだ)


 誘われているように思えるのだ。


「ライラ……」


 彰文はパートナーである赤毛の少女を振り返る。


「なんでしょう?」


 ライラが微笑む。


「ちょっと話が長くなりそうだけど?」


 この作品に入るかどうか、ふたりで決めないといけない。


「大歓迎です!」


 ライラがそう言って、嬉しそうに翼をパタパタさせる。

 悪魔が去ってゆくのが、視界の端で見えた。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

Androidでは正しく
設定できないことがあります。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

新規ユーザー登録無料