第二章 レディ・ドラキュラ⑧


 かりんの無事を確かめたあと、彰文は浩太郎と別れ、自宅にもどった。

 夕方になり母親が帰宅したので、今日は学校を休んだとことを打ち明ける。

 ネットゲームで知り合った友達が怪我をしたので、浩太郎と見舞いにいったと説明しておく。

 母親はすこし驚いたようだが、納得はしてくれた。


 彰文は真面目なほうだし、大きな問題を起こしたことはない。

 これまでは親に嘘をついたり、秘密にするようなこともなかった。

 だが、クリエイターとなり、アカシックレコードでシミと戦っていることは、絶対に言えない。

 言っても信じられないだろうし、信じてもらったとしても猛反対されるに決まっているからだ。


(もしも僕が向こうで死んだとしても、父さんや母さんが悲しむことはないんだな)


 彰文という子供はもともといなかったと、現実のほうが書き換わるからだ。

 そう思うと、すこし心が軽くなる。

 やがて時間が来て、彰文はスマホを起動し、悪魔の書架に入った。


「彰文さま!」


 嬉しそうにライラが走り寄ってくる。


「浩太郎さまとかりんさまが大変なんです」

「ふたりがどうかした?」


 彰文は驚いて訊ねた。


「あちらで……」


 ライラが振り返る視線の先を追いかけると、かりんがいつも紅茶を飲んでいるテーブルでふたりが向き合っている。

 何事か激しく口論していた。


 本の悪魔の姿はない。

 彼はアカシックレコードの擬人化だから、こちらの世界には遍在しているはずだ。

 だが、必要ないかぎり、姿を現さない。


「どうしたのさ?」


 彰文はふたりのところに行き、声をかけた。


「浩太郎くんが、もうやめようって言い出したのよ」


 かりんが憮然と言う。


「だって、そうだろ? かりんが怪我をしたんだぜ。傷は残らなかったけど、痛みはまだあるらしい……」


 浩太郎が同意を求めるように振り返ってくる。


「怪我なら治せる。だけど、死んでたかもしれないんだ」


 たしかに危ないところだった。

 作品世界では、物事は基本的にストーリーどおりになる。

 だが、いったんそこから離れると、なにが起こるかわからないと思い知らされた。


「そのリスクは承知していただろ?」


 彰文は浩太郎を見つめる。


「わかってたつもりさ。けど……」

「かりんが怪我をしたのを見て、恐くなった?」

「それもある……」


 浩太郎はそこで言葉を切る。

 だが、しばらく待ったが、それ以上は続けなかった。


(かりんや僕を危ない目に遭わせたくないのだろうな)


 友達になって間もないが、浩太郎の性格はわかっている。


「あなたの作品がどうなってもいいの? あなたの分身ともいうべき主人公や、アーミリカがいなくなってもいいの?」

「よくないさ。決まってんだろ!」


 かりんに問いかけられ、浩太郎が声を荒げる。


「アーミリカは『レディ・ドラキュラ』の世界に存在していた。俺たちとまったく同じように、生きているんだぜ。俺が創ったキャラなのに……」


 浩太郎が歯を食いしばる。

 ぎりっという音が聞こえた気がした。


「それでも、俺たちにとって大事なのは、現実世界のほうだろ?」

「私にとっては違うわ……」


 かりんが静かに首を横に振る。


「私は小説を読むのが好き。書くのも好き。いろんな妄想をして、それを文章にして残したい。悪魔の書架に来て、すべての作品にそれぞれの世界があることを知って、とても素敵だと思った。私はいろいろな作品世界に行って、大好きな王子……キャラクターと会ってきた。そんな作品を消そうとするシミを、私は許さない」

「かりんなら現実世界でだって、王子ぐらい見つけられるだろ?」


 浩太郎がシャンプーをするように、両手で髪をかきむしる。


「無理よ……」


 かりんがゆっくりと首を横に振った。


「だって、私には婚約者がいるもの」

「……婚約者?」


 浩太郎が唖然として、彰文を振り向く。


「結婚を約束した相手ってことだろ」


 彰文は辞書をひくように言った。


「それぐらい、わかるっての!」


 浩太郎が机をどんと叩くようなリアクションをする。


「こういうことを聞くのはどうかと思うけど、もしかして政略結婚ってやつ?」


 彰文はかりんに訊ねた。


「まあ、そうね……」


 かりんが曖昧に返す。

 たぶん違うのだが、説明するのが面倒だったのだろう。


「今頃、そんなことって……」


 浩太郎が唖然となる。


「あるのよ……」


 かりんが苦笑まじりに言った。


「おかしいでしょ? 親が決めた相手と結婚するなんて。でも、私の学校には、他にも何人かいるのよ。現代の日本でも、そういうことはあるの」

「つまり、その結婚相手が嫌いなんだな? だから妄想に逃避している……」


 浩太郎は混乱しているのか、視線があちこちに泳いでいる。

 言葉選びもおかしい。


「誤解しないで。私の婚約者は立派な人よ。すこし年は離れているけど、顔はいいし、性格は優しい。高校のときには、テニスでインターハイに出てるわ。アメリカの大学で経営を学び、今は商社で働いている。そして将来は実家の会社を継ぐことが決まっている」


 かりんがむっとして言い返した。


「なんだよ、ホンモノの王子じゃないか?」


 浩太郎が大きなため息をつく。自分と比べたのかもしれない。


「たしかに、少女マンガのキャラみたいだな……」


 彰文はうなずいた。

 そういうなんでも持っている人間が本当にいるのだなと思う。

 かりんの学校を見たときにも薄々感じたが、かりんと自分たちとは同じ現実世界にいるのに、異なる作品世界の登場人物のような気がした。


「大学を出たら、私はあの人と結婚することになる。ただ、私はまだ本当の恋をしたことがない。だから、知りたいのよ。こちらの世界でね」

「よくわからねぇけど……」


 浩太郎が首をさかんにひねる。


「それは、かりんにとって、大事なことなんだな?」

「ええ……」


 かりんがゆっくりとうなずく。


(だから、かりんは『白蘭の三銃士』でヒロインじゃなく、王妃に感情移入していたんだな……)


 彼女は婚約者がいるという自分の境遇を、フランスの王妃に重ねていたのだろう。

『白蘭の三銃士』で、王妃はひとりのイギリス貴族と恋に落ちる。

 だが、最後にはフランス王と真実の愛を築き、世継ぎを産み、フランスのために尽くした――


(かりんは自分を納得させようとしているのかもしれない。だとしたら、彼女の本当の気持ちは……)


 だが、それは彼女が決めることなのだ。


「俺はまあ、いいんだけどな……」


 そのとき、浩太郎がぼそりと言う。


「なにが?」


 かりんが怪訝そうな顔になった。


「いや、本当の恋をしたことがないって言ったよな? だったら、その婚約者のことを、どう思っているのか、って……」


 浩太郎はかりんから目を逸らしながら答える。

 言うべきかどうか、迷ったのだろう。


(さすがだよ)


 彰文はつい笑ってしまった。

 浩太郎の言葉が、自分が心のなかで思い、しかし口にしなかったことだったからである。

 思ったことしか言えない。

 思ったことは黙っていられないのが、浩太郎だった。


「そんなこと、あなたに関係ないでしょ!」


 かりんが顔色を変える。


「わ、わかってるって。悪かったよ」


 浩太郎があわてて謝った。


「とにかく! 浩太郎くんが降りるのは自由。でも、私は行くわ」


 かりんが強い口調で言う。

 強引に話題を打ち切った感じだった。


「コイツは降りないよ……」


 彰文は浩太郎の肩に手をかける。


「そうだよな?」

「しゃあねぇだろ」


 浩太郎がため息をつく。

 すでにさっぱりとした表情になっている。

 切り替えが早いところも、彼の良さだ。


「俺の作品世界だものな。どうせ、彰文もやめるつもりはないんだろ?」

「もちろん」


 彰文はうなずく。


「最初は浩太郎を手伝いたかっただけだ。でも、今は違う。僕の記憶からなにかが欠落していて、それはとても大切なことだと感じるんだ。そして、こちらの世界と関係している。その手がかりがライラなんだ」


 彰文が視線を向けると、赤毛の少女は照れたように笑った。

 翼がぱたぱた動き、尻尾は左右に揺れる。


「ところで、どの話に入るんだ? もう一度、五話か?」


 浩太郎が言った。


「それなのよね……」


 かりんが怪我をした右腕を左手でさすりながら言う。


「シミに侵されていた魔物は倒した。でも、シミはまだ消えていない。つまり、核は他にあるということよ」

「だったら、これまで通り、順番にストーリーを追いかけてゆくのか? いつ、魔界の扉が開いて、魔物が現れるかわからないんだぜ?」

「そうね。あまり気は進まない」


 かりんがうなずく。


「シミがどういうものか、まだよくわかっていないけど……」


 彰文はそう前置きしてから、提案してみる。


「最初に魔物が出現したとき、ハーフミラーになっているビルの窓に、アーミリカが映っていた。『レディ・ドラキュラ』の世界では、アーミリカが映る鏡は、魔界とのゲートになる。そうだよね?」

「たしかに、そう設定しているけどな」


 浩太郎が苦笑する。


「たぶんだけど、『レディ・ドラキュラ』の世界は、すべての鏡がシミの影響で、アーミリカが映るように変わってしまったんだ」

「ありえるわね……」


 かりんが唇に指を当てながら言った。


「だとしたら、絶望的じゃねぇか?」


 浩太郎の顔が強張る。


「そうね、シミに侵された魔物が無限に現れてくるわけだから」


 かりんがため息をついた。


「核を叩けば治るのなら、まだ希望はあるさ。『レディ・ドラキュラ』の世界は消滅させない。僕があの作品を読んだという記憶を書き換えられたくはない」

「彰文……」


 浩太郎が感動したような表情を向けてくる。


「おまえって、ホント最高の読者だよな」

「同感だわ。『白蘭の三銃士』以外の作品も、ぜひ読んでね」


 かりんが笑顔で言う。


「ただ、小説を読むのが好きなだけだよ」


 彰文は苦笑した。

 最高の読者というのは、褒めすぎだと思う。

 自分より凄い読み手はいくらでもいる。


「で、シミの核がどこにあるかだけど……」

「それだよな? すべての鏡を壊してまわるなんて、できっこないし」

「その必要はないよ。壊すべき鏡はひとつでいいはずだ」


 彰文は答えた。確証はないが、ロジックとして、それしかないと思う。


「どうして?」


 かりんが訊ねてくる。


「すべての鏡にアーミリカは映る。だけど、アーミリカを映さない鏡は、ひとつしかないからだよ」

「そうか、反魂の姿身……」


 浩太郎がはっとなる。


「アーミリカを映すただひとつの鏡。それがシミに汚染され、アーミリカが映らなくなった。逆に、普通の鏡にアーミリカが映る」

「ロジックが完全に逆になったわけね……」


 かりんが言った。


「アーミリカが魔界から帰ってくるのは何話?」

「十七話だよ」


 彰文は即答した。


「よしっ、さっそく行こう! オレの『レディ・ドラキュラ』を蝕むシミに引導を渡してやるぜ」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

Androidでは正しく
設定できないことがあります。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

新規ユーザー登録無料