孤剣の絆/フラッグノーツ


 みんな、言ってる。

 お日様は、ぽかぽか温かいと。

 お月様は、さらさら優しいと。

 お星様は、きらきら綺麗だと。


 でも、私は知っている。

 お日様は、灼熱の炎だ。

 お月様は、冷たい岩だ。

 お星様は、遠くの幻だ。


 だから、私は別にそんなの欲しくない。

 空ばかり見て歩いたら、きっと転んで怪我してしまう。

 必要なものだけを求めるんだ。

 そうやって私は歩いて、彷徨って、生きていく。


 * * *


 壬生狼学園、放課後。

 女生徒がひとり、中庭のベンチに腰を下ろし、饅頭の包み紙を開けていた。

 ガサガサッという音はいかにも粗雑だが、「饅頭食べたいし! 一刻も早く!」という微笑ましい熱意を感じさせる。

 彼女の名は、近藤イサミ。

 泣く子も黙る学生侍集団、壬生狼学園新選組の隊長だ。


「うぇへへ……じゃ~、いただきますかっ!」


 ……饅頭を前にゆるみ切った表情からは、とても信じられないことだろう。

 艶やかな饅頭を手に、口を大きく開けた。己の拳もすっぽりと入りそうな大口だった。

 近藤イサミは、“一呑み”が好きだ。

 そして、まるごと一気に放り込む。もぐもぐごくん!

 飯も菓子も、なんであれ、そうやって食べるのが良いと思っている。


「びゃああ、旨いっ! 旨すぎる! 風が語りかけてくるっ!」

「……あの、隊長。花も恥じらう年頃れでぃーなんですから、もう少し、その」

「おお~! いっちゃん! いいトコ来たね。ひとつ食べる?」

「いただきましょう。その前に、これを。先日頼まれていた調べ物です」

「お、サンキュー。助かるよ! それじゃあ食いねぇ食いねぇ、老舗・十万億土饅頭の新商品だよっ」


 いっちゃん――新選組隊士・斎藤一乃。

 凛とした佇まいは、イサミとは対照的だ。

 しとやかに饅頭を一口齧って飲み込む一乃に対し、イサミはぽぽいぽいぽいといくつも丸呑みしていく。


「いつも疑問なのですけど、それで本当に味わえているんですか?」

「うん! なんでも丸呑みが一番美味しいじゃん? 呑み込んで、お腹全部で味わうの!」

「『鳴かずとも 呑んでしまおう ホトトギス』……といったところですか。あなたらしい」

「……まぁ、もっと美味しい食べ方もあるんだけどね」

「それは……?」


 問いには答えず、にぱっと笑みだけを返すイサミ。

 残りの饅頭を一乃に放り、ただ一言、「行ってくる」。

 それだけ言い残し、軽やかに去って行った。


(ああ、これから何か、大事なことをするのでしょうね)


 あの笑みを、一乃は好いていた。

 決まって何か、素敵なことを企んでいる笑みだから。


 * * *


 誰かが居ると、嫌われる。

 誰かが居ると、疎まれる。

 だから、誰も居ないここだけが、私の居場所。


 ここなら、余計なモノを見なくて済む。

 “先”のことを“視”て困る相手は居ない。

 木と、獣と、石と、水。

 そして、一振りの刀。

 在るのはただ、それだけ。


 なのに。

 なのに最近、余計なモノが増えてしまった。

 お日様みたいな、あの人が。


 * * *


 鷹尾山。

 壬生狼学園からほど近い場所にそびえる山だ。

 その中腹に、イサミはいた。

 登山道を外れた藪を、どこか楽しげに進んでいる。


「前に来たときは、この大岩を越えた先に確か……あれれ?」


 何本もの倒木が、行く手を塞いでいた。

 そこから先への侵入を拒絶するように配置され、明らかに人為的なものであるとわかる。


「たはは……ウチも随分と、鷹尾の天狗さんに嫌われちゃったなぁ。でもね!」


 手は、既に背の後ろに伸びていた。

 銀光と共に朱槍が一閃。

 たちまち倒木は寸断され、刹那の炎に包まれ、塵と崩れていく。

 斬り焦がし、断ち燃やす。

 それこそは近藤イサミが持つ〈士魂〉、即ち卓絶した武人としての異能であった。


「悪いけど、新選組は図々しさが信条だから。このまま進んでくよっ!」

「…………帰って」


 どこからともなく、か細い声。

 拒絶。

 はっきりわかる。

 だが---


「帰らないよ。帰れない理由があるっ!」

「…………」


 イサミの耳に届いたのは、返答ではなく、刃が鞘走る音。

 続いて、次々と木々が倒れ始めた。

 イサミに向かって。


「ちょちょちょっ、ちょっとぉぉぉぉ!?」


 * * *


 また、森は静かになった。

 あの人は、諦めて帰ってくれたんだ。

 随分と怖い思いをさせたと思う。

 ごめんなさい。

 でも、これでもう二度と来ることはないだろう。

 二度と……?

 ううん、今日のは四度目だった。

 だから、五度目はない。

 そのはず。


 * * *


 大岩の上に、ボロ布が風に吹かれてはためいている。

 ……否。

 ボロ布を外套のようにまとう人間だ。

 全身が土埃に塗れた中、腰に佩く刀だけが清らかに輝いている。

 その“ボロ”は大岩からしばし周囲を見回し、くんくんと鼻を鳴らした。

 どこからともなく、香ばしい匂いが漂ってくる。

 麓の街から風に乗って運ばれて来たのだろうか?

 ボロの腹が、ぐぅと音を立てる。

 慌て、恥じるように周囲を見回すも、誰も居ない。


「お腹、空いたな……」


 呟いたボロの頭に、ぽとんと何かが落ちてきた。


「ひっ!? ……これは……お饅頭?」


 頭の上に乗っていたのは、饅頭だった。

 焼き饅頭だ。表面はこんがりと焼け、例の香ばしい匂いを放っている。

 ありえない。


「老舗・十万億土饅頭の新商品だよっ。さっきのドタバタで、うっかりちょっぴりこんがり焼けちゃったけど……味には自信あり!」


 ボロが見上げた先、樹上でイサミが笑っていた。

 

 * * *


 そして、私の目の前にお日様が来てしまった。

 どうしよう。

 あたたかい。


 * * *


「ウチの名前は、近藤イサミ。壬生狼学園で新選組の隊長やってるんだ。まぁ、できたばかりで人も少ないけどね。一応、〈学園帝国〉の連中に対抗して、みんなを守るのが目的……かな?」

「……最初に来た時、大声で言ってましたね。無視しましたが」

「そっか。でさ、鷹尾山で遊んでたウチの生徒が沢筋で足を挫いたけど、何者かに助けられたって言うじゃない。こりゃ~、お礼しなきゃでしょ!」

「……二度目の訪問時に、叫んでましたね。居留守を使いましたが」

「人助けをする、鷹尾の天狗。何としても会いたいと足を運んできたけど……まさか、あんなに強い剣士だとは思わなかった」

「……三度目には刃を交えさせていただきました。追い払うために」

「正直、ウチじゃまったく敵わないよ。こう、何をやっても先を読まれてるみたいに返されてさ。強いね~、キミ!」


 ボロは戸惑っていた。

 散々に打ち負かしてやったのに、イサミは屈託なく笑っている。

 自分の技倆に対する報いは、憎悪や嫉妬、あるいは恐怖が常だったのに。

 

「……初めて」

「ん?」

「初めて、です。私と仕合って、散々に負かされて……なのに、そんな風に笑う人に出会ったのは。……怖くないんですか」

「全然。むしろ……惚れた?」

「惚れっ……!?」

「だって、そうでしょ。すごい剣士と仕合えたんだよ! ウチも、それとウチの仲間なら、みーんな絶対に喜ぶってぇ。いっちゃんやトッシー……あ、新選組の仲間なんだけど、その子らに話したら、羨ましがってたし!」

「…………」


 ボロは、胸に不思議な疼きを感じた。

 初めてのことだ。

 嫌な感じはしない。


「……お、面白い話を聞かせていただいたこと、感謝します。生徒を助けたことへの感謝も、承りました。……それでは、私は、これで」

「どこに、行くの?」


 イサミの問いには、それまでと異なる響きがあった。

 洞察に富むボロのこと、秘められた意図はわかる。

 だが、わかるわけには――いかない。


「か、帰ります……」

「どこに?」

「…………」


 帰る場所なんて、どこにもない。

 人の未来が視えるから、嫌われて。

 人の運命がわかるから、疎まれて。

 だから、ここへ逃げてきた。

 居場所も、行き場所も、ない。

 逃げ場所しか、ない!


「失礼します。これ以上、あなたには関わりたく……ありません」


 駆け去ろうとするボロの腕を、イサミが掴んだ。

 振りほどけない。

 そうさせない意志が、伝わってくる。


「行くなっ、沖田ソウっ!」

「ッ……!」


 数年ぶりに名を呼ばれた瞬間、ボロはボロであることを止めた。

 沖田ソウ。

 それが、彼女の名だった。


「悪いけどさ、調べさせてもらったよ。太刀筋を見れば、流派がわかる。そして腕が立つ剣士なら、高名やら悪名やらが刻まれちゃうものだからね」

「……私のことは、放っておいて……ください」

「いやだ。そんなの、悲しすぎる」

「かな、しい?」

「そうだよ! だって、キミは何も悪くない! ちょっと人より強くて、先が見える。それだけじゃん! なのになんで、追い払われなきゃならないのさ!」


 沖田はイサミを“視”た。

 偽りや方便ではなかった。

 そして、さらにその先に視えたものは……。


「……じゃあ、私は、どうすれば……いいんですか」

「一緒に行こう!」

「ダメです……」

「新選組の仲間になって欲しいんだ! キミの腕に惚れた!」

「強引、すぎますね……。少し立ち合って、少し話しただけじゃないですか……」

「なんでも一呑み、丸呑みが一番美味しいからね」

「私は、方々で恨みを買ってます。きっと、その余波があなたにも……」

「ウチは気にしないし。むしろ、仲間に手出しはさせない、みたいな?」


 仲間。

 沖田の胸が、高鳴る。


「私には、無理です……むぎゅっ!?」


 突如、沖田の口の中に、甘い何かが入り込んだ。

 餡だ。饅頭の半欠片。もう半分は、イサミが食べている。

 ひどく……旨い。


「うん。やっぱり、こうして仲間と分け合って食べるのは一番に美味しいよね」

「あの……もう、仲間にされてる……?」


 イサミは、答えない。ただ、にぱっと笑っただけだ。

 その笑顔にはもう逆らえないと、胸の鼓動が告げている。

 だから……沖田は、観念した。


 * * *


 お日様は、ぽかぽか温かかった。

 お月様は、さらさら優しかった。

 お星様は、きらきら綺麗だった。


 私は、何も知らなかった。

 知った気で、目を逸らしているだけだったんだ。


 私は、守りたい。

 お日様を、お月様を、お星様を。

 大切なみんなと過ごせる、この居場所を。


 * * *


 その夜、街は修羅の巷と化していた。

 〈帝国〉に雇われた不逞浪士団と、それを迎え撃つ新選組。

 血刀を手に、駆け合い打ち合う無数の影。

 そこには、イサミたちの姿もあった。


「全員、無事!? よーし、無事か!」

「『三千世界の阿呆を殺し ぬしとゆっくりめいくらぶ』……やれやれ、身の程知らずのせいで、私達はしっとりと夜を楽しむ自由もありませんね」

「……そもそも恋人がいた試しがないじゃないですか、いっちゃん」

「むむっ。ソウ、人の恋愛事情を“視”るのは禁止っていったはずですけどー」

「確かに私は天才剣士ですけど……その力を使わなくても、わかります……」

「はいはいはいっ、そこまでー! 隊長命令だよ! あと一息だから、一気に追い込むよ!」

「承知しましたわ!」

「……うん、イサミ。あなたも気をつけてね」

「任せてっ! どいつもこいつも、一呑みさ!」


 にぱっと笑う、イサミ。

 沖田もまた微笑み返す。

 みんな、笑顔だった。


 ――そして、新選組は夜へと駆けて行く。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!