第二章 レディ・ドラキュラ③


 視界が切り替わったと思った次の瞬間、彰文はスマホに映る“悪魔の書架”のポータル画像を見つめていた。

 あわてて顔をあげると、向かいの席に浩太郎の呆然とした姿がある。

 ふたりはしばらく無言で見つめあった。


「夢……じゃないよな?」

「ふたり同時に同じ夢を見るなんてことはないさ」


 彰文は時計を確かめてみる。

 午後五時十分前。何時からサイトを見はじめたかはわからない。

 念のため、何年何月何日かも確かめる。間違いなく今日の日付だった。

『レディ・ドラキュラ』の作品世界を出たあと、本の悪魔に報告し、かりんと別れを告げ、現実世界にもどってきたのである。


「疲れた……」


 浩太郎がため息をつきながら、テーブルに突っ伏した。


「まったく……」


 彰文は冷蔵庫から麦茶を取り出し、グラスに注ぎ足す。

 浩太郎のグラスにも入れてやった。


「だけど、面白かったよな!」


 浩太郎ががばっと起き直る。


「自分の作品世界に入って、自分が創ったキャラクターと一緒にストーリーを追体験する。思い出しただけで、興奮するっての!」

「シミ退治というから、もっと派手かと思ったけど、意外に地道だね。アーミリカと人狼の戦いは緊張したけど」

「明日は、夜の十時だっけ?」

「そう約束した。かりんが忙しくて、その時間まで入れないから」


 そのあたりもオンラインゲームと同じ感覚だった。


「あいつ、高校だよな? 同学年?」

「リアルを詮索するのはやめておこう」


 彰文は笑う。それはオンラインゲームの基本のマナーだ。


「そうだな。だけど、あいつ、最初はキツい性格かって思ったけど、意外に気さくで茶目っ気あったよな。からかわれたのは癪に障ったけど」

「ふたりとも悪魔の書架の投稿作家だからかな? 傍で見ていて、サークル仲間みたいな感じだった」

「確かに、仲間意識は感じたな。オフ会にでも行かないかぎり、作家になんて会えるもんじゃないし」

「僕はもうひとり知っているけど……」


 そう言いかけて、彰文ははっとなった。

 その投稿作家の名前が思い出せなかったからである。


(また……)


 彰文は額を指で押さえた。


(やっぱり、僕の記憶は欠落している――いや書き換えられている)


 それはもう疑いようがない。

 核になる記憶が失われているが、その周辺の記憶はまだ残っているのだ。

 それが既知感になる。


「大丈夫か?」


 浩太郎が心配そうに声をかけてきた。


「ああ……」


 彰文は頭をひと振りしてから、浩太郎にうなずきかえす。


「ところで、今、『レディ・ドラキュラ』の第一話を久々に覗いてみたんだ」


 浩太郎がそう言ってから、ふたたびため息をつく。


「なにか見つかった?」

「誤字、脱字が山ほど。あと、とにかく書き直したい! 作品世界に入って刺激を受けたってのもあるし、ダメなところがいろいろわかったしな」

「今は、あまり書き直さないほうがいいかもね。シミを退治してからにすれば?」

「そうか?」

「文章を変えると、あっちの世界も変わるかもしれないだろ?」

「なるほど……」


 浩太郎がスマホの画面を見ながら、腕組みをする。

 彰文も『レディ・ドラキュラ』を開いてみた。


「最新のコメントがある……」


 日付はそう古くない。

 閲覧数も前に見たときより、いくらか増えている。新作の影響だろうか?

 浩太郎は身悶えしながら、自分の文章を読んでいるので、彰文はそっちをチェックしておこうと思った。


 コメントのほうは連載を中断したことに対する非難や揶揄ばかりである。

 ただひとつ気になるものがあった。


「魔物さんたちがとてもキュートだったのに、連載をやめてしまうなんて許せません。呪いの折鶴一羽送ります」


 コメント主は、御崎折鶴とある。


(呪いの折鶴って……)


 彰文は苦笑した。子供かな、と思う。

 だが、これは形を変えた応援ともいえた。

 読者にとって、好きな作品が未完で終わることほど、腹立たしいことはない。


「新作のほう、読ませてもらうよ」

「ああ、頼む」


 浩太郎がうわの空で返してきた。


 彰文は浩太郎が半年前から書きはじめたという異世界ファンタジーのページを開く。見ただけでどういう話か予想がつく、いかにもなタイトルがつけられていた。


 読みはじめると、『レディ・ドラキュラ』に比べ、文章は格段にうまくなっているし、キャラクターも立っている。

 設定が甘々だという異世界をしっかり設定してあるところが、浩太郎らしくて好感を抱いた。


「……感想はいつでもいいから」


 しばらくすると、浩太郎が言って、今日は帰ると席を立つ。

 憔悴しきった様子である。

 あんな体験をしたわけだし、『レディ・ドラキュラ』を読み直して、いろいろダメージを受けたのかもしれない。


 彰文も精神的に消耗していた。


(夕飯まですこし寝よう……)


 浩太郎を送ったあと、制服を脱いで、ベッドに倒れこむ。


 目を閉じると、すぐに睡魔がやってきた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

Androidでは正しく
設定できないことがあります。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

新規ユーザー登録無料